インフィニティソリューションズ株式会社ブログ

BlazeMeter、Facebook向け負荷テスト用クラウドサービスを開始

softdevtools.comのニュースから。

BlazeMeter Launches Self-Service Performance Load Testing for Facebook Applications(BlazeMeter、Facebook向け負荷テスト用クラウドサービスを開始)

BlazeMeter

‘BlazeMeter, provider of the load testing JMeter cloud, today announced that their services now include high-volume testing of interactive Facebook applications. Facebook developers can now easily and instantly test the performance and scalability of complex, rich Facebook applications in highly realistic, load-intensive scenarios.’

「負荷テストJMeterクラウドのプロバイダであるBlazeMeterは、本日同社のサービスがインタラクティブなFacebookアプリケーションの大規模テストに対応した発表した。Facebookアプリの開発者は、複合的でリッチなFacebookアプリケーションの性能とスケーラビリティを簡単にかつ迅速に行えるとともに、高度に現実的で負荷中心のシナリオをテストすることができるようになった。」

‘Prior to BlazeMeter, testing Facebook applications was very challenging because these types of apps generally serve extremely high volumes of users with zero tolerance for slow response or downtime. BlazeMeter reduces the time to test extra-large capacity applications from days or weeks to minutes. Its performance testing cloud can handle the most intricate load scenarios, complex scripts and rich applications and easily simulate traffic that represents tens of thousands of concurrent users so developers can quickly bring high quality, fully tested Facebook applications into production.’

「BlazeMeterが対応するまで、Facebookアプリケーションをテストするのは非常に難しかった。なぜなら、このタイプのアプリケーションは通常、極めて多数のユーザが利用し、レスポンスの遅延やダウンタイムが決して許されないからだ。BlazeMeterは、数日や数週間要していた超大規模なアプリケーションをテストする時間を数分に縮めることができる。パフォーマンステスト・クラウドは最も複雑な負荷シナリオ、複合的シナリオ、リッチアプリケーションにも対応可能で、簡単に数万の同時ユーザのトラフィックをシミュレーションできるため、開発者は素早く、高品質で完全にテスト済みのFacebookアプリケーションを本番移行することができる。」

— 一挙にユーザが増えてしまう可能性がある場合、どこまで耐えられるのか調べておかないといざ本番が始まってから大変なことになる。一方、大規模テストを行おうと思えば、負荷生成用のサーバを何台も立ち上げて、うまく負荷をかけられるようにしなければならず、手間とコストがかかって大変。そこに狙いを定めているわけだ。

‘Users are able to run test after test on demand, using any desired size or configuration. In addition, every user receives a dedicated environment per test, providing a cluster of up to 60 servers comprised of dual and quad core servers with up to 15 GB of memory each, and the geo-location of their choice.’

「ユーザは、オンデマンドで、望むサイズと構成で、テストを繰り返し行うことができる。さらに、各ユーザには、テストごとにデュアルコアとクアッドコアで、15GBのメモリを持つサーバからなる最大60台のクラスタが提供される。物理的場所も選択可能だ。」

— 選択できる物理的場所は、米国カリフォルニア州、オレゴン州、バージニア州、東京、アイルランド、ブラジル、シンガポール。つまりAmazon Web Servicesを使っているということか。

About BlazeMeter:BlazeMeterについて

‘BlazeMeter is a self-service, web load testing cloud, 100% compatible with open source Apache JMeter, the popular performance testing framework. An optimal solution for developers and Quality Assurance (QA) professionals, BlazeMeter provides an enterprise grade, out-of-the-box JMeter environment with unlimited testing capacity, comprehensive, interactive real-time reporting and sophisticated result analysis and recommendations. Build your virtual load testing lab in a matter of minutes, requiring only a browser with a choice of 7 multi-geo locations, including California, Virginia, Oregon, Tokyo, Ireland, Singapore and Sao Paulo. BlazeMeter has over 3,000 users in first tier enterprises including banks, government agencies, gaming and more that have run 10,000+ tests. For more information, please visit www.blazemeter.com.

「BlazeMeterは、セルフサービス型、ウェブ負荷テストクラウドで、オープンソースApacheのJMeterに100%互換のパフォーマンステスト・フレームワーク。開発者やQAのプロに最適なソリューションであり、BlazeMeterは、総合的でインタラクティブな、リアルタイム・レポートや洗練された結果分析と推奨機能を有している。仮想的な負荷テストは数分で準備可能で、ブラウザから7つの地理的場所(カりフォルニア、バージニア、オレゴン、東京、アイルランド、シンガポール、サンパウロ)を選ぶだけだ。BlazeMeterは、銀行、政府機関、ゲーム会社など一流企業の3000以上のユーザがおり、1万以上のテストの実績がある。詳しくは、www.blazemeter.comまで。」