インフィニティソリューションズ株式会社ブログ

Amazonの主張とその現実を検証する(その6)

Amazon’s 7 Cloud Promises: Hype Vs. Reality(アマゾンのクラウドに関する7つの展望:幻想か現実か)

主張6.Big Data Demands Big Cloud(ビッグ・データにはビッグなクラウドが必要)

(source: InformationWeek)

“Big data is different from the old style of business intelligence, Vogels said, in that you don’t always know what questions you want to ask. That means there’s uncertainty about the resources you’ll need, making public cloud a good fit. Scalable, distributed cloud services like Amazon DynamoDB (NoSQL database), RDS (relational database service), and EMR (Hadoop-based Elastic Map Reduce), or rival cloud offerings from the likes of Microsoft orGoogle), make it possible to quickly respond to big data analysis opportunities.”

「Vogels氏によれば、何を問うべきかがわかるとは限らないという点において、ビッグデータは従来のビジネス・インテリジェンスとは違うとのこと。これは、必要なリソースが不明であることを意味するため、パブリッククラウドがぴったりである。Amazon DynamoDB(NoSQLデータベース)、RDS(リレーショナルデータサービス)、EMR(HadoopベースのElastic Map Reduce)、あるいは、MicrosoftやGoogleのようなライバルのクラウドが提供するスケーラブルで分散型のクラウドサービスにより、ビッグデータの分析要求に素早く応えることができる。」

検証6. Big Data Security Concerns Remain(ビッグデータのセキュリティ問題が未決)

“Yes, scalable, cloud-based services will particularly appeal to companies that are getting their data from the Internet to begin with, but privacy- and security-sensitive firms won’t be rushing into the cloud. Hospitals, banks, intelligence agencies, and other firms have good reason to be paranoid, and perceptions of superior on-premises security still prevail.

Even in the sports business, teams are using big-data sources such as Stats’ SportVU system for the NBA and the Pitch FX system used by Major League Baseball since 2006 (and soon to be joined by a Field FX system that collects data on fielding). These camera-based systems track positions of players, the ball, vectors, and velocities on every pitch and play, generating huge amounts of data in the process. That’s all publicly available data, yet according to Kevin Goodfellow, an executive at Sportsdatahub.com, teams are usually loath to put their own data on a public cloud. Sportsdatahub does dedicated hosting as well as on-premises deployments of Hadoop-based systems designed to help teams spot promising athletes, team strategies, and marketing approaches.”

「確かに、クラウドベースのサービスは、手始めにインターネットからデータを収集している企業には特に魅力的だが、プライバシーやセキュリティに敏感な企業はクラウドに飛びつかないだろう。病院、銀行、情報機関、その他の企業は、疑い深くなるだけの根拠があり、オンプレミスの方がセキュリティに優れているという認識は根強い。

スポーツビジネスでも、NBAに関するStatのSportVUシステムや、2006年からメージャーリーグベースボールが使っているPitch FXシステム(まもなくフィールドからデータを収集するField FXシステムと合体する)は使っているチームがある。プレーヤの位置、ピッチングやプレーに関するボール、方向、速度などをカメラをベースとしたトラッキングするシステムは、その過程で大量のデータを生成する。これらは一般的に利用できるデータではあるが、Sportsdatahub.comのKevin Goodfellow氏によれば、たいていのチームはデータをパブリッククラウドに置きたがらない。Sportsdatahubは、確かなアスリート、チーム戦略、マーケティング・アプローチを見極められるように設計されたHadoopベースのシステムを専用ホスティングとオンプレミスの実装を提供している。」

— ビッグデータに限らず、セキュリティはパブリッククラウドの重要なテーマであり続けていることも事実。ネタは誰でも目に触れられるところに転がっているとしても、どれとどれを集め、どう分析して、何らかの結果に結びつけていくかは、競争力に直結するかもしれないため、神経質にならざるをえないのは理解できる。この部分なまだ課題だ。