インフィニティソリューションズ株式会社ブログ

カンバン方式でリーン開発を支援するツールLeanKit Kanban、ポートフォリオマネージメント機能を追加

アジャイル開発の1つとして、製造業を中心に展開されてきたカンバン方式ないしはリーン方式をシステム開発に応用しようという動きがある。そして、カンバン/リーン方式のシステム開発を支援するツールが様々提供されている。そのうちの1つ、LeanKit Kanbanが機能強化されたというニュース。

http://www.softdevtools.comから。

LeanKit Kanban Now Supports Enterprise Portfolio Management(カンバン方式でリーン開発を支援するツールLeanKit Kanban、ポートフォリオマネージメント機能を追加)

LeanKit

 

‘LeanKit, recognized as the leader in electronic Lean/Kanban software, announced the launch of groundbreaking new features that will allow even the largest enterprise portfolio and projects to be managed using multiple levels of drill-down Kanban boards, detailed taskboards, and roll-up Lean metrics – as well as a complete overhaul of their user interface that makes LeanKit more attractive, more intuitive, and easier to manage.’

「リーン/カンバン・ソフトウェアのリーダとして認知されているLeanKit社は、大企業のポートフォリオおよびプロジェクトでもカンバン、詳細タスクボード、リーンメトリックスを含む多段階のドリルダウンを使って管理できる画期的な新機能、および、LeanKitをさらに魅力的に、使いやすく、管理しやすくなるようユーザインタフェースを再構築したと発表した。」

‘LeanKit Kanban allows companies in any industry to model their processes as lanes on a whiteboard with cards representing work flowing from step to step. Now with Portfolio Kanban, LeanKit Professional Edition users on one board will be able to delegate a card to a team on another board, where they can break it down into however many smaller pieces they need – each of which is connected as a “child” to the “parent” card. For example, an organization might have a portfolio board where each card represents a project. This board would be for the executive team to view the company project roadmap. They can then delegate each project card to a project team board where the project manager and team leads will break it into smaller work items like deliverables, risks, and issues.’

「LeanKit Kanbanは、様々な業界で、ステップごとにワークフローを表すカードをホワイトボードに並べることにより、プロセスをモデル化することができる。Portfolio Kanbanにより、LeanKitプロフェッショナル・エディションのユーザは、他のボード上にあるチームに、ボード上のカードを割り当てることができる。割り当てられたチームでは、「子」カードと「親」カードをつなぐことにより、好きなだけ細分化することができる。例えば、ポートフォリオボード上では、各カードがプロジェクトを表す。このボードは、エグゼクティブチーム向けで、社内のプロジェクトのロードマップを示す。各プロジェクト・カードをプロジェクトチームのボードに割り当て、プロジェクトマネージャやチームが、成果物、リスク、問題などの細分化された作業項目にブレイクダウンしていく。」

‘Those work items can then be delegated further, to the boards of the actual teams who will do the work. Each specific team’s board might contain work delegated to them from several different project boards plus routine non-project work for that group. At each level, users can view snapshot metrics for any card that has been delegated to another board, letting them quickly see how well the work is progressing on that other board. And, while this example describes three levels of hierarchy, there’s no system limit to the number of levels that may be drilled down. And cards can just as easily be delegated from one peer team to another. ‘

「これらの作業項目はさらに別のチーム、実作業チームのボードに割り当て可能。各チームのボードには、複数の異なるプロジェクト・ボードからのものや、定型作業が含まれる。各レベルで、ユーザは他のモードに割りあてられたカードのスナップショットを見ることができ、他のボードの作業進捗を簡単に確認することができる。また、この例では、3階層になっているが、ドリルダウンする階層数にシステム上の制限はない。1つのチームから他のチームへカードを割り当てるのも簡単になっている。」

‘Finally, both Team and Professional Edition users on any board will be able to create one or more taskboards inside each card to keep track of the smaller work items required to complete the main card – for example making phone calls, scheduling meetings, getting paperwork approved, etc. The kinds of things that need to be tracked, but teams don’t want cluttering the main board. Any card that contains a taskboard will show a percent complete indicator on its front to show that there’s a taskboard inside and how well those tasks are progressing.’

「最後に、チームおよびプロフェッショナル・エディションのユーザはいずれも、1つのカード内に1つ以上のタスクボードを作成可能で、メインカードを完了させるために必要な作業項目をトラッキングすることができる。例えば、電話をかける、会議を設定する、書類の承認を得るなど、だ。トラッキングが必要だが、メインボードに表したくないようなものだ。タスクボードを含むカードは、タスクボードを含んでいることを示すインジケータと、タスクが進捗していることを示す達成率を表示可能。」

— 似たようなツールは他にもあり、AgileZenなどがその代表格か。