インフィニティソリューションズ株式会社ブログ

Amazonの主張とその現実を検証する(その4)

Amazon’s 7 Cloud Promises: Hype Vs. Reality(アマゾンのクラウドに関する7つの展望:幻想か現実か)

主張4.Cloud Makes Supercomputing Accessible(クラウドによりスーパーコンピューティングにアクセスできるようになる)

(source: InformationWeek)

“Amazon says its systems rank 42nd on the list of the world’s most powerful supercomputers. Purpose-built, research-oriented machines top the list, because they tend to use super powerful graphical processing units, not the general-purpose CPUs in service on AWS. Still, public clouds can deliver incredible compute capacity by the hour.”

「アマゾンによれば、同社のシステムは世界で最もパワフルなスーパーコンピュータの第42位に位置している。特定目的の研究志向のマシンがリストの上位を占めている。なぜならAWSでサービス提供している汎用プロセッサではなく、超パワフルなグラフィックス・プロセシング・ユニットを使う傾向にあるからだ。それでもパブリッククラウドは時間単位で桁外れのコンピューティング能力を提供できる。」

検証4. Cloud Supercomputing Is Compelling(クラウド・スーパーコンピューティングは説得力がある)

“No argument here, our only quibble being that cloud makes the most sense for spiky demand; if you have a constant baseline workload, there are advantages in owning rather than renting. That said, research tends to be spiky, so it’s no surprise that cloud is compelling even for large pharmaceutical giants that have ongoing supercomputing needs. Cycle Computing CEO Jason Stowe said his firm was able to harness more than 50,000 cores of AWS capacity within a matter of hours, and he figures that system packed the equivalent power of $20 million to $25 million worth of supercomputing infrastructure. At Amazon’s cloud rates, the cost was just $4,828.85 per hour.”

「議論の余地はない。クラウドが最も意味がある理屈は、需要の上下動が激しい場合であると考えている。定常的な負荷であれば、借りるより所有するほうが利点がある。つまり、研究では需要が上下するため、大手の薬品会社でも、常にあるスーパーコンピューティングのニーズに対してクラウドは説得力があることは驚くべきことではない。Cycle Computing社のCEO、Jason Stowe氏によれば、同社は数時間のうちにAWSの5万コア以上を利用し、2000万ドルから2500万ドル相当のスーパーコンピューティング・インフラを作り上げることができたとしている。アマゾンのクラウド課金では、コストは時間あたり4,828.25ドルであった。」

– スーパーコンピュータ時間貸しの時代でも取り上げたが、ここは確かに議論の余地がないであろう。実行時にはありったけのリソースを必要とするが、24時間365日必要としているわけではないため、必要な時に(予算にあった)リソースを借りるのが現実的だ。