“We assembled this list with help from analysts at Cloud Technology Partners, Current Analysis, Enterprise Strategy Group, Gartner, IDC and Neovise who watch the public cloud Infrastructure as a Service scene very closely.”

「本リストは、Cloud Technology Partners, Current Analysis、Enterprise Strategy Group、Gartner、IDC、Neoviseなど属している、パブリッククラウドのIaaSを注視しているアナリストの助けを得て作成したもの。」


1. Amazon Web Services: The gold standard(AWS:ゴールドスタンダード)

— これはもはや説明不要だろう。

2. Bluelock: Out of the blue (突如出現)

“As a surprise pick as a market leader in the recently published Gartner Magic Quadrant for public cloud IaaS, this 5-year-old Indianapolis-based cloud provider has been gaining some national name recognition. The company’s offering is called Bluelock Virtual Data Center, is based on VMware’s vCloud, and can be used to build public, private or hybrid cloud deployments and …”

「パブリッククラウドのIaaSに関して最近発表されたGartner Magic Quadrantにマーケットリーダとして突如取り上げた企業で、創立以来5年、インデアナポリスを本拠地とするクラウドプロバイダは全国的に知名度を得てきている。同社は、Bluelock Virtual Data Centerを提供している。VMwareのvCloudをベースにしており、パブリック、プライベート、ハイブリッドのいずれでも利用することができる。」

— Garnter Magic Quadrantとは、市場を調査し、プレーヤーをリーダー、チャンレンジャー、ビジョナリー、ニッチプレーヤーの4つに分類した調査結果のこと。vCloudベースであるゆえ、社内システムをVMwareで仮想化していれば、すぐに社外リソースとして利用することが出来るという利点がある。 このBluelockは知らなかった。

3. CSC: Targeting the enterprise(ターゲットは企業)

“CSC is a traditional IT outsourcing vendor that latched onto the cloud two years ago, invested heavily in it, and is now getting significant traction with its VCE (the joint VMware, Cisco, EMC venture) Vblock-based CloudCompute IaaS offering. CloudCompute comes in three flavors: public, multitenant hosted at a CSC site; private, single tenant in a CSC data center; and private, single tenant located at the customer’s site.”


— 最後の顧客サイトでのシングルテナントもメニューにあるところが強みなんでしょう。

4. GoGrid: All cloud, all the time(常に全クラウド)

“GoGrid prides itself on being a pure-play cloud company offering both public and private Xen-based IaaS with optional managed services. “


“GoGrid’s effort to build a third-party ecosystem on top of its IaaS is called GoGrid Exchange, essentially a program that allows partners to sell their software products on top of GoGrid server images, thereby easing the issues customers sometime face when trying to deploy applications in the cloud themselves. “

「GoGridはIaaSの上に、GoGrid Exchangeと呼ぶサードパーティのエコシステムを構築しようとしている。これは本質的にパートナーがGoGridサーバ・イメージ上で自分のソフトウェア製品を販売することができるプログラムで、結果、顧客が自前でクラウド上にアプリケーションを実装使用とする際、時として発生する問題を和らげることができるもの。」

— iOSやAndroidと同様、エコシステムを構築することは、IaaS側、ソフトウェアプロバイダ側、双方にメリットがあるはず。

5. IBM: Leveraging the installed base(既存顧客ベースを活用)

“IBM has recently made huge investments to the underpinnings of its KVM-virtualized public cloud IaaS, rebranded the service as SmartCloud Enterprise and SmartCloud+, and announcing plans to tie in more managed services and enterprise features to it this year. “

「IBMは最近KVMで仮想化されたパブリッククラウドIaaSを下支えするために巨大な投資をし、サービスをSmartCloud Enterprise、SmartCloud+とブランドを変え、今年マネージドサービスと企業向け機能とより密接にする計画であると発表している。」

— この手のものはずいぶん前から手掛けているんですが。

6. OpenStack: No vendor lock-in(ベンダーロックインなし)

“OpenStack is an open source cloud computing platform project started in the summer of 2010 by IaaS vendor Rackspace and NASA.”


“At press time, the project had the backing of 159 companies and 2,685 people actively contributing to the code base (see story on OpenStack momentum). “


— オープン系でははずせないプレーヤーの1人だが、IaaSのベンダーではない。

7. Rackspace: Taking a leadership role(リーダーシップの役割をとっている)

“Rackspace went public in 2008. Since then, the company has seen a 400% growth in revenue.”


“Net income was up from 2010 by 85% to $25 million and revenue grew 32% to $283.3 million. In particular, revenue for the public cloud business – driven by a Xen-virtualized service called Cloud Servers — was up 86% from the previous year’s quarter to $58.5 million. “

「純利益は2010年から85%増の2500万ドル(約20億円)、売り上げは32%増の2億8330万ドル(226.6億円)。特にパブリッククラウドサービスのビジネスの売り上げは、Xenで仮想化されたサービスでCloud Serversと呼ぶものにより、前年同期の86%増の5850万ドル(46.8億円)。」

— 日本では馴染みが薄いが、OpenStackにも絡んでおり、目が離せない存在だ。

8. Savvis: Full range of options(ピンキリのオプション)

“Savvis – which is owned by CenturyLink — markets its VMware-driven public cloud IaaS called Symphony Virtual Private Data Center right alongside its private cloud offering and with the optional managed services it has already built its enterprise reputation upon. “

「CenturyLinkがオーナーであるSavvisは、Symphony Virtual Private Data Centerと呼ぶVMwareによるパブリッククラウドのIaaSと、オプションのマネージドサービスを提供しており、すでに企業での評判を築きあげている。」

“The company has put a huge emphasis on deep security and a unified portal across all of its services. “


— こちらは日本にもオフィスがあるらしい。

9. Terremark: Three-pronged VMware-based approach(VMwareベースの3面展開)

“Terremark – which is owned by Verizon – has three feet in the public cloud IaaS space. The Enterprise Cloud (which is driven by VMware) homes in on virtual data center needs and is sold in blocks of resources as opposed to VM instances. Enterprise Cloud Managed Edition focuses on facilitating hybrid public/private clouds. With vCloud Express – which you buy by the VM – Terremark is targeting developers who need to do test out applications they are building for the cloud. “

「Verizon下のTerremarkは、パブリッククラウドのIaaS分野で3面展開しえいる。Enterprise Cloud(VMwareによるもの)はバーチャルデータセンターのニーズに対するもので、VMインスタンス単位ではなく、リソースのブロック単位で販売している。Enterprise Cloud Managed Editionはパブリックとプライベートのハイブリッドクラウドに狙いを定めたもの。VM単位で購入するvCloud ExpressによりTerremarkはクラウド向けに構築しているアプリケーションのテストを行う必要がある開発者をターゲットにしている。」

10. VMware: Key building block(重要なビルディング・ブロック)

Four of the other nine companies on our list of the most powerful vendors in the public cloud IaaS space are betting on their VMware software-based infrastructures to allow them to keep playing in this growing space in enterprise computing.


— VMwareが重要な要素の1つであるが、IaaSのベンダーではないので、このリストに入れるのはどうかとは思うが。