インフィニティソリューションズ株式会社ブログ

アジャイル開発「スクラム」用ソフトウェア・ツール

アジャイル開発「スクラム」について、前回その概要を紹介した。スクラムを実践するには、ホワイトボードとポストイットだけで、ソフトウェアは不要という人もいるが、全員が同じところにいて、常にホワイトボードを見ることができるような状況ならいざ知らず、地理的に分散している場合や、オフィス外に出ることが多い人間がいれば、ローテクだけでは極めて不便で、やはりここはソフトウェア・ツールがあった方がはるかに効率的であり有効だ。

スクラム用のソフトウェア・ツールとしては、オープンソースのものがかなり出ているが、良く使われているソフトウェア・ツールをまず検討すべきであろう。そこで、Bright Hub PMの「Scrum Software Tools」の記事を紹介しよう。そこでは、ScrumWorks Pro 3.2と Version Oneを取り上げている。

‘Basically, both versions help you streamline the scrum process by allowing you to input your values into templates that are set up for you. Once these values have been inputted, they automatically create charts, including the burn-down chart, for you. These software tools were made to make your life easier by giving you a structure to work with and doing the scrum basics for you.’

「基本的に双方とも、値を入力するだけのテンプレートが用意されており、これによりスクラム・プロセスを効率化できる。値が入力されれば、バーンダウン・チャートを含む各種チャートが自動的に生成される。これらのソフトウェアツールは、スクラムを進める上での基礎となり、スクラムの基本となる。」

ScrumWorks

ScrumWorks Pro 3.2 has been out the longest. This version was designed to eliminate many of the bugs from the previous versions. You can keep track of and manage your logged-in users and it can be used with 64-bit Windows Edition now. You can handle multiple projects using this software so that you follow the progress on each. ScrumWorks was strictly meant to be used as a scum tool.’

「ScrumWorks Pro 3.2は最も古くからあるもの。このバージョンは前バージョンから多くのバグを解消させたもの。ログイン・ユーザをトレースし、管理することができ、現在では、64ビットWindows版も利用できる。このソフトウェアで複数のプロジェクトを取り扱い、それぞれの進捗をフォローできる。ScrumWorksはスクラム用ツールに特化している。」

ScrumWorks Pro

‘However there are problems with this software. The Web interface can be slow. You cannot split up tasks between sprints. If you don’t finish a task, you have to migrate that task to another sprint. And many people have trouble with the amount of required information that is needed before you can proceed to the next screen or task. For certain sections, including the backlog, you have to enter a lot of required information before you can save it or move on to something else.’

「しかしながら、このソフトウェアには問題がある。ウェブインタフェースが遅くなることがある。スプリント間でタスクを分割できない。タスクを完了しなければ、そのタスクを別のスプリントに移行しなければならない。次の画面やタスクに進む前に入力しなければならない情報が多すぎて困る人が多く見られる。バックログを含むセクションによっては、保存したり、他の画面に移る前に多くの情報を入力しなければならない。」

VersionOne

‘VersionOne was not specifically built to be a scrum software tool, but it can be used for that purpose. You can keep track of your work with the taskboard function. You can also manage your backlog. Plus, you can create your own electronic whiteboard for your sprints.’

「VersionOneはスクラムソフトウェア・ツールとして作られたものではないが、スクラムにも使える。タスクボード機能で進捗をトレースできる。バックログの管理も可能。また、スプリント用に電子ホワイトボードを作ることも可能だ。」

VersionOne

‘The main problem with V1 is that it is not a specific scrum tool. It tries to fit into a variety of niches which could cause your teams to have some problem using the tool. If you do plan on using this tool, you will probably need a scrum trainer to teach your team how to adequately use this software. Finally, the templates that V1 uses are of a different type than are generally used in the industry.’

「V1の主たる問題は、専用のスクラムツールではないこと。このツールを使った時に問題となりそうな点を試してみた。このツールで計画を作ると、このソフトウェアを正しく使う方法をチームに教えるための講師が必要になるだろう。最後に、V1が使用するテンプレートは業界で一般的に使われているテンプレートとは異なっている。」

Pitfalls of Scrum Software Tools(スクラムソフトウェア・ツールの欠点)

‘Besides the obvious glitches listed above, there are additional problems with using software tools.’

「上記の明らかな欠点とは別にソフトウェア・ツールを使う上での問題は以下の通り。」

  • The team spirit can fall by the wayside. Software tools can cause your teams to stop communicating. Since a particular team member is simply inputting his/her own work into the computer system, they may just focus on their own tasks and stop sharing with the rest of the group.
  • Software tools can break down. While it’s true that whiteboards can accidentally be erased, whole software systems can break down on a dime. If you need a particular tool and it stops working, you could be ,to quote a cliché, up the creek without a paddle. What if it’s the software administrator’s day off or he/she is on a cruise to Africa? It could be quite a long time before you can get back to work.
  • A software tool could be a time suck. You could waste nearly half of your sprint trying to fix your tool as opposed to completing your main project. So, you should be careful when deciding to adopt a particular scrum software tool. The old whiteboard and sticky may still be your best bet.
  • チームスピリットが横に追いやられる。ソフトウェア・ツールによってコミュニケーションがストップしてしまうかもしれない。特定のチームメンバーは、単にシステムに自分の仕事を入力しているだけであるため、自分自身の仕事にのみ集中し、他のグループと共有することを止めてしまうかもしれない。
  • ソフトウェア・ツールは壊れるかもしれない。ホワイトボードは偶発的に消されてしまうかもしれないが、ソフトウェアシステムは簡単に壊れてしまう。特定のソフトウェアが必要で、それが止まってしまったら、まさに運のつき。その時ソフトウェア管理者が休みであるとか、アフリカへクルーズ中ならどうなる?仕事を再開できるまでに長時間かかってしまう。
  • ソフトウェア・ツールは時間の浪費になるかもしれない。スプリントの半分は、メインのプロジェクトを完了させることではなく、ツールを直すことに費やしてしまうことになるかもしれない。従って、特定のスクラムソフトウェア・ツールの採用は注意して決める必要がある。ホワイトボードとポストイットがベストかもしれない。

— ソフトウェア・ツールとしては未熟なのかも。スクラムを厳密に適用できるのは、ごくローカルなチームの場合に限られるのかもしれない。