インフィニティソリューションズ株式会社ブログ

クラウド、ソフトウェアに迫る貿易障壁の影

貿易には、自国の産業を守らんとする貿易障壁が様々な形で存在している。しかし、インターネットはグローバルであり、貿易障壁とは無縁と思っていたが、どうやらそうではないらしい。

ITWORLDの「Global IT trade barriers threaten cloud, software providers(グローバルITの貿易障壁がクラウドやソフトウェアのプロバイダを脅かす)

‘An increasing number of countries, particularly those in emerging economic regions, have been erecting trade barriers that have restricted access to lucrative foreign markets for U.S. IT firms, software leaders warned on Wednesday.’

「特に新興地域で多くの国が米国のIT企業に利益をもたらすような外国市場へのアクセスを禁止する貿易障壁を立ててきている、とソフトウェアのリーダが警告している。」

‘The market-access restrictions have taken many forms, including government mandates supporting domestic companies, regulatory hurdles, tariffs and the manipulation of technology standards.’

「市場へのアクセス禁止は様々な形をとっている。政府が国内企業を支援することを強制、規制によるハードル、関税、技術標準の操作などだ。」

bsa

The BSA recently released a report, entitled ” Lockout,” enumerating various instances of market restrictions in nations such as China, India and Brazil, and has been working to raise awareness of the issue among policymakers.

「BSA(Business Software Alliance)社は最近『ロックアウト』と題したレポートを発表しており、そこで、中国、インド、ブラジルなどの国での様々な市場規制の例を挙げ、政策作成者に対しこの問題の認知があがるよう働きかけている。」

‘Brady professed concern at the numerous instances of digital protectionism the BSA study outlined, warning, for instance, that restrictions on cross-border data flow threaten to roll back the gains in efficiency and computing capacity that cloud computing has achieved.’

「(下院議員Kevin Brady氏は、BSAの調査が示したようなデジタル保護主義、例えば、クラウドコンピューティングにより得られた効率と大容量のコンピュータを戻しかねない国境をまたいだデータフローに対する制限など、様々な例に懸念を表明した。」

‘In August 2011, for example, authorities in Indonesia issued a draft amendment to that country’s law governing electronic transactions that would require data service providers to establish a physical presence — including data centers — in the country. A similar provision described in the BSA report that is under consideration in Vietnam would establish new cross-border restrictions on IT services and require cloud service providers to set up shop within the country.’

「例えば2011年の8月、インドネシアは電子取引の関する国法に対する修正案を出している。これは、データサービス・プロバイダが国内にデータセンターを含む物理プレゼンスを確立する必要があるとするものだ。BSAの報告には同様の条項を、ベトナムでも検討中で、こちらは、国境をまたいだITサービスの取引に新しい規制をかけ、クラウドサービス・プロバイダは国内に店舗を構えなければならないとするものだ。」

‘Alternatively, some countries, including China and India, have been establishing their own laws and policies that seem designed to circumvent global efforts to achieve consensus on open standards.’

「中国やインドなどいくつかの国では、代わりに独自の法律と方針を作り、グローバルでオープンスタンダードに合わせようとする動きを回避せんとするようにもみえるものだ。」

— 確かに、クラウドサービスは現在欧米を中心に回っているため、利用料金は全てそれらの国に吸い上げられていくという見方があっても不思議ではない。しかし現在のクラウドサービスの動きが活発であるがゆえ、中国やインドのITビジネスもある程度潤っている側面も否定できまい。あまり極端な動きにならないよう願う。