インフィニティソリューションズ株式会社ブログ

米ドラッグストア・チェーンWalgreen、写真プリント用APIを公開し第三者のアプリ開発を促進

Walgreenというのは米ドラッグストア・チェーンの大手で、全米に8300店を展開している。ドラッグストアなので処方箋受付を含めて薬を販売しているが、その他に日用品や食料なども販売し、写真プリントサービスも行っている。Walgreenは2010年より、処方箋の更新を主目的としたiPadやiPhone用の独自アプリを展開し、そこにプリントサービスも追加していたが、ダウンロード数はさほど多くもなかった模様。そこで…

InformationWeekの「Walgreens’ Prescription For Photo Profits: Public API

‘So this summer it built a software development kit and on July 10 published an API that gave registered developers the ability to connect their applications to the QuickPrints service. Part of the functionality behind the API is to determine the Walgreens store nearest the iPhone user.’

「そこで、この夏ソフトウェア開発キットを構築し、登録した開発者にはアプリケーションからQuickPrintsサービスに接続できるAPIを7月10日に公開した。APIには、iPhoneユーザの近くにあるWalgreenストアを探し出す機能も備えている。」

‘One of the first to take advantage of the Walgreens API were the developers behind Pic Stitch, a photo arranging application that’s frequently found on the top 30 list of popular iPhone apps. It’s been downloaded six million times since its launch 11 months ago.’

「WalgreensのAPIをいち早く活用したのは、Pic Stitchの開発者たちだ。Pic Stitchは、写真加工アプリケーションで、人気のiPhoneアプリの上位30本の常連。11ヶ月前の開始してから6百万回ダウンロードされている。」

‘Pic Stitch allows iPhone users to build simple layouts and collages using multiple pictures, adding special effects if they wish. Keim was among the first to add a feature that lets a Pic Stitch user submit a collage to one of the nearby Walgreens for printing.’

「Pic StitchによりiPhoneユーザは複数の写真を使ってシンプルなレイアウトや切り抜きを作り、必要であればスペシャル効果を付加することもできる。Pic Stitchのオーナーであり開発者でもあるAlex Keim氏は、Pic Stitchユーザが切抜きを近くのWalgreenにプリント注文できるようにした機能を追加した一人だ。」

He said the Walgreens API was well documented and straightforward to adopt. “I was able to implement it in a couple of hours,” he said.

「同氏によれば、WalgreensのAPIのドキュメントはしっかりしており、適用も面倒ではなかったという。『数時間のうちに実装できた』と。」

‘Walgreens’ own iPhone app, while offering QuickPrints service, doesn’t let users do layouts or combinations of pictures. But with a public API, it doesn’t need to think of every option or do the programming to get them into an application. One reason Walgreens made its photo service API public was to tap into the thinking and talents of third-party developers such as Keim.’

「Walgreensの独自iPhoneアプリは、QuickPrintsサービスに対応していたが、写真をレイアウトしたり、組み合わせたりすることができなかった。公開APIにより、Walgreens自体があらゆるオプションを考えたり、アプリケーションに組み込んだりしなくてもよくなった。WalgreensがAPIを公開した理由の1つは、Keim氏のようなサードパーティ開発者の才能を活用しようというものだ。」

— プリントサービスに限らず、サービス促進のために独自アプリを展開する例は多いが、自前の開発力もさることならが、最も大切な「何を作るか」でも発想が乏しくなるケースが少なくない。APIを公開して、広く開発を促すのは賢明な策だと思う。