インフィニティソリューションズ株式会社ブログ

OracelデータベースをAmazon S3にバックアップする方法

Oracelデータベースのバックアップといえば、RMANなどを使ってテープなどに書き込み、そのテープをシステムとは別の安全な場所に保管したりする。ただテープ本数を無限というわけにはいかないため、ある周期でローテーションするなど、運用上面倒だ。そんな中、こんな記事がCloud Computing Journalに出てました。

Oracle Database Backups to the Amazon Cloud(OracelデータベースをAmazonクラウドにバックアップする

Aspera

‘Cloud-based backups’ main attraction is that they are inherently disk based, always accessible, offsite and there are no capex expenditures. All tape related costs are thus eliminated. On the other hand new costs will be incurred for Cloud backups storage and service. Data is transferred over the public network i.e. Internet.’

「『クラウドベースのバックアップ』の主たる利点は、本質的にディスク・ベース、常にアクセス可、オフサイト保管、固定資産投資が不要であることだ。テープ関連のコストは全てなくすことができる。一方、クラウドバックアップ・ストレージやサービスという新しいコストが発生する。データは公のネットワーク、例えばインターネットを経由して送信される。」

‘Cloud based backups can be used for quick database refresh or duplication of source databases to any target environment. Practically you have an unlimited amount of storage that can be instantly attached to any database server as temporary storage for backups and restores. For example, you might want to create new QA environment using development database as data source. This can be achieved by backing up development database  to Amazon S3, then restoring to QA.’

「クラウドベースのバックアップは、データベースを短期間にリフレッシュしたり、ソースとなるデータベースを他の環境に複製するために使える。事実上、バックアップやリストアのための一時ストレージとして、あらゆるデータベースサーバに簡単に追加できる無制限のストレージ領域を持っていることになる。例えば、データソースとして開発環境のデータベースを使い、QA環境を作りたいとする。開発環境のデータベースをAmazon S3にバックアップし、QA環境にリストアすることにより実現可能だ。」

‘Technology to perform tightly integrated Oracle backups to Amazon Cloud ( S3) is available. Please refer to http://www.oracle.com/technetwork/database/features/availability/twp-oracledbcloudbackup-130129.pdf for technical details. RMAN is integrated with Amazon via Oracle Secure Backup (OSB) Cloud Module which automatically directs backups to Amazon S3 storage. Backups can be encrypted and run in parallel over multiple channels to comply with security and performance requirements.’

「OracleバックアップをAmazon Cloud(S3)と密接に統合して行う技術が存在する。技術的詳細は、http://www.oracle.com/technetwork/database/features/availability/twp-oracledbcloudbackup-130129.pdfを参照。RMANはOracle Secure Backup(OSB)Cloud ModuleによりAmazonと統合され、バックアップが自動的にAmazon S3ストレージに作成される。セキュリティと性能要件を満たすため、バックアップは暗号化可能であり、複数のチャネルを使って並列実行することができる。」

RMANの設定を変更すれば、Amazonにバックアップできるようになるとのこと。ただし、圧縮と並列の度合いはネットワーク帯域を考えて慎重に設定する必要がある。

‘For databases larger than couple of hundred of Gigabytes it would be impossible to rely on standard Internet, out-of-the-box data transfer rates. Amazon AWS Direct Connect service lets you establish direct connection from your on-premise network to Amazon VPC using one or more 1Gbps and 10Gbps connections. There is no charge for IN data transfers, which makes it ideally suited for backup purposes.’

「数百GB以上の容量があるデータベースでは、通常のインターネットをそのまま使った転送速度に依存するわけにはいかない。Amazon AWS Direct Connectサービスなら、オンプレミスのネットワークをAmaozn VPCと、1Gbpsと10Gbpsの接続を1つにないしは複数使って直結することができる。Amazonから見た受信データ転送は無料であるため、バックアップ目的には理想的だ。」

‘Open source fast file transfer protocol called Tsunami UDP provides faster data transfers than what is possible with ftp.’

「Tsunami UDPと呼ばれるオープンソースの高速ファイル転送プロトコルなら、ftpよりも高速のデータ転送可能。」

‘Additional products like Aspera that boost network data transfer rates are being introduced that make it possible to move terabytes of data on a daily basis. Please refer to http://aws.amazon.com/solutions/solution-providers/aspera/. There is additional cost associated with Aspera usage.’

「ネットワークデータ転送速度を向上させるAspera等の追加製品が出ており、日次ベースでテラバイトのデータを転送することも可能だ。http://aws.amazon.com/solutions/solution-providers/aspera/を参照のこと。Asperaの使用には追加コストが発生する。」

— 日次で差分バックアップだとしても、数GBで済むケースは少なかろう。データ転送を高速化させる仕組みは必須だ。