インフィニティソリューションズ株式会社ブログ

6月はモバイルOSが熱くなる

例年なら、1ヶ月の間に集中することはないはずの、マイクロソフト、グーグル、アップルのモバイル関連でデベロッパ・カンファレンスが今年は6月に集中しているとのこと。

InformationWeekの「Mobile OS Madness Ahead In June」から。

‘Apple’s Worldwide Developer Conference (WWDC) is set for June 11-15 at the Moscone Center in San Francisco. Microsoft’s event, the Windows Phone Developer Summit, is scheduled for June 20 and 21. A location has yet to be announced, though it will likely be at Moscone. Last, Google I/Ois taking place at Moscone June 27-29.’

「アップルのWorld Developer Conference(WWDC)はサンフランシスコのMoscone Centerで、6月11日から15日までの予定だ。マイクロソフトのイベントである、Windows Phone Developer Summitは、6月20日と21日の予定。場所は未発表だが、(同じく)Moscone Centerだろう。最後にGoogle I/Oは6月27日から29日までMoscone Centerで行われる。」

— 全部6月に集中していることもさることながら、同じ会場で行われるのも興味深い。

Worldwide Developer Conference (iOS)

Apple is likely to offer a preview of iOS 6, which is the platform used by the iPhone, iPad, and iPod Touch. Reports are mixed on whether iOS 6 will be a transformational change for Apple’s smartphone platform. Though iOS has added hundreds, if not thousands, of new features since its 2007 debut, the overall look and feel of the platform is beginning to look dated.’

「おそらくアップルはiOS6のプレビューを行うだろう。iPhone、iPad、iPod Touchで使用されるプラットフォームだ。iOS6がアップルのスマートフォン・プラットフォームの変革となるのかどうかについては、両方の憶測が飛んでいる。iOSは2007年のデビュー以来新しい機能を、何千とはいかないまでも、何百も追加してきたが、プラットフォーム全体のルック&フィールは旧式になり始めている。」

— だから、一新されるだろうという見方が成り立つのか。

‘Apple always manages to pull off a few surprises with its iOS revelations. Once it announces a new iOS, Apple will make a beta available to developers that will go through 10 to 12 weeks of updates before general release to the public. That aligns things pretty well with a probable October debut of the iPhone 5.’

「アップルはiOSを明らかにする際、何か新しい驚きをいつも仕込んでいる。新しいiOSがアナウンスされると、開発者のベータを提供し、一般リリースされるまで、10週から12週の間アップデートされていく。iPhone5が10月にデビューするという予測と合致しているのだ。」

Windows Phone Developer Summit (Windows Phone 8)

‘Microsoft has yet to admit that Windows Phone 8 exists.’

「マイクロソフトは、Windows Phone 8の存在をまだ認めていない。」

— あれ、そうなの。コード名はApolloらしいが、正式名はまだ公表されていないらしい。

‘Windows Phone 8 will tie together all the work Microsoft has done with Zune, Windows Phone 7, and Windows 8 over the last several years. Microsoft revealed Windows 8 and its desktop and tablet components in February. Windows 8 is expected to reach general availability by this fall. Based on my experience with Microsoft’s system-level updates, a June debut of Windows Phone 8 and its developer tools points to a fall release for the final build of the software.’

「Windows Phone 8は、過去何年かマイクロソフトが行ってきたZune、Winodws Phone 7, Windows 8の成果の集大成だ。マイクロソフトはWindows 8とデスクトップとタブレットのコンポーネントを2月に公表している。Windows 8はこの秋にも一般に利用可能になると予測される。マイクロソフトのシステムレベルのアップデートに関する私の経験から言えば、Windows Phone 8が6月にデビューし、開発者ツールは、ソフトウェアのファイナル・ビルドがリリースされる秋になる。」

‘What sort of features will we see? Hard to say. The most important aspect will be the similarities between Windows 8 and Windows Phone 8. It will present a more cohesive look and feel–which could help Microsoftboost adoption of Windows Phone. Other possibilities include a zippier user interface, support for enterprise VPNs, a revamped IE browser, and platform-level Skypeintegration.’

「どんな機能が盛り込まれるのか。その問いに答えるのは難しい。最も重要な側面は、Windows 8とWindows Phone 8との類似性だ。ルック&フィールが同様であること。そのことにより、Windows Phoneの採用が加速されることになる。その他の可能性は、キビキビしたUI、企業VPNのサポート、IEブラウザの改良、プラットフォームレベルでのSkypeの統合などだ。」

Google I/O (Android 5.0 Jelly Bean)

‘Google is delaying its Google I/Odeveloper event by more than six weeks compared to previous years. The Android-maker didn’t provide a reason for the delay. It simply could be related to venue availability. Or, it could be because Google needed the additional time to pull together code for the next version of Android.’

「Googleは、前年に比べて、Google I/Oデベロッパ・イベントの磁気を6週間以上遅らせている。遅れの理由は明らかにされていない。単に会場が利用できなかったことに関連しているのかもしれない。あるいは、Googleは次期Androidのコードをまとめるのに時間が必要だったのかもしれない。」

— やっとAndroid 4.0が出始めた段階であることを考えると、4.0が浸透する前に5.0の話を始めるのはどうか、ということがあったのかもしれない。

‘Google previously has said it intended to scale back new versions of Android to once-per-year updates, which keeps it on pace with competitors Apple and Microsoft. If Google doesn’t show off a brand-new version of Android, I expect it will at the very least launch major new apps, services, or components of the operating system. For example, last year’s Google I/O brought the Google Music service, which later became a part of the Google Play Store.’

「グーグルはかつて、アップルとマイクロソフトとの競合にあわせるべく、年一回Androidの新しいバージョンを出すつもりだとしていた。グーグルが新しいAndroidを出さないのであれば、せめて、新しいアプリ、サービス、OSのコンポーネントの主要なものを発表すると予測する。例えば昨年は、Google I/Oでは、Google Musicサービスを明らかにしたが、これが後にGoogle Play Storeの一部となった。」