インフィニティソリューションズ株式会社ブログ

マイクロソフト、12億ドルでYammer買収。うーむ。

企業向けソーシャルネットワーキングとして、Yammerに注目していた。そのYammerに関し、しばらく前から、噂が出ていて気になっていたのだが、今週月曜日に噂が本当であることが確認された。

その確認された内容とはこれ。InformationWeekから。

「Microsoft Confirms $1.2 Billion Yammer Buy(マイクロソフト、12億ドルのYammer買収の噂が本当であることを認めた)」

Yammer.jpg

‘Microsoft Confirms $1.2 Billion Yammer Buy Microsoft will add Yammer to the Microsoft Office Division, placing the cloud social service side-by-side with SharePoint.’

「マイクロソフトは、12億ドルでYammerを買収することを認め、同社はYammerをMicrosoft Office部門下にいれ、SharePointと並ぶクラウドソーシャル・サービスとする予定だ。」

‘Early business news reports turned out to have just about everything right, down to the $1.2 billion price. Microsoft did confirm that Yammer will be integrated into the Microsoft Office division, making it part of the same product family as SharePoint, which was one detail that hadn’t been clear previously. Some analysts thought it would be more likely to be positioned as an adjunct to Microsoft Dynamics CRM, as a counter to Salesforce.com’s Chatter service, which is similar to Yammer. Instead, Yammer is to be integrated with SharePoint, Dynamics, and other products but will also have a life of its own.’

「以前のビジネスニュース・レポート(で言及していた噂)が、12億ドルという価格まで、全て正しかったということになった。マイクロソフトは、YammgerがMicrosoft Office部門に統合され、SharePointと同じ製品ファミリに一部になることを認めた。この点については、これまで明らかになっていなかった点だ。アナリストによっては、Microsoft Dynamics CRMに付帯する位置づけになり、Yammerと似ているSalesforce.comのChatterサービスの対抗とするのではないかと見ているものもいた。しかし、YammerはSharePoint、Dynamics、その他の製品と統合されるとともに、独自路線も継承されることとなる。」

— Yammerはこれまで、ユーザが無料で使い始められるフリーミアムのビジネスモデルを提供していた。ドメインさえ登録すれば、同じドメインのメールアドレスを持つ社内の仲間とすぐに始めれられるというもの。管理機能が必要になってくると、有料になる、といったものだ。

‘Microsoft stressed that Yammer would continue to operate as a standalone service, even as the company looks for ways to deepen its integration with SharePoint and other Microsoft products.’

「マイクロソフトは、SharePointやその他のマイクロソフト製品との密接な統合を進めるものの、Yammerは単独のサービスも継続するとマイクロソフトは強調している。」

‘Yammer CEO David Sacks said joining force with Microsoft and its product family is the best way for his service to achieve its potential for widespread use by businesses. “Kurt and I share the belief that enterprise social networks are more powerful when they’re integrated with business applications,” he said.’

「YammerのCEO、David Sacks氏によれば、マイクロソフトやその製品ファミリとタッグを組むことは、Yammerの企業利用の拡大を図るために、ベストな方法だとしている。『Kurt(Microsoft Office Divisionの社長)も私も、企業のソーシャルネットワークはビジネスアプリケーションと統合されるとより一層強力になると固く信じている』と同氏。」

‘At last week’s Enterprise 2.0 conference, The Real Story Group’s Tony Byrne wondered if the Yammer acquisition meant Microsoft was recognizing that  SharePoint can’t keep pace with the advance of social software as well as a cloud service like Yammer even though the cloud version of SharePoint in Office365 was supposed to close that gap.’

「先週のEnterprise 2.0 Conferenceにおいて、The Real Story GroupのTony Byrne氏は、Office365のクラウドバージョンのSharePointがギャップを埋めることを期待されているものの、SharePointは、Yammerのようなソーシャルソフトウェアでありクラウドサービスの進化の速度に追いつけないということを、Yammer買収によりマイクロソフトが認めたということになるのではないかとしている。」

‘Until recently, many analysts saw NewsGator, the creator of a Social Sites product that’s implemented as a SharePoint application as the most likely acquisition Microsoft might make to round out  SharePoint as a social platform.’

「最近まで多くのアナリストは、マイクロソフトがソーシャルプラットフォームとしてSharePointを仕上げるために、SharePointのアプリケーションとして実装されているソーシャルサイト製品のメーカであるNewsGatorを買収すると見ていた。」

— Yammerのビジネスにとって、マイクロソフトの傘下に入る方が拡大のチャンスが増えるのかもしれない。ただクラウド市場は、Google、Amazon、Salesforce、IBM等、陣営が固まりつつあり、どこのサービスを選ぶかという選択よりも、どの陣営を選ぶかという選択になってきているように思う。なぜなら陣営内の製品・サービス間は連携がスムーズだからだ。その面でYammer単独のサービスも継続されるというものの、マイクロソフト陣営に入ってしまったのは、個人的に残念。単独で頑張ってほしかったが。これからの成長を祈ろう。