インフィニティソリューションズ株式会社ブログ

2TBのSSDを備えたHigh I/OインスタンスがAWSに登場。そのコメントと分析のまとめ

AWSに2TBのSSDを備えたHigh I/Oインスタンスが登場した。Amazonによれば、ランダムリードで12万 IOPS(Input/Output Operations)、ランダムライトで8万 IOPSを実現できるもの。トランザクション処理、リアルタイム処理、ストリーミング処理など、高いI/O性能を必要とするアプリケーションに威力を発揮することが期待される。

この登場に対し、あちこちで議論が展開されている。そのコメントと分析のいくつかをData Center Knowlegeでまとめているので紹介しよう。

At Amazon, SSD Boosts Cloud Power for Database Apps(Amazonでは、SSDがデータベースアプリのクラウドパワーを加速する)

まずは、The Register

AWS says disk is to cloud as tape is to disk(AWSいわく、クラウドに対するディスクは、ディスクに対するテープのようなもの)

‘“Amazon Web Services (AWS) says magnetic disks cannot handle modern NoSQL-powered applications, which have such high throughputs and generate such weirdly bursty traffic that spinning rust looks and feels as slow and awkward as tape.”’

「AWSいわく、磁気ディスクは今日のNoSQLによるアプリケーションに対応できない。すなわち高いスループットを持ち、とてつもなくバースト性が高いトラフィックを生み出すようなアプリケーションでは、回転するものはテープのように遅くて役立たない。」

Network World

High capacity Amazon cloud computing update targets app bottlenecks(高キャパシティのAmazonクラウドコンピューティングがアプリのボトルネックにターゲットを絞ったアップデート実施)

“Applications are often bottlenecked by the their access to databases, he says, and having high capacity compute power, particularly with 2TB of SSD-backed disks, could help speed database processing for customers.”

「(NeoviseのアナリストであるPaul Burns氏によれば、アプリケーションはえてしてデータベースアクセスがボトルネックになる。高キャパシティのコンピュータ・パワー、特に2TBのSSDを備えたディs区であれば、顧客に対するデータベース処理を高速化するのに役立つ。」

The Netflix Tech Blog

Benchmarking High Performance I/O with SSD for Cassandra on AWS(AWSのCassandraでハイパフォーマンスI/OをSSDでベンチマークする)

“With this announcement AWS makes it easy to provision extremely high I/O capacity with consistently low latency. AWS has been competitive in instance memory capacity for a long time and is leading the industry in CPU performance along with 10GBit networks. Now that extremely IO intensive applications can be deployed, a commonly cited obstacle to running in the cloud has been removed.”

「この発表により、AWSで極度に高いI/Oキャパシティを定常的に低レイテンシーを実現しやすくなった。AWSは、長きにわたりメモリキャパシティで競争力を有し、CPUパフォーマンスと10Gビットネットワークで業界をリードしてきた。今日、極度にI/O集約的なアプリケーションを実装できるようになり、クラウドで実行する上での障壁としてよく引き合いに出されていた点がなくなった。」

James Hamilton’s Blog

I/O Performance (no longer) Sucks in the Cloud(クラウドではI/O性能はもはや問題ではない)

“The new EC2 High I/O Instance type is a born database machine. Whether you are running Relational or NoSQL, if the workload is I/O intense and difficult to cost effectively scale-out without bound, this instance type is the solution. ”

「新しいEC2のHigh I/Oインスタンス・タイプは生来のデータベースマシンだ。リレーショナルであろうがNoSQLであろうが、I/Oが多く、制限なくコスト・パフォーマンスが高いままスケールアウトするのが難しいような負荷に対しては、このインスタンス・タイプがソリューションになる。」