インフィニティソリューションズ株式会社ブログ

エクストリーム・プロジェクトマネージメント手法(XPM)の使いどころ

アジャイル開発の手法には「アジャイル開発の1つの手法「スクラム」で高品質化をめざせ」で紹介したスクラムの他にも、リーンソフトウェア開発を始めとして、様々な手法が存在する。アジャイル開発手法と関連性はあるが、もう1つ、変化の激しい時代に対応したプロジェクトマネージメント手法、エクストリーム・プロジェクトマネージメント手法(XPM)を紹介しよう。

Bright Hub PMから。

「A Guide on When to Use Extreme Project Management(エクストリーム・プロジェクトマネージメントをいつ使うかについてのガイド)」

 エクストリーム・プロジェクトマネージメントとは

‘Extreme Project Management (XPM) is a methodology used to run complex projects that don’t necessarily have an easy to understand end point. It is somewhat related to Agile Project Management, but a different breed altogether. XPM lines up with the development methodology known as Extreme Programming. The key to both methodologies is the flexibility and adaptability built into the process. It also has client or stakeholder interactivity as a requirement for success.’

「エクストリーム・プロジェクトマネージメント(XPM)は、最終着地点が必ずしも良くわからない複雑なプロジェクトを実施する時に使われる手法。アジャイル型プロジェクトマネージメントとある意味関連しているが、全く異なるもの。XPMは、エクストリーム・プログラミングとして知られる開発手法と並ぶで、いずれの手法も、鍵となるのは、プロセスにもたらす柔軟性と適用性であり、成功のためには、クライアントあるいはステークホルダーとのやり取りが必須となる。」

Extreme Sunset

‘There are lots of methodologies available, and clearly not all projects can be run using any of them. The first decision that the project team has to make is to decide what methodology to use, and when to use Extreme Project Management. Projects that have a well understood outcome, have requirements that won’t change – or will change incredibly slowly – or have a strict set of rules governing the product are usually best run using another process, such as Waterfall. Think of building a skyscraper, or constructing a nuclear power plant. Getting the requirements correct and delivering exactly to specification is critical to the project’s success. Indeed, not doing so could be disastrous.’

「いくつもの手法が存在し、どの手法でも全てのプロジェクトに対応できるというものでもない。プロジェクトチームが最初に決めなければいけないことは、どの手法を使うかであり、いつエクストリーム・プロジェクトマネージメントを使うかである。成果物が明確になっており、要件が変わらないあるいはゆっくりと少しづつしか変わらない、製品には厳格なルールが適用されるようなプロジェクトであれば、通常別の手法、例えばウォータフォールが最適だ。超高層ビルや原子力発電所の建設を思い浮かべれば良い。正しい要件があり、仕様どおりに作ることがプロジェクトの成功に必須であり、実際、そうしなければ大変なことになりかねない。」

エクストリーム・プロジェクトマネージメントに適したプロジェクトのタイプ

‘However, there are certain classes of projects that don’t have this constraint. The project team (or project sponsor) is able to define and redefine success along the way. This can be because of market changes, new information, or simply the passage of time. Features and functionality can be reprioritized or simply dropped from the list of things to do. In many cases, this is what software projects are like. Software is easy to change, and can change usage as more and more customers start using the product.’

「しかしながら、プロジェクトの種類によっては、このような制約がないものもある。プロジェクトチーム(あるいはプロジェクト・スポンサー)が途中で成功要因を定義、再定義することができる場合。市場の変化、新情報の入手、単に時間が経過したからといった理由でこのようなことが起こり得る。機能については、優先順位の変更、あるいは対応リストから単純に削除できる。多くの場合、ソフトウェアプロジェクトはこのような感じだ。ソフトウェアは変更が簡単で、顧客が製品を使い始めれば始めるほど、利用形態が変わりえる。」

‘Another class of project that fits XPM very well are ones that are highly complex. If you find that you have many more requirements then you can possibly deliver, or there are several choices about what to deliver, then you may need the ability to change your mind in the middle. Also, the more requirements you need to gather, the more work you’ll have to do up front in documenting them, perhaps causing a huge delay in the project start. If your team wants to get started, and wants to make progress, then this methodology works very well.’

