インフィニティソリューションズ株式会社ブログ

Cloudにより既存バリューチェーンの破壊が進んでいるのはここだ!

クラウド・プロバイダは様々な面で既存バリューチェーンに挑戦しており、うまくいっているところと、そうでないところも当然ある。クラウドによって既存バリューチェーンの破壊が進んでいるのはどこか。Cisco Internet Bussiness Solutions Groupの「The Cloud value Chain Exposed – Key Takeaways for Network Service providers」が分析している。

1. SaaS Will Further Disrupt the Independent Software Vendor (ISV) Landscape(SaaSが独立系ソフトウェアベンダーのあり方をさらに変える)

  • IaaS、PaaS、クラウドブローカが存在するゆえ、新規参入がより容易になる。
  • SaaSがすでにソフトウェア市場の25%を占めている。
  • モバイルがSaaS採用を加速している。

2. PaaS: Development Platforms Will Be at the Core of the Cloud(PaaS開発プラットフォームがクラウドのコアになる)

  • 自動化により便利さが増すが、ベンダーロックインが問題。
  • PaaSはウェブ開発者をひきつけいる。企業システム開発はやや遅れ。
  • 5年以内にクラウドサービス業者にとって最も売り上げを上げられるモデルがPaaSになるかもしれない。

3. IaaS: Web-Grade and Enterprise-Grade Infrastructure Services Continue To Battle Each Other (IaaS:ウェブ・グレードか企業グレードかでインフラサービスは今後も競り合う)

  • ウェブ・グレード対企業グレードかで、ホスト型から社内IaaSまで競合
  • ウェブ・グレードのクラウドが成熟するにつれ、3万社あるホスト企業の参入が加速する。
  • ウェブ・グレードのサービスが急成長したが、企業グレードのIaaSも成長するものと予測する。
  • データセンター・アーキテクチャは、超スケーラブルDC(ウェブ)と垂直統合DC(企業)が当面共存する。

4. Facility and Infrastructure Strategies Are Often-Forgotten Fundamentals(設備とインフラ戦略はよく忘れさられる基本的なこと)

  • 2種類の設備戦略が出現し、しばしば競合している。
    • WANとITの統合を付加価値とするオンネット・クラウドプロバイダ
    • サービスを共同で提供することによるエコシステムを付加価値とするメガ-エクスチェンジの組み合わせ
  • ITインフラ側のバイイング・パワーが増大しているため、インフラ装置の製造者はイノベーションを加速しないと製品が陳腐化する。

5. Commercial Activity Channels Are Being Disrupted by Cloud Brokers(現存チャネルはクラウドブローカーにより破壊が進んでいる)

  • どこもクラウドブローカーになりたがっているが、必要なエコシステムを構築できるのは少数。
  • コアから成長した企業の方ががクラウド市場でより大きく成功する。

6. Professional Services Require a Shift to Activities that Add More Business Value(プロフェッショナルサービスは、よりビジネス価値を付加する活動へのシフトが必要)

  • 短期的には、クラウド・マイグレーションサービスが主たるビジネスチャンス。
  • 長期的には、よりビジネス価値を付加する活動へ力点をシフトすることが必要)
  • ビジネス価値にシフトすると、個別の業務知識と経験がますます重要になる。