インフィニティソリューションズ株式会社ブログ

ITトレーニングを効果絶大にするには

日々変わり行くIT技術に遅れをとらないよう、また、一歩先にいけるよう、我々のような中小企業では特に、なけなしの予算をはたいて、ITトレーニングを行う必要がある。せっかく金をかけるなら、その効果を最大化したいものだ。その方法がInformationWeekで紹介されている。

4 Ways To Supercharge IT Training(ITトレーニングをスーパーチャージする4つの方法)

Stormwind

1) Cut to the chase.(一番大事なことに集中する)

— これまでトレーニングといえば、一日8時間が何日間か続くというのが一般的。だがそんなのはもう古いと。イントロはいいから、とっとと本題(カーチェイス)に入れ、と。

‘Graunke recommends companies whittle down their training content by as much as 75%. Whether teaching employees how to troubleshoot a Cisco router or install software patches, Graunke said, “courses should cut to what people need to know. IT training, in general, has a tendency to be 180-page chapters in a 1,500-page book. Instead, it should be about what an IT professional needs to know to install this piece of equipment right now–not about learning the 17 commands they may never use.”’

「アリゾナを拠点とするITトレーニング企業StormWind社の創設者でChief Storyteller、Tom Graunke氏が推奨するところによると、企業はトレーニングの内容を1/4まで削減すべきとしている。社員にCiscoルータの故障修理であれ、ソフトウェアパッチのインストール方法であれ、それらを教える場合、受講者が知りたい内容に絞るべきであるとGraunke氏は言う。一般的にITトレーニングは、各章180ページ、全体で1500ページのものになりがちである。その代わりに、ITのプロが今すぐその装置をインストールするために知っておくべき内容に絞るべき。恐らく使うことはないであろう17個のコマンドについて学ぶのではなく、でだ。」

‘By distilling lessons down to must-know info, delivered in short intervals, Graunke promises employees will consume knowledge at a higher rate and retain it more easily. Additional learning materials can then be provided online or through interactive channels with an instructor.’

「レッスン内容を知っておくべき情報に絞り、短い間隔で教えることにより、社員は高い割合で知識を消費し、より簡単に習得するようになる。そうすれば、追加の教材は、オンラインやインストラクターのもとインタラクティブなチャネルで提供することだって出来る。」

2) Think like Spielberg. (スピルバーグのように考える)

‘”Everything is so visual that if you take IT training content and surround it by multimedia, from a learning perspective, a company can cut training time by over 50%,” said Graunke. That’s because it’s easier to capture the attention of IT professionals with fast-moving content, quality video, and entertaining effects. ‘

「『ITトレーニングを受ければあらゆるものがビジュアルで、マルチメディアに囲まれていれば、学習の観点から言えば、企業はトレーニング時間を半分に出来る』とGraunke氏。なぜなら動きのあるコンテンツ、質の高いビデオ、エンターテイメント性によりITプロの注意をひきつけるのが容易だからだ。」

‘Fortunately for IT leaders, Graunke said it’s not about producing the next summer blockbuster. Rather, he said IT training is about “creating visual learning sentences. Not just a sentence to explain something but a visual learning sentence that tells your story with a picture.” ‘

「ITリーダーにとって幸いなのは、今夏の超ヒット作を作れというわけではないということだとGraunke氏。むしろ、Graunke氏によれば、ITトレーニングは、ビジュアルな学習文章を作ることであり、単に何かを説明する文ではなく、ストーリーを絵付きで語るビジュアルな学習文章をつくるということだ。」

3) Create winners. (勝者を作る)

‘Another way to keep staff interested is gamification–the art of creating social scoring for training activities, such as who can complete a lab the fastest and who received the highest score on a post-learning test. ‘

「もうひとつ、面白いものにする方法は、ゲーミフィケーションだ。トレーニング活動でソーシャルスコアを作るという手法で、誰が一番早く完了できるかとか、誰が学習終了テストで高得点を得られるか、などだ。」

‘Now learning goes from being painful to being a source of pride. IT professionals are challenging themselves to get better and they’re doing it through training that makes it fun.” ‘

「さすれば、学習が苦痛のものから、プライドの源泉になりえる。ITプロは、楽しめるトレーニングを通して自らより良くを目指したチャレンジを行っていくことにある。」

4) Keep it human.(人間性を維持すること)

‘Despite its bottom-line benefits, Graunke said IT leaders need to think twice before replacing live instructors with cursors and keyboards. “Something went terribly wrong with e-learning. It’s a miserable failure,” he said. “It’s cheap and it’s anytime and anywhere but can you name the last time you did something in e-learning that you thought was amazing? What we’re missing is the human element.” ‘

「最終的な利点があるにもかかわらず、ITリーダは生きたインストラクターをカーソルとキーボードに置き換える前に良く考えるべきだと、Graunke氏は言う。『Eラーニングでは非常にまずいことになった。悲惨な失敗だ』と同氏。『安価で、いつでもどこでもではあるが、面白かったEラーニングのの名前を挙げることができるか。見逃していたのは、人的な要素だった。』」

‘According to Graunke, the presence of an instructor actually increases a student’s ability to learn and absorb material. Whether it’s a live chat or an interactive classroom, being able to connect with a living and breathing human being helps “knowledge retention rise dramatically,” he said.’

「Graunke氏によると、インストラクターの存在がが生徒の学習能力と資料を吸収する力を向上させるとのこと。ライブチャットであってもインタラクティブな教室であっても良いが、生きて息をしている人間とコネクトされていることにより、『知識残留率が大幅に向上する』と同氏。」