インフィニティソリューションズ株式会社ブログ

Google、7インチタブレットを199ドルで7月にも発売か

InfromatinWeekの記事から。

Google’s 7-inch Tablet: $199, Coming In July?(Google、7インチタブレットを199ドルで7月にも発売か)

DigiTimes

‘Google is making preparations to bring about 600,000 Android-based tablets to market by July, say sources cited by DigiTimes. The tablet will feature a seven-inch display and is expected to be made by Asus. Google has placed orders for about 2 million of the tablets for the remainder of 2012.’

「DigiTimesが引用している情報源によれば、Googleは、7月までに60万台のAndroidベースのタブレットを発売する準備をしているとのこと。タブレットは7インチのディスプレイを装備し、Asusにより製造される予定。Googleは2012年中に約200万台のタブレットを発注済であるとのこと。」

‘The device will probably be sold directly to consumers via the new hardware section in the Google Play Store, where Google already offers the Galaxy Nexus for $399. Google launched this new hardware sales portal last week, where it will sell other Nexus-class devices starting later this year.’

「このデバイスは、すでにGalaxy Nexusを399ドルで販売しているGoogle Play Storeの新しいハードウェアセクションを通して、一般消費者に直売される可能性が高い。Googleは、個の新しいハードウェア販売のポータルを先週スタートさせており、今後、その他のNexusクラスのデバイスを販売するものと思われる。」

‘The new tablet, which is being built by Asustek, will reportedly have an Nvidia Tegra 3 quad-core processor, Android 4.0 Ice Cream Sandwich, and Wi-Fi (only) for internet connectivity.’

「Asustekが製造するこの新しいタブレットは、Nvidia Tegra 3クアッドコア・プロセッサ、Android 4.0 IceCream Sandwich、インターネット接続としてはWiFiのみを搭載するとのこと。」

— 当初は249ドルを価格として想定していたようだが。

‘Google changed its mind about the pricing, however. It wants to drop the price from $249 to $199 or less. Some had expected the tablet to debut before summer, but the change in price lends a bit of credence to Thursday’s DigiTimesreport suggesting a July launch.’

「しかしながら、Googleは価格について心変わりした。249ドルから199ドル以下に価格を下げたい模様。タブレットは夏前にデビューするとする人もいるが、価格変更により、DigiTimesが推測する7月発売に信憑性が出てきた。」

‘Google wants to win tablet market share from Apple’s iPad and Amazon’s Kindle, and to do that it will sell devices that are co-branded with its hardware manufacturer partners. Rather than sell just one Google-branded tablet from a single OEM, the search giant will offer several devices from a variety of manufacturers.’

「GoogleはAppleのiPadやAmazonのKindleからタブレットの市場シェアを奪い取りたいと考えており、そのために、ハードウェア製造パートナーとの共同ブランドでデバイスを販売するであろう。単一OEMから単一のGoogleブランドのタブレットを販売するのではなく、様々な製造者から複数のデバイスを販売するであろう。」

‘Looking at the leaked specs and features, Google could get things right with this phantom Android tablet. The smaller display size has several advantages. It would require less power, allow the device to be smaller and more portable, and work well with scaled-up Android smartphone applications. The key component, however, is the Tegra 3 quad-core processor. I’ve used the HTC One X with the Tegra 3 and can attest to this chip’s computing prowess. It delivers incredible performance and manages to sip power at the same time.’

「漏れ聞こえるスペックや機能を見る限り、Googleは幻のAndroidタブレットでうまくやっている。小さめのディスプレイサイズには数々のアドバンテージがある。消費電力も少なく、デバイスをより小さく、より持ちやすくすることができ、スケールアップしたAndroidスマートフォン・アプリケーションの動作も問題ない。しかし、重要なコンポーネントは、Tegra 3クアッドコア・プロセッサだ。Tegra 3を搭載したHTC One Xを使っているが、このチップの実力は折り紙つきだ。素晴らしいパフォーマンスと省電力を同時に実現している。」

‘Sticking to Wi-Fi as the sole means of connecting to the Internet is also essential to keeping the device cost low. This approach should be just fine for most users, as very few people use wireless broadband networks to browse on tablets. The vast majority of tablet users browse via Wi-Fi.’

「インターネット接続としてWiFiだけに頼るのはデバイスコストを下げるために重要だ。この手法は、ほとんどのユーザにとって問題ない、ワイヤレスのブロードバンドを使ってタブレットでブラウズする人は少ないからだ。タブレットユーザの大半はWiFiでのみブラウズしている。」

— 強力なデバイスであることは間違いない。SamSungをはじめとするその他のAndroidメーカと食いあいにならないかがポイントかもしれない。