インフィニティソリューションズ株式会社ブログ

アジャイル開発の使い方が間違っているケースが多いとの調査結果

ウォータフォール型の開発の限界は多くの人が認識しているであろうが、それゆえに昨今は何かにつけアジャイル開発という言葉を聞くようになった。一種のブームのような響きもあり、実際右も左も分からず、アジャイル風開発に手を染めてしまっている開発者がいるのかもしれない。調査会社Vokeの報告書によると、どうやらそれは現実のことらしい。

SD Times:「Voke: Confusion abounds over how to use agile (アジャイルの使い方には混乱があふれている:Vokeの調査)

‘Analyst firm Voke recently published “Market Snapshot Report on Agile Realities,” a report that reveals that agile development is often assumed to be faster, better and cheaper than waterfall, but often proves to be otherwise. “Many organizations are diving into the agile movement without a clear understanding of what it is, and what the consequences of adoption may be,” Theresa Lanowitz, lead analyst at Voke, said in a statement.’

「調査会社Vokeが最近発行した「Market Snapshot Report on Agile Realities(アジャイルの現実に関する市場現況報告書)」によれば、アジャイル開発には、多くの場合、ウォーターフォールよりも、より速く、より良く、より安価であると思われがちだが、逆であることが多い。『多くの企業はそれが何か、どのような結果をもたらすかを良く理解せずにアジャイルに飛びついている』とVokeのリードアナリストTheresa Lanowitz氏は述べている。」

Voke

‘The July 11 report summarizes the results of a Voke survey of more than 200 participants about their use and general perceptions of agile software development. The report’s two main findings were that organizations often experienced difficulty with agile because they start agile without first having a clear understanding of what agile is, and that the average cost of agile software projects is rising dramatically in spite of smaller development teams working much shorter durations.’

「7月11日の報告書には、200社以上の参加者に対しVokeが行った、アジャイルソフトウェア開発の利用と一般認識をまとめている。主な2つの点として、アジャイルが何かを良く理解せず始めたため、アジャイルで問題に遭遇している企業が多いこと、アジャイルソフトウェア・プロジェクトの平均コストは、小規模な開発チームではるかに短期間で行っているにも関わらず、飛躍的に増大していること、をあげている。」

‘“We read over 100 unique definitions of agile, with 9% of survey respondents really uncertain of the definition,” Lanowitz told SD Times. “And I think that’s part of the problem. There’s no definition of what agile is. There’s no centralization of it.’

「『100種類以上のアジャイルの定義があり、回答者の9%は、実際定義についてよくわかっていない。』とLanowitz氏はSD Timesに語っている。『そのことが問題の1つだと思う。アジャイルとは何かの定義がない。まとまったもの(centralization)がないのだ。』」

— 同感。このあたりはクラウドと多少似ている。クラウドの場合、NISTが定義しているものの、幅広い定義になっているため、クラウドの一言で片付けるには余りに違うものが混在してしまっている。

‘“In the report, we talk about the fact that we believe agile is based upon the Agile Manifesto and the guiding principles of it. However, when you look at those things, there’s no mention of Scrum, there’s no mention of iterative, there’s no mention of a lot of these things that people say, ‘Oh yes, of course that’s agile.’ So, who is to say that something is or isn’t agile? So that adds to the confusion.”’

「報告書では、アジャイルとは、アジャイルマニフェストとその原則ガイドに基づいたものであるということについて触れている。しかしながら、それらを見てみれば、スクラムには言及されていない、反復型にも言及されていない。多くの人が『もちろんそれはアジャイルだ』というようなことの多くに言及されていない。だから、アジャイルかそうでないか、誰もいえない。そのことが混乱に拍車をかけている。」

‘If there’s confusion about agile, some would argue that it’s actually not about the nature of agile. As a set of development team practices, agile is pretty well understood at this point, according to Forrester Research analyst Tom Grant. “I think the bigger source of confusion is the goal for agile. Often, there’s a disconnect between what the team understands the goal to be and what people outside the team think the goal should be,” he said.’

「アジャイルに混乱があっても、それは実際にアジャイルの本質には関係ないという人もいるかもしれない。Forrester ResearchのアナリストTom Grant氏によれば、開発チームのプラクティスのまとまりとして、アジャイルは非常に良く理解されている、としている。『混乱の大きな元は、アジャイルのゴールにある。チームがあるべきと考えているゴールと、チーム外の人々があるべきと考えるゴールとがつながっていないことだ。』と同氏。」

‘“For example, while executive management might see agile only as a vehicle for getting to market faster, teams might be adopting agile to deal with quality or customer satisfaction issues.”’

「『例えば、役員はアジャイルを市場投入時期を早めるためのものとしか見ていないかもしれないが、チームは品質や顧客満足の問題に対応するためにアジャイルを採用しているかもしれない。』」

‘This, the report says, is due to the rising cost of discovering and fixing defects. But, according to Humble, it is important for organizations to understand that building quality into software is central to lean and agile methodologies, which emphasize the importance of cross-functional teams (including QA and operations).’

「報告書によれば、(開発コストが飛躍的に増大しているのは)欠陥を見つけ、直すためのコストが増大しているからだとしている。しかし(ThoughtWorks Studiosのプリンシパルで、『Continuous Delivery』の共同著者でもある)Jez Humble氏によれば、ソフトウェア品質を高めることが、(QAや運用も含めた)クロス・ファンクショナルチームの重要性を説くリーン手法やアジャイル手法の肝心なところであることを企業が理解することが重要だとしている。

‘“Indeed, it was agile practitioners who pioneered engineering practices such as test-driven development, continuous integration and refactoring, which substantially reduce the cost of discovering and fixing defects,” Humble said.’

「『事実、テスト・ドリブンの開発、継続的インテグレーション、リファクタリングなど、欠陥を発見し、直すためのコストを劇的に削減するエンジニアリング・プラクティスを押し進めたのは他ならぬアジャイル実践者たちだ。』とHumble氏。」