インフィニティソリューションズ株式会社ブログ

米ローレンス・リバモア国立研究所とIBM、民間の競争力強化のために共同でHPCソリューションを提供

米国は、世界市場での競争力回復と強化のために、かなり本気で取り組んでいる。その表れの1つがこれだ。

InformationWeekから。

Lawrence Livermore, IBM Team On Big Data(米ローレンス・リバモア国立研究所とIBM、ビッグデータでタグを組む)

ただし、大容量データという意味ではビッグデータではあるが、いわゆる大量のデータから意味を見出す「ビッグデータ」のみを意味しているわけではないので、ご注意を。

‘Lawrence Livermore National Laboratory and IBM on Wednesday announced a partnership to provide high-performance computing capabilities to businesses looking to tackle complex problems.’

「ローレンス・リバモア国立研究所とIBMは水曜日、複雑な問題に取り組みたい企業にハイパフォーマンス・コンピューティング能力を提供するためにパートナーシップを組むと発表した。」

HPCIC

 

‘The joint venture, called Deep Computing Solutions, will be located within LLNL’s High Performance Computing Innovation Center (HPCIC), established 12 months ago to help U.S. industries tap supercomputing capabilities to compete in the world marketplace.’

「Deep Computing Solutionsと呼ばれるジョイント・ベンチャーは、世界市場で競争するために、スーぱコンピューティング能力を活用したい米国企業を支援するために12ヶ月前に設立された、ローレンス・リバモア国立研究所のHigh Performance Computing Innovation Center(略称HPCIC)内にできる。」

‘In March, the White House announced a big data initiative, where federal resources will be applied to harnessing the vast amounts of data gathered by the government to address scientific, economic, environmental, and medical challenges. The IBM-LLNL partnership comes in response to that initiative.’

「3月、ホワイトハウスは、ビッグデータ・イニシアティブを発表。そこで、政府が収集した大規模データを科学、経済、環境、医学問題に活用するために、州政府のリソースを用いるとしていた。IBMとローレンス・リバモア国立研究所のパートナーシップは、そのイニシアティブの一環となる。」

‘”How do you model? How do you simulate? How do you send back [results] to the person who’s going to make the decision?” said Sexton. Big data on HPC systems is the answer to those questions.’

IBMのT.J.ワトソン・コンピューテーショナル・サイエンス・センターのプログラムディレクターである、James Sexton氏は、『どうモデル化するか、どうシミュレーションするか、意思決定者に結果をどうフィードバックするか(が問題だ)』と語っている。HPCシステムを使ったビッグデータが問題への答えだと。

‘There are two prerequisites to tackling big data problems, Sexton said. One is to have raw data on what has happened in the past, and the second is to have an understanding of “how the system is actually functioning.” Those serve as the basis for the computational models to be applied.’

「同氏によれば、ビッグデータ問題に取り組みには2つの前提がある。1つは過去何が起こったかについての生データがあることと、2つ目は、『そのシステムが実際いかに機能しているか』について理解できていることだ。これらは、計算モデルを適用するための基本である。」

— その通りだけども、2つ目について、完全に理解できていれば苦労はしないわけで。仮に完全に理解できていても、全てのデータが揃っていることは相当珍しいはず。はしょっても良いところとそうでないところが理解できていれば、良いのだろうと思うが。

‘Lawrence Livermore Lab will dedicate a portion of Vulcan, a 24-rack, 5-petaflop IBM Blue Gene/Q supercomputer to such problem-solving projects. Vulcan is due to be delivered to HPCIC this summer. It will be used to support HPCIC and Deep Computing Solutions, as well as unclassified National Nuclear Security Administration research programs, academic alliances, and science and technology projects.’

「ローレンス・リバモア国立研究所は、24台のラックで構成され、5テラフロップスのIBM Blue Gene/Qスーパーコンピュータ、Vulcanの一部を、そのような問題解決プロジェクトに専用に割り当てる予定。Vulcanは、HPCICに今夏設置予定。VulcanはHPCIC、Deep Computing Solutions、および匿名の国立原子力安全管理研究プログラムや、学術アライアンス、科学、技術のプロジェクトを支援するために利用される。」

‘Vulcan is part of the same contract that brought Sequoia, the Blue Gene/Q supercomputer that recently ranked No. 1in the world, to LLNL.’

「Vulcanは、世界最速にランクされたBlue Gene/Qスーパーコンピュータ、Sequoiaを購入した契約に含まれている。」

‘Deep Computing Solutions is not intended as a profit-making venture, Wolf said. Businesses, nonprofits, and government agencies will be charged on a cost-recovery basis. ’

「HPCICのビジネス・デベロップメント・オフィサである、Jeff Wolf氏によると、Deep Computing Solutionsは、営利を目的としていないとのこと。企業、非営利団体、政府機関は、コスト回収でいるレベルで課金される予定。」

— 日本のお家芸とも言えた官民一体の動きが強力に米国で進めれられているように思う。日本も対抗しないと置いてきぼりをくうと危惧する。