インフィニティソリューションズ株式会社ブログ

役に立つかもしれないソフトウェア・ツール5本

誰でも知っている会社が提供しているにもかかわらず、あまり知られていない有用のソフトウェアが存在している場合がある。そんなソフトウェア・ツールを紹介している記事を見つけた。

SD Timesから

Top five tools big companies have for you(大手企業が提供する優れたツール5本)

1. Bootstrap, from Twitter

Twitter Bootstrap

— こちらは恐らくそれなりに知れている、ウェブデザイン・フレームワーク。

‘Perhaps our favorite part of the Bootstrap package is the fact that it’s designed for all skill levels, so there’s no embarrassment for not being an HTML and CSS design wizard, even though you can write a proof for an Erlang program in 10 minutes.’

「Boostrapパッケージで気に入っている部分は、あらゆるスキルレベルに対応した設計になっている点で、HTMLやCSSデザインに精通していなくとも心配はない。もっとも10分でErlangプログラムを書いてみせることができるが。」

2. Codemod, from Facebook

facebook codemod

‘You can use codemod, which is written in Python and was designed to combine computerized refactoring with human intervention. As the description on Facebook’s developer site says, codemod is for large-scale code refactorings that can be partially automated, but still requires human intervention.’

「Pythonで書かれたCodemodは、コンピュータ化したリファクタリングに人間の関与を組み合わせて使うようになっている。Facebooのデベロッパ・サイトの記述によれば、Codemodは、大規模なコードのリファクタリング向けで、部分的に自動化可能だが、人間の関与はやはり必要とのこと。」

3. ZXing (“Zebra Crossing”), from Google

Google zxing

‘ZXing, also known as Zebra Crossing, is an open-source, multi-format 1D and 2D barcode image-processing library implemented in Java.’

「ZXing、またの名をZebra Crossingは、オープンソースのマルチフォーマット1次元および2次元のバーコードイメージ処理ライブラリで、JAVAで実装されたもの。」

’There are other language ports, which is what makes this project so interesting. Google and its contributors have pushed support for the project C#, C++, Ruby, and even an iPhone client and Objective-C library. If you’re going to build anything that reads a barcode, you’d do well to consider ZXing before you get started.’

「その他の言語にもポーティングされており、このプロジェクトが面白い点だ。Googleとその他貢献者やは、C#、C++、Ruby、iPhoneクライアントやObjective-Cライブラリでさえ、積極的にサポートしている。バーコードを読み取る何かを作るのであれば、着手前にZXingを検討した方が良い。」

4. Yelp, from KegMate

Kegbot

‘The KegBot is an open-source project that seeks to build an Arduino-controlled kegerator. With one in place, users can swipe RFID cards to open the taps, and in doing so, keeps track of who’s had the most to drink in the office.’

「KegBotはオープンソースプロジェクトでビールディスペンサーをArduinoで制御するしようというもの。設置すれば、ユーザは注ぎ口を開けるのにRFIDカードを読み取らせ、それによりオフィスで誰が一番飲んだのかを記録することができる。」

— オフィスにビールディスペンサーが置いてあるところもあるのです。

‘But what you really need to get this working is a kegerator, an Arduino, a flow-monitor component, and an iPad, Android tablet or PC.

「しかしながら動作させるには、ビールディスペンサー、Arduino、流量モニター・コンポーネント、iPad、AndroidタブレットまたはPCがあればよい。」

— 日本で使い道がなさそうだが、Arduinoを使った例として応用ができるかも。詳細は、www.kegbot.org

5. Three20, by Facebook

facebook three20

‘From the website: “Three20 is an open-source Objective-C library used by dozens of well-known brands in the App Store, including Facebook, Posterous, Pulse, Meetup.com and SCVNGR. Three20 provides powerful view controllers such as the Launcher, the popular Photo Browser, and Internet-aware tables.’

「ウェブサイトによると、『Three20はオープンソースのObjective-CライブラリでApp Storeで良く知られた多くのブランドで使われているもの。その中にはFacebook、Posterous、Pulse、Meetup.com、SCVNGRが含まれる。Three20は強力なビュー制御を提供する。ランチャー、ポピュラーな写真ブラウザ、インターネットを意識したテーブルなどだ。」

‘Three20 makes iPhone apps a lot easier by including so many of the important frameworks for common iPhone tasks. It’s definitely a must-have for commercial iPhone developers and social app creators.’

「Three20は、iPhoneでよくあるタスクに対し多くの重要なフレームワークを含んでいるため、iPhoneアプリ構築が容易になる。商用iPhone開発者やソーシャルアプリのクリエータには必須だ。」