インフィニティソリューションズ株式会社ブログ

Androidをターゲットにした新種のマルウェア、3ヶ月で5000種出現

TrendMicroMALWARE BLOG、「Q1 Threats Go Mobile」から。

モバイルユーザが増加すれば、その分、モバイルユーザをターゲットにしたマルウェアが出てくるとの予測が立つのだが、その予測が現実のものになっているようだ。

“The mobile threat incidents we’ve seen in the first quarter remained true to one of 2012 predictions—Android-based smartphones will continue to be a likely target for cybercrime. Trend Micro, in fact, identified approximately 5,000 new malicious Android apps in just the first three months of the year most likely due to the increase of Android user base.”

「2012年第一四半期にみたモバイルに対する脅威は2012年の予測の通りになっている。アンドロイドベースのスマートフォンはサイバークライムのターゲットになっている。トレンドマイクロは事実、3ヶ月で約5000種の新しいアンドロイド・アプリの形のマルウェアを確認しており、アンドロイドユーザが増加していることによるものと思われる。」

また”Security in the Age of Mobility”と題したレポートで、同社のSenior Threat Researcher、Robert McArdle氏が以下のように述べている。

Security in the Age of Mobility (Trend Micro)

“One big reason for the popularity of apps is their ease of use. Browsing the net on your mobile phone is not the same experience as doing it on a laptop… The key thing to remember is to think before you give an app access to your data… If you have any doubts about giving oversensitive information, just don’t do it.”

「アプリが広まっている大きな理由は使い方が簡単だということだ。モバイルフォンでネットをブラウズする行為はラップトップのそれと同じではない。覚えておかねばならないことは、アプリに自分のデータへのアクセスを許可する前に良く考えるということだ。重要な個人情報にアクセスさせることにちょっとでも疑問を持ったなら、許可しないことだ。」