インフィニティソリューションズ株式会社ブログ

スタートアップ企業から学ぶ製品アイデア(その5):Voxeet

カルフォルニア州サンタクララでDemo Spring 2012というのがあって、そこで様々なスタートアップ企業が製品アイデアを披露したとのこと。その中からInformationWeekがこれは、という10種をピックアップしているので見てみたい。ちなみにこのDemoショーは22年目らしい。

10 Must-See Tech Product Ideas From Startups(見逃せない、スタートアップ企業の製品アイデア10種

HD Conference Calling(高解像度カンファレンスコール)

Voxeet

電話会議をちょくちょくやっているが、音声が途切れたり、雑音が乗ったりする経験が多い。

“But Voxeet used Demo to debut a new high-definition, 3-D “natural conferencing” software suite that had ears literally perking up during the conference. If its demo was any indication, the sound wasn’t just crystal clear. You didn’t have people noise-cancelling each other, and you could hear someone speaking from your right or your left, depending on where you moved their avatars, giving a lifelike in-the-same-room presence to the callers.”

「しかし、Voxeetは新しい高解像度3Dの「ナチュラル・カンファレンス」ソフトウェアスィートをデモしていた。これはカンファレンス中に文字通り聞き耳を立てさせるものだ。このデモが示したものどおりとすれば、音声は非常にクリアというわけではなかった。みんなノイズキャンセルさせることもなく、アバターの位置により右手や左手の人が話しているのを聞くことができ、まるで同じ部屋にいるかのような気分になる。」

— 5、6人以上で参加していると、誰が話しているかを識別できないことも多々あり、それがストレスになったりす。このVoxeetはそんな問題を解決し、誰がしゃべっているのかを識別できるようにするもの。画面だけではなく、仮想的に右手に座っている人が話せば、右手から聞こえてくるというように、耳でも識別でき、また臨場感も出てくる、といったものだ。この「耳でも」というところがミソだ。

その他の記事: