インフィニティソリューションズ株式会社ブログ

Cumulogic社、Java Cloud Application Platformを出荷開始。

イケてるクラウドプラットフォームと開発環境のベンダー(2):Cloudera, CumuLogic, Engine Yard, enStratus」で紹介したCumuLogic社が、Java Cloud Application Platformの出荷を開始したとのニュース。CumuLogic社のニュースリリースから。

‘CumuLogic today announced the general availability of CumuLogic Cloud Application Platform v1.0, the platform of choice for
Global 2000 and Cloud Service Providers to build a Java Platform-as-a-Service (PaaS) in their datacenters. CumuLogic’s enterprise-ready platform transforms virtualized environments and Infrastructure-as-a-Service (IaaS) clouds, such as Citrix CloudStack, OpenStack and VMware vSphere, to high-value PaaS, simplifying the development, deployment and runtime management of mobile, web and enterprise applications in private and hybrid clouds.’

「CumuLogic社は本日、フォーブス・グローバル2000企業や、クラウドサービスプロバイダがJavaのPaaSを自社のセンターに構築するためのプラットフォームとして、CumuLogic Cloud Application Platform v1.0を一般リリースしたと発表した。CumuLogic社の企業利用を意図したプラットフォームは、Citrix CloudStack、OpenStack、VMware vSphereなどの仮想環境やIaaSクラウドを高付加価値のPaaSに変え、プライベートやハイブリッドクラウドで、モバイル、ウェブ、エンタープライズアプリケーションの開発、実装、運用管理を簡単にすることができる。」

CumuLogic

‘CumuLogic Cloud Application Platform v1.0 improves developer productivity, lowers the cost of managing applications on clouds, enables DevOps collaboration, and streamlines the migration of applications to clouds – public or private.’

「CumuLogic Cloud Application Platform V1.0は、開発生産性を高め、クラウドでのアプリケーション管理コストを低減させるもので、開発と運用の協業を可能にし、アプリケーションのパブリックやプライベートクラウドへのマイグレーションを効率良くするもの。」

— CumuLogic Cloud Application Platform V1.0には3つの特徴があるとのこと。

Application Development(アプリケーション開発)

‘Developers can create a new cloud-based application using their preferred IDE – no proprietary SDK required insuring portability, and deploy their application with a single-click deployment in any cloud.’

「開発者は、好きなIDEを使って新しいクラウドベースのアプリケーションを構築可能。ポータビリティを保つよう独自のSDKは不要で、シングル・クリックであらゆるクラウドにアプリケーションをデプロイ可能。」

Application Migration(アプリケーションのマイグレーション)

‘Existing Java applications can be migrated from physical or virtual environments with minimal-to-zero code re-write to leverage the elasticity and economics of the cloud.’

「既存Javaアプリケーションを物理環境から仮想環境へ移行するにあたり、コードの変更はほとんど不要で、クラウドのエラスティック性と経済性を活用可能。」

Application Management(アプリケーション管理)

‘The application management function includes all the enterprise-ready features out-of-the-box, including high availability and self-healing, monitoring and real-time application-level usage metering.’

「アプリケーション管理機能には、企業向けのすぐ使える機能が用意されている。これには、高可用性や自己回復機能、モニタリング、リアルタイムのアプリケーション・レベルの使用量計測などが含まれる。」