インフィニティソリューションズ株式会社ブログ

ビッグアップルのビッグアプリ・コンテスト

ビッグアップルといえばニューヨーク市のこと。そのニューヨークでビッグアプリ・コンテストを開催したというニュース。ビッグアップルとビッグアプリを掛けていることは間違いない。

InformationWeekから。

NYC Selects BigApps Contest Winners(ニューヨーク市、ビッグアプリの受賞者を発表)

ニューヨーク市ビッグアプリ

“From among a record 96 entries, New York City officials on Wednesday selected the winners of its third annual mobile app development competition. The winner: an app that makes it easier to dig into the city’s open data portal.”

「96の応募者の中から、ニューヨーク市は水曜日正式に、第3回モバイル・アプリ開発コンテストの受賞者を発表した。優勝者は、同市のオープンデータ・ポータルでの調べものを容易にするアプリだった。」

— ニューヨーク市のブルームバーク市長が、いいアイデアがあれば、データを使えるようにする、と発言して始まったものらしい。開発者らがそれに応えていろんなアイデアを出しているようだ。

“This year’s BigApps contest, which kicked off in October, awarded a total of $50,000 to app developers who built apps that do everything from planning subway trips to providing maintenance reports on apartment buildings. In order to attract developers this year, the city issued a call for ideas and gave prizes to the best ones, including a parking rules app and an API to transit data.”

「今年のビッグアプリ・コンテストは、10月に始まり、地下鉄の乗り換え案内から、アパートとメンテナンス報告まで、様々なアプリを構築した開発者に総額5万ドルの賞金をだすもの。今年開発者をひきつけるため、同市は駐車ルールのアプリや乗換えデータへのAPIも含め、応募を呼びかけ、最優秀のものに賞金を授与することにした。」

“Cash wasn’t the only prize this year, however. Two winners get to compete for seed funding from the TechStars venture capital contest, while others get to demo their apps at NY Tech Meetup events and receive mentoring and networking opportunities as members in the new BigApps Founders Network.”

「今年は現金だけが賞ではなかった。2人の受賞者はTechStarsベンチャーキャピタルのコンテストで、シードファンドを得るために競った。その他のものも、ニューヨークのTech Meetupイベントでデモし、新しいビックアプリ創設者ネットワークのメンバーに指導を受け、ネットワークを築くことができた。」

“The top app in the contest, NYCFacets, simplifies access to New York City’s Open Data portal for both users and developers. The app ranks the quality of the city’s data sets, makes it easier to navigate the portal, improves the site’s search and discovery features, and lets users browse metadata, discuss data sets, and analyze how the data sets were constructed. Future plans include bringing in other sources of New York City data.”

「コンテストの最優秀は、NYCFacetsで、ユーザにとっても、開発者にとっても、ニューヨーク市のオープンデータポータルのアクセスがシンプルになるというもの。アプリは、同市のデータセットの品質をランク分けし、ポータルサイト内でナビゲーションの容易化、サイトの検索・発見機能の向上、メタデータの参照やデータセットに関する議論の場の提供、データセットの構造の分析が可能になるもの。今後、ニューヨーク市のデータのその他のソースを含める予定。」

“The second-place winner, Work+, suggests places where home office workers can work outside of home. It identifies places that offer free Wi-Fi, easy access to coffee, and peace and quiet. The app lets people log hours spent working at particular locations, rate the locations, and save them in a list of favorites.”

「次点は、Work+で、ホームオフィスで働くものに、家の外のどこで仕事が出来るかを教えてくれるもの。無料のWi-Fi、コーヒーが飲め、落ち着いて静かな場所を識別するもの。どの場所でどれくらい働いたかを記録し、場所の評価し、お気に入りリストを保存することも可能というものだ。」

— 領土問題に首を突っ込むライバル東京も、このあたりに力を入れないと、街の魅力が薄れていかないかな。