インフィニティソリューションズ株式会社ブログ

Metamarkets社、最優秀クラウド・アプリケーション賞を受賞。ビッグデータ関連だ。

ヨーロッパで最大のクラウドコンピューティング関連イベント、Cloud Computing World Forumというのが毎年開催されており、そこで、Cloud Computing World Series賞というのが発表される。今年は6月12日に発表された。クラウド・プラットフォーム、クラウド・アプリケーション、ソーシャルCRMツール、クラウド・サービス、クラウド・ストレージソリューション、セキュリティソリューション、企業事例、公共機関事例の各分野ごとに、最優秀賞を決める。

今年の最優秀クラウド・アプリケーション賞は、Metamarkets社が受賞したとのこと。では、Metamarkets社とはどういう会社か?

同社のプレスリリースを見てみよう。

Metamarkets

 

‘Metamarkets, a leader in Big Data analytics, today announced it has won the award for Best Cloud Application at the 2012 Cloud Computing World Series Awards. Judged by an independent panel of industry experts, the awards were presented to winners at the 4th Annual Cloud Computing World Forum on June 12, 2012, in Earl’s Court, London. Now in its third year, the Cloud Computing World Series Awards are widely regarded as a benchmark for the best of the best in the cloud computing industry.’

「ビッグデータ分析のリーダであるMetamarkets社は、本日、2012年度Cloud Computing World Series Awardsで最優秀クラウド・アプリケーション賞を受賞したことを発表した。業界のエキスパートからなる独立した審査員により審査され、ロンドンのアールズコートにて、2012年6月12日に開催された第4回Cloud Computing World Forumにて授与された。今年で3回目になるCloud Computing World Series賞はクラウド・コンピューティング業界の精鋭の尺度として広く認められている。」

‘Metamarkets gives today’s organizations a revolutionary solution that allows customers to discover insights across billions of records. Helping companies of all sizes measure campaign effectiveness, compare historical supply and demand with current inventory, and improve overall operational performance, Metamarkets’ data science-as-a-service solution helps business users use data to make better decisions. Metamarkets natively leverages cloud architecture, providing elastic scaling, lower total cost of ownership, and crucially speed at scale.’

「Metamarkets社は、、何十億にものぼるレコードからインサイトを見つけ出せるよう、企業に革命的なソリューションを提供している。あらゆる規模の企業に対し、キャンペーンの効果、現在の在庫と過去の供給と需要の比較、全体的なオペレーションのパフォーマンスを測れるようにするとともに、Metamarkets社のサービスとしてのデータ・サイエンスというソリューションにより、ビジネスユーザがデータを活用してより良い意思決定が行えるようにしている。Metamarkets社はエラスティック・スケーリング、総所有コストの低減、迅速なスケーリングなど、本質的なクラウド・アーキテクチャを活用している。」

— 「Data Science-As-A-Service」。呼び名がいいね。

— 同社のサンフランシスコは本拠地。CEOのMichael Driscollは、バイオ・インフォマティクスのPh.Dをとり、ゲノムプロジェクトのソフトウェア・エンジニアとしてキャリアをスタートした後、オンラインショップや、デジタルメディアを経験してきたというユニークな人間のようだ。リード・アーキテクトのEric Tschetterは、東大コンピュータサイエンスのマスター出だそうな。