インフィニティソリューションズ株式会社ブログ

企業ではなく個人へ外注するクラウドソーシングの動向:開発者泣かせか?

アウトソーシングという言葉を聞くようになって久しいが、アウトソーシングにも新たな動きが出てきている。アウトソーシング先というのは、通常組織をもった企業であるが、それをフリーランサーに置き換えようとというものだ。クラウドソーシングと呼ぶ。このクラウドは「雲」ではなく、大衆の「Crowd」だ。

もちろんフリーランサーに外注するというのは昔からあるが、革新的な方法で外注元とフリーランサーを結びつけようとしている。

SD Timesより。

Competing for work in a crowdsourced world (クラウドソースの世界で仕事をとるのに競合する)

‘A perfect storm of APIs, SaaS, the Web and mobile platforms has made more precise use of non-staff software development professionals possible. Instead of signing a contract with a firm in India, Russia or China to develop or test mainline applications, development teams can use new services like CodeAr.my, CloudSpokes and uTest to get development done almost on-demand. These services bring development contracts and jobs to the freelancers, where they can bid on work, or sometimes even compete against one another to meet coding requirements.’

「API、SaaS、ウェブとモバイルのプラットフォームという絶好の風が吹く中、スタッフではないソフトウェア開発のプロをしっかりと使うことが可能になってきた。インド、ロシア、中国の会社とメインラインのアプリケーションの開発やテストの契約をする代わりに、開発チームはCodeAr.my、CloudSpokes、uTestのようなサービスを使い、ほとんどオンデマンドで開発を行うことができる。これらのサービスは、開発契約や仕事をフリーランサーにふるもので、仕事に対して入札したり、コードに対する要求を満たすためにお互い競合するというのもある。」

CloudSpokes

‘In CloudSpokes.com, users can post development requirements, then choose from a typical pool of three or four finished implementations. David Messinger, chief architect at CloudSpokes, said that developers compete on CloudSpokes in order to win a set prize, typically in the hundreds of dollars range. Today, said Messinger, the site has a hair under 45,000 users, has completed 360 jobs, and disbursed more than $600,000 to freelance developers who’ve risen to win challenges.’

「CloudSpokes.comでは、ユーザは開発要件を投稿し、通常3つか4つの完成した実装群から選ぶことになる。CloudSpokesのチーフ・アーキテクトDavid Messinger氏によれば、開発者はCloudSpokes上で賞、通常数百ドルを得るために競争するとのこと。現在、サイトは45000弱のユーザ、360件のジョブを完了済み、60万ドル以上が挑戦に成功したフリーランスの開発者に支払われた。」

‘Unlike traditional outsourcing models, CloudSpokes developers build applications to specifications, and only the best implementation wins. Both losing and winning entries are still posted online so that the community can critique each other’s coding skills. ‘

「これまでのアウトソーシングモデルとは異なり、CloudSpokesの開発者はスペックに基づいてアプリケーションを構築し、一番良い実装のみが勝利する。勝敗にかかわらずエントリはオンラインにポストされたままになるため、コミュニティでお互いのコード・スキルを批評できる。」

“The CloudSpokes site itself was built on Azure, but we decided to rebuild it. We asked our 20,000 members, and they rewrote the entire site from scratch without us writing a single line of code ourselves. It’s not something I would recommend to a client, but we said ‘build this service on whatever platform you want,’ so now we’re based on Heroku, some Google AppEngine, and Amazon Web Services.” Each aspect of the site rewrite was paid for through CloudSpoke’s bounty-like system as well.’

「『CloudSpokesのサイト自体はAzure上に構築されていたが、再構築することにした。2万人のメンバーに依頼し、全サイトをスクラッチから書き直した。我々自身は一行も書くことなしにだ。クライアントには勧めないが、我々は、「サービス構築のプラットフォームは問わない」とした。その結果、現在Heroku、Google AppEngine、Amazon Web Servicesがベースとなっている。』とMessinger氏。サイトの各部の書き直しに対しては、CloudSpokesの報奨金のようなシステムで支払われた。」

‘Another site that offers similar opportunities for entrepreneurial developers is CodeAr.my. Based in Malaysia, this small startup is currently in private beta. While it’s similar in purpose to CloudSpokes, CodeAr.my allows developers to submit bids on projects, which are then accepted or denied by the client. Though CloudSpokes includes the potential for work to be done without pay, CodeAr.my takes a more traditional bid-based approach. ‘

「企業家開発者に似たいような機会を提供するサイトしては他にCodeAr.myというのがある。マレーシアを拠点するこの小さな新規企業は現在プライベート・ベータ中。CloudSpolesと似たような目的をもっているが、CodeAr.myでは、開発者はプロジェクトに入札する形で、クライアントが受理か拒否かを決める。CloudSpokesでは、無償で働くことになる可能性があるが、CodeAr.myでは従来からある入札ベースの手法だ。」

CodeAr.my

‘Perhaps the most unique aspect of CodeAr.my is its focus on gamification as a method of generating interactivity, and as a quick way of identifying developer skills. A developer who has won his or her CSS and HTML 5 badge, for example, can be assured to know their stuff for work associated with those languages. ‘
「恐らくCodeAr.myの最もユニークなところは、インタラクティブ性を作るための方法として、および、開発者のスキルを迅速に判別するための方法として、ゲーミフィケーションに着目していることだ。例えば、CSSやHTML5のバッジを獲得した開発者は、これらの言語に関連した仕事に精通していることの証明になる。」

— 仕組みはともかく、まさにグローバルで競合して仕事をとってくる形だ。腕に覚えのある開発者には朗報、そうでもない人は…ということになるのかな。