インフィニティソリューションズ株式会社ブログ

Gmail、障害後復旧

以前、Web Serviceを「クラウド」モニターするDownRightNowでGmailに障害があった旨の記事を書いた。その際Googleからは正式に障害の報告がなかった。InformationWeekによると、今週火曜日、Googleも正式に障害を報告するGmailの障害があり、その後復旧したとのこと。

Google Gmail Back After Limited Outage(Google Gmail、障害後に復旧)

Apps Status Dashboard

“Google’s Gmail has recovered after a service disruption on Tuesday that prevented both business and consumer users from accessing their email messages.”

「ビジネスユーザおよび一般ユーザがEメールメッセージにアクセスできないサービス障害がGoogleのGmailで発生し、その後普及した。」

“Gmail users on Twitter began posting about access problems shortly after 9 a.m. PT on Tuesday and Google acknowledged the issue at 9:42 a.m. PT on its App Status Dashboard.”

「火曜日9:00am(太平洋標準時)の少し後、アクセス障害についてGmailユーザがTwitter上でポストし始め、Googleは、App Status Dashboard上で9:42am(太平洋標準時)に同問題について認めた。」

“By 10:18 a.m. PT, Google said its team was investigating the issue, which was affecting less than 2% of the Gmail user base.”

「10:18am(太平洋標準時)までに、Googleは同社のチームが問題を調査中であり、Gmailユーザの2%未満が影響を受けているとしていた。」

— 全世界に3億5千万人のユーザがいるそうなので、2%といえども、7百万のユーザが影響を受けていたことになる。幸い小生は影響がなかった(もしくは気がつかなかった)。

“In general, the majority of cloud service customers tend to accept that failures happen if companies are prompt and forthright in their communication about downtime and restoration of service. Amazon, Google, and Microsoft have all improved how they report on service issues. However, Microsoft continues to keep its Office 365 Service Health Dashboard hidden behind a login Web page, despite the public availability of itsWindows Live dashboard.”

「一般的に、クラウドプロバイダがサービスのダウンタイムや修復についてコミュニケーションを迅速にかつ率直にしていれば、そのサービスの顧客の大半は、障害を受け入れる傾向にある。Amazon、Google、Microsoftでは、サービス上の問題を報告する術が向上してきている。しかしMicrosoftは、Windows Liveダッシュボードは一般公開されているにもかかわらず、Office 365のService Health Dashboardをログイン後のウェブページにおいている。」