インフィニティソリューションズ株式会社ブログ

Google、Amazonとクラウド・インフラで競合するJoyent。その武器は?

クラウド・インフラを提供し、本拠地サンフランシスコ。カナダやジュネーブにもオフィスを構えるJoyent社。日本では馴染みが薄いが、イケてるクラウドプラットフォームと開発環境のベンダー(4)でも紹介したが、Google、Amazon等と競合してがんばっている。その武器は一体何なのか。

InformationWeekの記事を見てみよう。

Joyent’s Cloud Competes With Google, Amazon(Google、Amazonとクラウドで競合するJoyent)

Joyent

‘While Amazon and Google steal the limelight, Joyent has been hard at work off in the wings building out a competitive cloud infrastructure to compete with both of them. So far it’s raised $120 million to produce an infrastructure that departs significantly from both Amazon and Google.’

「AmazonやGooglが注目を集めているが、Joyent社は両社と競合するために、競争力のあるクラウドインフラを構築するのに精力を注いできた。これまでのところ、AmazonとGoogleと大きく異なるインフラを構築するために、1億2千万ドルの資金を集めている。」

‘At the same time, it competes on price and has the option of offering a 100% uptime guaranteed service level agreement. Amazon guarantees 99.9% or extends credits equal to the downtime experienced by the customer, an approach that doesn’t recognize the cost to the business of being down. Google guarantees 99.95% uptime and also extends credits for downtime. Joyent returns 5% of the monthly fee for each 30 minutes of downtime encountered, even though 30 minutes is less than 1% of the month.’

「同時に、価格で競争するとともに、100%のアップタイムを保証するSLAのオプションも提供している。Amazonは99.9%保証か、顧客が直面したダウンタイム相当分をクレジットする(将来請求分から差っ引く)というもので、ダウンによる業務影響に関知しない手法だ。Googleは99.95%保証で、同様にダウンタイム分をクレジットする。Joyentは、30分のダウンタイムごとに月額費用の5%を返してくれる。30分といえば、月の1%に満たないものだが。」

— クレジットするというのは、相殺するということなので、ダウンタイムがあって、頭にきて即使用停止、となっても、ダウンタイム分は戻ってこない。Joyentはまさにダウン分以上の金額を戻してくれる。

‘Joyent servers don’t run Linux, as Google and Amazon servers do. It runs SmartOS, a derivative of Illumos, an open source operating system started in 2010 to make the former Sun OpenSolaris operating system more open than Oracle was inclined to allow.’

「GoogleやAmazonのサーバはLinuxを使っているが、Joyentは使っていない。以前のSun OpenSolarisオペレーティングシステムを、Oracleが認めたオープン性よりもさらにオープンにするために2010年に始まったIllumosオープンソース・オペレーティングシステムの派生であるSmartOSを使っている。」

‘Joyent’s use of SmartOS enables the use of the Dtrace utility to track the performance of a running application. ‘

「SmartOSを使うことにより、アプリケーションの性能をトレースするDtraceユーティリティを使うことができる。」

— Dtraceとは、Solaris Dynamic Tracing Utilityのことで、OSやアプリケーションの稼働状況、リソース使用状況を詳細にとることができる。

‘SmartOS invokes the use of Solaris-style zones in virtualization, where one operating system supports the operation of many virtual machines, instead of each VM needing to fire up its own. That means one host has one operating system, not a whole set of them, with more efficient multi-tenant operations. And it includes the ZFS file system, originated by Sun and allowing for the verified movement of files, something like the two-phase commit pattern of relational databases, said Hoffman. That provides for assured data movement in the cloud, supervised by the file system itself.’

「SmartOSでは、仮想化にSolarisスタイルのゾーンを使用することができる。これは、各VMを個別に立ち上げるのではなく、1つのOSで多数の仮想マシンを運用できるもの。すなわち、1つのホストが1つのOSを持つだけで、全てのセットを持つわけではない。これにより、より効率的なマルチテナントの運用が可能。元々SunのものであったZFSファイルシステムも吹く待ている。これはファイルの移動検証ができるもので、Joyentの創設者でCTOのHoffman氏によれば、リレーショナルデータベースの2段階コミットみたいなものだという。これによりファイルシステム自体が管理するクラウド内ので確かなデータ移動が可能になる。」

— その他にもSunオリジナルの機能を活用してる。

‘Joyent competes with other vendors at prices “similar to Amazon’s or 20% lower,” Hoffman claimed. That also translates into a 4-cent to 8-cent charge per hour for a one GB RAM virtual machine.’

「Hoffman氏によると、Joyentは、Amazonと同じか20%安い価格で他のベンダーと競合しているとしている。これは、1GB RAMの仮想マシンで1時間当たり4セントから8セントの価格だ。」

‘Joyent is running an estimated 200,000 VMs for 20,000 to 30,000 customers on infrastructure in multiple data centers. It will sell its infrastructure design direct to customers through partners, such as Dell, for installation on premises to be managed as a private cloud. Or it will supply infrastructure through partners, such as Telefonica in Spain.’

「Joyentでは、現在、2万人から3万人の顧客に対し、複数のデータセンターのインフラで約20万のVMを稼動させている。プライベートクラウドとして管理するためにオンプレミスにインストールできるようDELLなどのパートナーを通じてインフラの設計を直接顧客に販売している。またSpainのTelefonicaなどのパートナーを通じてインフラを提供している」

‘Hoffman said San Francisco-based Joyent is not focused on competing with big established cloud vendors so much as it seeks to convert more of its natural business clientele to its style of cloud computing. Joyent can run workloads running any hypervisor, whether VMware ESX Server, Microsoft Hyper-V, Citrix Systems XenServer, or Red Hat’s KVM. The SmartOS operating system knows to use the hardware extensions built into Intel (and AMD) chips that allow some calls for hardware operations to occur directly between the application and the hardware instead of being handled by the hypervisor, another aid to efficient operation.’

「Hoffman氏によれば、サンフランシスコをベースとするJoyentは、大手クラウドベンダーと競合することにそれほど注力しておらず、自社スタイルのクラウド・コンピューティングへのビジネス顧客を取り込むことに注力している。JoyentではVMware ESXサーバ、Microsoft Hyper-V、Citrix Systems XenServer、RedHatのKVMを問わず、あらゆるハイパバイザーが動作可能。SmartOSオペレーティングシステムは、IntelやAAMDチップのハードウェア拡張を認識しているため、ハイパバイザーを介することなく、アプリケーションとハードウェア間で直接ハードウェア操作コールを行える。効率良い運用に役立つものの1つだ。」

— Linuxではなく、Solaris系というのは、あるい意味ハードルになりえるが、だからこそ、差別化できるのかもしれない。