インフィニティソリューションズ株式会社ブログ

Googleはリスキーなビジネスに手を出しているのか?

先日開かれたGoogle I/O 2012で、Googleは様々な新しい製品・サービスを発表しており、このGoogleの非常に積極的な動きを肯定的に捉える人がおおいように思うが、一方、危うい賭けに出ていると捉える人もいる。ここでは、後者を紹介しよう。

InfromationWeekより。

Google’s Risky Business(Googleのリスキーなビジネス)

‘Google I/O 2012, the company’s annual developer conference, offered a glimpse of the company’s future and a reminder of the company’s problems. None of Google’s peers, allies, or competitors–Amazon, Apple, Microsoft, Mozilla, or Samsung–have a vision for technology that is quite as ambitious or socially transformative. And neither do they strive to realize their respective visions in such an incautious way.’

「Googleのデベロッパ・カンファレンスである、Google I/O 2012では、同社の将来と同時に抱える問題を垣間見ることができた。Amazon、Apple、Microsoft、Mozilla、Samsungなど、Googleの仲間、味方、競合であれ、どこもこれほど野心的であり、社会的に変化をもたらしうる技術のビジョンを持ち合わせていない。また、どこも、そんなに無謀な方法でビジョンを実現しようとはしない。」

‘Google’s demonstration of Project Glass, its augmented reality glasses, exemplifies its approach. In six weeks, the company conceived, coordinated, and executed an impressive stunt twice, flawlessly–skydivers wearing Project Glass prototypes jumped from an airship over San Francisco onto the roof of the Moscone West convention center while streaming video from their glasses to the conference.’

「GoogleのARグラスであるProject Glassのデモは、その典型だ。6週間で考えつき、コーディネートし、実行したという印象的な2度のスタント。Project Glassのプロトタイプを装着し、サンフランシスコ上空の飛行機から、Moscone Westコンベンションセンターの屋根にダイブし、グラスが捉えた映像をストリーミングビデオでカンファレンスに送るというものだ。」

‘That’s a lot of risk to call attention to a product that won’t even be available in prototype form until next year, is of unproven value, and is sure to provoke privacy concerns. But then what would you expect from the company that pushed ahead with Street View despite the privacy controversies and scanned libraries full of books despite the copyright problems? Google doesn’t play it safe.’

「来年までプロトタイプの形ですら手に入らない、その価値もわからず、間違いなくプライバシー問題を引き起こすであろうという製品に注目をさせるというのは、大きなリスクだ。しかし、プライバシー論争があるにもかかわらずStreet Viewを推し進めたり、著作権問題があるにも関わらずスキャンした本の図書館を推進したりするGoogleに何を期待しようというのか。Googleは安全にことを進めるようなことはしないのだ。」

‘Project Glass could redirect the mobile computing revolution, or it could turn out to be Google’s Ginger, a.k.a. the Segway Human Transporter, impressive engineering overshadowed by absurd hype. Ginger, Timesuggested a decade ago, might be bigger than the Internet. Don’t expect Project Glass to be that big.’

「Project Glassはモバイルコンピューティングの革命の方向を変えるかもしれないし、また、素晴らしいエンジニアリングの賜物だが、荒唐無稽な宣伝に包まれたGoogleのGinger、別名Segway Human Transporterになるのではないか。Gingerは、10年前にTime誌がインターネットより大きいものになるかもしれないとしていたものだ。Project Glassがそこまで大きくなると期待しないことだ。」

‘At least Google is gambling. It made a credible foray into the hardware business with its Nexus 7 tablet and an iffier attempt to enter the consumer electronics market with its Nexus Q streaming media device. One of these will probably flop–the one priced at $299. But having acquired Motorola Mobility, Google can’t back out of the hardware business now. Nor should it: With everyone emulating Apple’s model–wedding hardware and software–Google faces a landscape of diminishing opportunities if it doesn’t do the same.’

「すくなくともGoogleは賭けに出ている。Nexus 7タブレットでハードウェアビジネスに進出したのは理にかなっているが、Nexus Qストリーミングメディア・デバイスで家電市場に進出しようというのはやや怪しい。これらのいずれかは、変節するであろう。299ドルの価格をつけたやつだ。しかしMotorola Mobilityを買収したため、Googleは今ハードウェアビジネスから抜けるわけにいかない。また抜けるべきではない。ハードウェアとソフトウェアを一緒にするというAppleのモデルを皆が真似ている中、Googleも同じことをやらないと、チャンスが少なくなってしまう。」

— GoogleはiOS用のChromeを出すとも発表しており、これはいいか、と思ったが、どうやらそうでもないらしい。Chromeの売りはスピードとセキュリティらしいが、iOS版ではどちらも期待はずれとのこと。Google自身、Javascriptの性能はSafariより劣ることになるかもしれないと認めている。