インフィニティソリューションズ株式会社ブログ

Google IaaS対Amazon EC2ベンチマーク結果

GoogleがIaaSのサービスを開始し、その性能がどの程度か気になるところだ。Zencorderという、クラウドベースでビデオ変換(トランスコーディング)サービスを提供している会社がGoogle Compute Engine(GCE)とAmazon Elastic Compute Cloud(EC2)とを比較したベンチマークを公表していると、InformationWeekで報じている。

Google IaaS Vs. Amazon EC2: New Benchmarks

‘ The benchmarks compare GCE, which runs entirely on the Sandy Bridge architecture, and Amazon’s Cluster Compute instances, which run on Nehalem and Sandy Bridge architectures. The results show that Google has a powerful and competitive offering in the IaaS space, especially in terms of hourly price–but Amazon’s instances outperform Google’s, both in terms of raw performance and price-per performance.’

「ベンチマークでは、全てSandy Bridgeアーキテクチャ上で動作するGCEと、Nehalem、Sandy Bridgeアーキテクチャで動作するAmazonのクラスターコンピュート・インスタンスとを比較している。その結果によると、GoogleはIaaS分野で強力かつ競争力のあるサービスを提供している。特に時間単価についてだ。しかしAmazonはのインスタンスは、素の性能と価格性能比でGoogleを凌駕している。」

Zencorderがベンチマークに使用したインスタンスは以下の通り。

  • Google Compute Engine n1-standard-8-dサーバ( 8コア、22GCEU Sandy Bridgeプロセッサ、時間単価1.16ドル)
  • Amazon EC2 cc1.4xlarge(8コア、33.5 ECU Nehalemプロセッサ、時間単価 1.30ドル)
  • Amazon EC2 cc2.8xlarge( 16コア、88 ECU Sandy Bridgeプロセッサ、時間単価2.20ドル)

ベンチマーク結果(source: Zencorder)

‘Zencoder tested a range of different video transcoding scenarios, from one simultaneous encoding process at 640 x 360, to six simultaneous encoding processes at 1280×720. In all scenarios, Amazon’s price-per performance beat Google’s. For example, the EC2 cc1.4xlarge costs $2.92 per thousand, versus GCE’s n1-standard-8-d’s $3.66 per thousand when running six simultaneous encoding processes at 1280×720.’

「Zencoderは、ビデオ変換でいくつかの異なるシナリオでテストしている。640×360の解像度のエンコーディングを1プロセスのみから、1280×7620の解像度のエンコーディングを並列度6までのシナリオだ。全てのシナリオで、Amazonの価格性能比はGoogleを凌駕している。例えば、1280×720の解像度のエンコーディングを並列度6の場合、EC2 CC1.4xlargeは1000プロセスあたり2.92ドル、それに対し、GCEのn1-standard-8-dは、1000プロセスあたり3.66ドルとなっている。」

— EC2 cc1.4xlargeの場合、処理に48.58秒かかっており、時間単価が1.30ドルだから、48.58秒だと、0.0175ドル。これは6プロセス処理したものので、1000プロセス処理した時のコストは、0.0175 x 1000 / 6 = 2.92ドルという計算。元のデータではこの計算が少々怪しいところもあるが、大筋は間違っていないので、良しとしよう。

CPUだけが性能の尺度ではないと。

‘GCE beats Amazon in some performance metrics, like boot time, and appears to have more consistent performance than EC2 has had historically. And Zencoder has compared two more costly Amazon machines to the current most-expensive Google entrant, which means that if your performance needs are met by Google’s offering here, you would save money by using it over the Amazon Cluster Compute instances.’

「GCEはいくつかの性能指標でAmazonを凌駕している。例えばブート時間で、EC2がこれまで実現してきているより(性能が上下動するということ)もずっと一定の性能を実現している。またZencorderは2種類の高めのAmazonマシンと現行最も高いGoogleのものとを比較している。すなわちGoogleのものが性能要件に合致すれうば、Amazon Cluster Computeインスタンスではなく、Googleを使うことにより、コストセーブになる。」

‘Amazon has been in the IaaS game for years, and has a much larger number of instance/machine type offerings, so it’s not surprising that they can outperform Google’s initial offerings. Ultimately, Google will need to add more higher-powered machine types to its IaaS product line, but these results show that Google looks like the first real competitor to Amazon in this space.’

「Amazonは何年もIaaSのビジネスを行っており、インスタンスもマシンタイプもはるかに沢山の種類を提供している。従って、Googleの初期段階として提供するものを凌駕するのは不思議ではない。最終的にGoogleは、IaaSプロダクトラインにもっと強力なマシンタイプを追加することになるであろう。しかし、この結果は、この分野でGoogleがAmazonの初めての真の競争相手のようだということを示している。」

— Zencorder自身が認めている通り、インスタンスによって性能が異なる可能性もあり、今回はビデオ変換の1つのアプリケーションでのベンチマーク結果であり、異なるアプリケーションではどうなのかというのも気になるところ。当然スケーラビリティも要確認だ。

— もっと気になるのは、もう1つZencorderが行っている転送速度のテストだ。EC2、S2、GCE、Google Cloud Storageの組み合わせでテストしているが、Google関係は明らかに遅い。