インフィニティソリューションズ株式会社ブログ

スターバックス、モバイル決済の米Squareに出資。

Squareのハンズフリースマートフォン支払い」や「モバイルウォレットの戦いに勝ち残るのはどこだ!」で紹介しているモバイル決済のSquare社(スクエア・エニックスとは無関係)に対し、あのスターバックスが2500万ドル出資するというニュース。

InformationWeekより。

Starbucks, Square Partner For Mobile Payments(スターバックスとSquare、モバイル決済で提携)

‘In a deal that could help accelerate the shift from cash to electronic payments for everyday purchases in the U.S., Starbucks Coffee Company on Wednesday said it has begun working with mobile payment technology company Square to process credit and debit card transactions at Starbucks stores this fall.’

「米国における日々の購入について現金から電子決済への移行を加速するものとして、スターバックス社は、水曜日、クレジットカードやデビットカード決済をスターバックスの店舗でこの秋から処理すべく、モバイル決済技術の会社であるSquare社と準備中であると語った。」

Square

‘Starbucks also will be investing $25 million in four-year-old Square. In addition, Starbucks president, chairman, and CEO Howard Schultz will join Square’s board of directors.’

「スターバックスはまた、4年目のSquare社に対し、2500万ドルを投資する予定で、さらに、スターバックス社の社長兼会長兼CEOのHoward Schultz氏がSquareの社外取締役になる。」

— スタバにとっては2500万ドルはさほど大きな金額ではないかもしれないが、トップが取締役になるというのは本気モードの証だろう。

‘Later this year, Starbucks customers will be able to make purchases using the Pay with Square application, on either iOS or Android mobile devices. Starbucks presently has its own mobile payment app and customers will be able to continue to use that if they choose.’

「今年中に、スターバックスの顧客はiOSかAndroidモバイル端末で、SquareのアプリケーションPayを使って支払いをすることができるようになる。スターバックスは現在、独自のモバイル決済アプリを持っており、従来のものもそのまま使えるようにする。」

‘At first, Starbucks customers will have to present a barcode generated by the Pay with Square app to be read by a laser scanner. ‘

「まず最初にスターバックスの顧客はSquareのアプリPayから生成したバーコードを提示する。店舗側でレーザースキャナでそのバーコードを読み取る。」

‘The New York Times reports that at some later date, customers’ phones will pass customers’ names and photos to payment terminals operated by Starbucks cashiers to accelerate transactions. Starbucks’ spokeswoman said that the presentation of names and pictures to cashiers “is one of many options we are looking at but nothing has been finalized.”‘

「ニューヨークタイムズによると、後日、顧客の携帯から顧客名と写真が、スターバックスのレジで使う支払い端末に送られ、決済が迅速になる。スターバックの広報によれば、名前と写真をレジに提示する方式は、『検討中の沢山あるオプションの1つに過ぎず、最終決定は何もなされていない』とのこと。」

‘The deal will put pressure on competitors–Google, Microsoft, PayPal, and Sprint, to name a few–but won’t necessarily change consumer behavior. “At the end of the day, you still have to convince consumers to use their phones to pay for things,” Gartenberg said, noting that shoppers are already accustomed to using their credit cards at Starbucks. “When you go into Starbucks, it only takes about five second to swipe your card.”‘

「この提携はGoogle、Microsoft、PayPal、Sprintなどなどの競合にプレッシャーを与えることになるが、必ずしも顧客の行動が変わるわけではない。『結局、携帯での支払いを顧客に納得させねばならい。購入者はすでにスターバックスでクレジットカードを使うことに慣れているからだ。スターバックスに行けば、カードを読み取るのに5秒ぐらいしかかからない』とGartnerのリサーチディレクターMichael Gartenberg氏。」

— このあたりは日本とは事情が異なる。スターバックスでカード支払いをしている人はめったに見ない。しかし大きな動きになりつつあるのは間違いない。