「エクストリーム・プロジェクトマネージメントがフィットする別の種類は、極めて複雑なプロジェクトだ。実現できそうなレベル以上に要件がある、あるいは、実現すべきものにいくつか選択肢がある場合、途中で方針変更できるようにしておく必要があるかもしれない。要件がより多く集めなければならない場合、増えれば増えるほど、ドキュメント化するための労力が増え、恐らくプロジェクトのスタートが大幅に遅れることになる。チームとしてはすぐにスタートしたく、進展が欲しいのであれば、この手法はピッタリだ。」

エクストリーム・プロジェクトマネージメントの使い時

This kind of flexibility comes with a cost, however. In other methodologies, the demands on the project sponsor are much lower. They need to be involved in the beginning to help gather requirements, and show up at the end to receive the project (and hopefully like the result.) If you have decided to use XPM, then the business owner must sign up to stay involved with the project from start to finish. In order for the list of priorities to be flexible, they must know what’s on the list, how progress is going, and be able to make intelligent tradeoffs in the moment. Additionally, the project manager has a task that doesn’t exist in other methods – human or client management. It’s a luxury to be able to get the requirements and disappear for six months or more while you build the project. In this method, the interaction between PM ad business owner and other stakeholders is not only constant, but doing it well is vital to a well run project.

「しかしながら、柔軟性の類はコストと裏腹だ。他の手法では、プロジェクトスポンサーの関与は、比較的少ない。プロジェクトスポンサーは要件を集めるために最初に関与するが、プロジェクトの成果物を受け取りに最後に現れるだけだ。エクストリーム・プロジェクトマネージメントを使う場合には、プロジェクトスポンサーは、要件リストに何がのっているか、進展はどうか、賢いトレードオフを瞬時に行わねばならない。さらに、プロジェクトマネージャには、他の手法にないタスクの役割が与えられる。人間あるいは顧客管理だ。プロジェクトを構築し、要件を集めれば、6ヶ月間いなくてもいい、というわけにはいかない。この手法では、プロジェクトマネージャと、ビジネスオーナー、ステークホルダーとのやりとりは、コンスタントに発生するのみならず、プロジェクト遂行には、これをうまくやることが不可欠だ。」

‘In determining when to use Extreme Project Management, you need to factor in all these considerations. You need to consider how complex the project is, how likely the requirements are to change, and how involved your business owner is going to be in the process. If the goal is progress – or speed to market – and you want to provide flexibility about what to deliver, then XPM may very well be the way to go.’

「エクストリーム・プロジェクトマネージメントをいつ使うかを決めるには、これら全ての要素を考慮に入れねばならない。プロジェクトがどれほど複雑か、要件変更の可能性はどの程度あるか、ビジネスオーナーがプロセスにどの程度関与するか。ゴールが進展あるいは、市場投入までの時間が重要であり、何を実現するかについて柔軟性がほしいのであれば、エクストリーム・プロジェクトマネージメントがその答えだ。」

— このエクストリーム、すなわち極端とは、「Extreme Project Management」の著者Charles Ludwigs氏によれば、2つあって、1つは、計画なんか不要とばかり、とにかく始めてしまう。調整されていない状態で始めてしまえば、皆が勝手に進めて、時間もコストも無駄になるかもしれない。もう1つは、微に入り細に入り計画する。細かいところまで計画を立てようとするとそれだけで時間がかかり、なかなかプロジェクトをスタートできない。気がつけばスタートすべき日が過ぎているので、再度計画練り直し、ということで、結局いつまでたってもプロジェクトがスタートできない。エクストリーム・プロジェクトマネージメントはこの両極端をうまくバランスとろうということのようだ。