インフィニティソリューションズ株式会社ブログ

カスタムワークフロー機能を強化した要求管理ツールContour 3.5リリース

顧客からの要求を管理するツールとしては、wordやexcelを使うケースが多いかもしれない。しかしながらwordやexcelは、本来文書やスプレッドシートを作成するツールであって、管理するツールではない。要求に変更が発生することを前提にしなければならない今日において、何が、いつ、どのように、何故変更になったのか、その変更はどこに影響を与えるのか、を追いかけられないと、漏れ、見落とし等が発生し、後々、トラブルに結びつきかねない。要求管理ツールは、そのような事態に陥らないよう、開発要求の登録、変更を一元管理するためのツール。

要求管理ツールは様々あれど、今回はJama Software社のContourを紹介しよう。今月リリースされたContour 3.5が最新版。30日間の無料トライアルもある。

softdevtools.comから

Manage your Requirements with Contour 3.5 (要求管理ツールContour 3.5)

Contour Requirements Management

 

‘The #1 choice for collaborative requirements management just got better. With Contour 3.5, we’ve introduced custom workflow to tightly control quality and ensure consistency. As requirements go through the review and approval process, project administrators can define status transitions and team notifications, ensuring a consistent process throughout your organization.’

「最善の協業的要求管理ツールがさらに良くなった。Contour 3.5から、品質を厳しくコントロールし、一貫性を維持するためのカスタムワークフローを新しく追加した。要求が、レビューや承認プロセスを経ると、プロジェクト管理者は、状況変化やチームへの連絡を定義でき、組織全体にわたって一貫性のあるプロセスを維持することができる。」

Set up automatic actions.(自動アクションの設定)

‘As the project administrator, configure workflow to transition items from one state to another and set permissions to specify who can make the transitions.’

「プロジェクト管理者として、項目をある状態から別の状態へ変更させるワークフローを構成でき、また、誰がその変更を指定できるかの権限を設定できる。」

Notify the team when something changes.(変更があった際のチームへの通知)

’Determine who should be notified when an item transitions from one state to another. For example, notify the project team when items have been marked as approved.’

「項目の状態が変化した場合、誰に通知するかを定義する機能。例えば、ある項目が承認状態になった際にプロジェクトチームに通知するなど。」

Prevent accidental changes.(不測の変更を防止する)

’Lock all items when they transition from one state to another. For example, at the end of a review, mark all approved or rejected items as locked.’

「状態が変化した際に全ての項目をロックする機能。例えば、レビュー後、承認済み、却下済みの全ての項目をロックするなど。」

Ensure consistency across projects.(プロジェクト全体にわたる一貫性の維持)

‘Your customized workflow is inherited by all projects by default. But if you require control at the project level, it’s an option too.’

「デフォルトでは、カスタムワークフローは全てのプロジェクトに適用される。プロジェクトレベルでのコントロールも可能。」

Other Enhancements in Contour 3.5:(その他のContour 3.5での強化点)

Test Management :: Easily import test cases with increased flexibility.(テスト管理:より柔軟で簡単になったテストケースのインポート機能)

‘With improved test management, you can quickly import and export test cases with their associated test steps in a Microsoft Excel file. As the project administrator, you also have increased flexibility to determine how test results should be shared in reports. Watch the Test Step How-to Video >’

「テスト管理機能が強化され、Microsoft Excelファイルで作られたテストケースと関連するテストステップを素早くインポート、エクスポート可能。プロジェクト管理者として、テスト結果をどのように共有するかの設定がより柔軟になった。」

Item Restore :: Control deletion and restoration of your data.(項目のリストア:データの削除とリストアのコントロール)

‘You now have enterprise-level control on the deletion and restoration of items and their associations. Easily restore any item in Contour in the event of accidental data loss. If your organization has strict data-retention policies, you can also prohibit users from deleting any items from the system.’

「項目とそれに関連するものの削除とリストアについて、エンタープライズ・レベルのコントロールが可能となった。突発的にデータを喪失した場合、任意の項目をContourに簡単にリストア可能。データ管理が厳しい組織では、ユーザがあらゆる項目をシステムから削除できないようにすることも可能。」