インフィニティソリューションズ株式会社ブログ

Web Performance社、負荷テストツールLoad Testerの新バージョンでモバイルに対応

負荷テストツールも、モバイル対応してくるところが増えている。Web Performance社も最新版5.1でモバイルに対応した。

同社のニュースリリースから。

Load Tester PRO™ 5.1 Released(Load Tester PRO™ 5.1をリリース)

Mobile Load Testing(モバイル負荷テスト)

‘The increasing web traffic from mobile devices has been noticed for years, but how much does it really effect a website? A recent study shows that 7% of web traffic is from mobile devices, which includes both phones and tablets. Because these devices use different browsers, and sometimes access different versions of a website, they put a much different load on a website than desktop users. Load Tester PRO™ fully supports mobile-based web browsing with the most accurate simulations that exactly recreate every aspect of mobile web access, including both the number of sockets and caching behavior. Check out the new video tutorials showing exactly how to do load testing of web access from iOS (iPhone/iPad) and Android, below.’

「ここ数年モバイル機器からのウェブトラフィックが増えているが、実際どの程度ウェブサイトに影響を与えているのか。最近の調査では、ウェブトラフィックの7%がモバイル機器からで、これには携帯とタブレットが含まれる。これらの機器は(PCとは)異なるブラウザを使っており、時には異なるバージョンのウェブサイトにアクセスしているため(注:サイトによっては、モバイル機器用にPCとは別のページを用意している場合もあるため)、デスクトップユーザとは大きく異なる負荷となっている。 Load Tester PRO™は、モバイルベースのウェブブラウジングをソケット数やキャッシュ動作も含めて、全て正確にモバイルによるウェブアクセスを再現できる精度の高いシミュレーション機能をサポートしている。iOS(iPhone/iPad)やAndroidからのウェブアクセスの負荷テストをどのように行うかについては、新しい紹介ビデオで確認して欲しい。」

モバイル負荷テスト

‘The other big trend in the mobile space is native phone and tablet applications, running the gamut from games to weather to business apps. Load Tester PRO™ 5.1 makes it really easy to configure test cases from native mobile apps without requiring that the device is jailbroken or recompiling the source code. This video shows how easy it is to configure a native Android application, but the process for iOS is just as simple.’

「モバイルの世界でのその他の大きなトレンドは、ゲーム全般から天気やビジネスアプリケーションまでの、携帯やタブレットのネイティブなアプリケーションだ。Load Tester PRO™ 5.1 では、機器に抜け道をつける、ソースコードの再コンパイルなどを行わなくとも、ネイティブのモバイルアプリのテストケースを簡単に作ることができる。ビデオでは、ネイティブのAndroidアプリのケースを紹介しているが、iOSの場合も同様。」

Androidネイティブアプリ用のテストケース設定

Dynamic, Visual Load Configuration(ダイナミックでビジュアルな負荷設定)

‘The load test configuration GUI has been completely rewritten so that the user can immediately see the ramp in the number of concurrent users. Test plan configuration starts by choosing the test duration and one of four test styles: constant, linear, stepped, or exponential. The effects of the rest of the parameters, such as starting users and ramp duration show up immediately in the chart.’

「負荷テスト設定のGUIについては完全に書き直しを行い、ユーザがすぐに同時ユーザ数の様子を見ることができるようになった。テスト計画の設定はまず、テスト期間と3つのテスト・スタイル(一定、線形、段階的、指数的)のいずれか1つを選ぶところから始まる。残りの他のパラメータの影響、例えば、最初のユーザ数、増加期間などは、即座にチャート形式で表示される。」

テストスタイル(source: http://www.webperformance.com)

‘Ever get to the middle of a test and change your mind? Now you can change the test style as many times as you want during a test, or even pause the test at its current number of simultaneous virtual users while you make changes to either the test or the back end.’

「テストの途中で気が変わったらどうするか。テスト中に何回でもテストスタイルを変えることができるようになった。テストあるいはバックエンドに変更を加える際、その時点の仮想同時ユーザ数でテストを一時停止することも可能。」

Support for Dynamically Scalable Websites(動的スケーラブルなウェブサイトのサポート)

‘Running a huge test against a dynamically scalable web cluster, either at a datacenter or in the cloud, has never been easier. No extra configuration is needed as extra servers are brought online during a test. This release has been also been extensively tested with scalable cloud-based systems such as Amazon’s Elastic Load Balancer (ELB).’

「データセンターやクラウドで、動的スケーラブルなウェブ・クラスタに対する大規模テストの実行が容易になった。テスト中に追加のサーバがオンラインになったとしても、追加の設定は不要。本リリースでは、Amazon Elastic load Balancer(ELB)などのスケーラブル・クラウドシステムで徹底的にテストされている。」

Dynamic Hostname Load Balancing(動的ホストネーム・ロードバランス)

‘Load Tester™ has had support for spreading virtual users among different IP addresses assigned to the same hostname since the 4.0 release. The 5.1 PRO release adds support for polling for DNS changes during a test to pick up new servers that have been dynamically added after the test has started.’

「Load Tester™では、4.0のリリース以来、異なるIPアドレスを同じホスト名に割り当て、仮想ユーザを分散させる機能をサポートしていた。5.1 PROのリリースでは、テスト開始後に動的に追加されたサーバに対し、テスト中にDNS変更のポーリングを行う機能をサポートしている。

IP Fail-over(IPフェイルオーバー)

‘This new feature emulates a browser’s ability to automatically reconnect at a different IP address for a hostname if the site is unreachable at the intended address.’

「この新しい機能は、当初のアドレスではサイトがアクセス不可になった場合、異なるIPアドレスで自動的に再接続するブラウザの機能をエミュレートする。」

Improved IPv6(IPv6の改善)

‘Load Tester™ now supports more intelligent protocol selection, so users can switch between testing IPv4, IPv6, or both.’

「Load Tester™の新バージョンでは、プロトコール選択がよりインテリジェントになり、ユーザはIPv4、IPv6、あるいは両方とスイッチできる。」