インフィニティソリューションズ株式会社ブログ

フォーチュン500企業のソーシャル活動統計

フォーチュン500といえば、米フォーチュン誌が毎年発表している世界的な企業ランキング上位500社だ。ここに入れば、世界的に大手企業の仲間入りをしたといっていいのだろう。そのフォーチュン500企業を対象に、Go-Gulf.comがソーシャル活動の統計をインフォグラフィックにしている。Go-Gulf.comはドバイを拠点とするウェブ開発会社。

Fortune 500 Social Media Statistics [Infographic](フォーチュン500企業のソーシャルメディア統計[インフォグラフィック]

“Check the latest social media statistics of companies in Fortune 500 list. How many companies have an active corporate blog. How many Fortune 500 companies are active on social media sites like Twitter and Facebook. Fortune 500 social media growth and trends.”

「フォーチュン500のリストにある企業の最新のソーシャルメディア統計を確認ください。どれだけの企業がアクティブな企業ブログをもっているのか。どれだけのフォーチュン500企業がTwitter、Facebookなどのソーシャルメディアサイトでアクティブなのか。フォーチュン500企業のソーシャルメディアの成長とトレンド。」

Fortune 500 Social Media Statistics

 

 

 

フォーチュン500の23%のみが対外的な企業ブログを持っている。

 

 

 

 

業種別のブログ数

専門小売業(衣料、家庭用品、家具)など、一般消費者を対象とした業種でブログが多い。

情報技術が少ないのはどうしたわけか。

 

 

 

 

 

 

 

フォーチュン500ランキング別企業ブログを持っている割合

ランキングが高いほど企業ブログを持っている割合が高い。さすがに大手といえども、200位以下だとブログにリソースを割り当てる余裕がないのか?

 

 

 

 

 

 

 

Fortune500企業の62%がアクティブなTwitterアカウントを持ち、過去30日以内にツィートしている。

 

ここでも専門小売業が目立つ。

 

 

 

 

Twitterアカウントを持っている割合

ここでは意外に上位と下位の差が少ない。ツィートする程度なら余裕ありということか。

 

 

 

 

 

Twitterフォロワー数上位。

Googleが最大。

第2位はWhole Foodという世界最大の自然食品、オーガニック食品のスーパーのチェーンとのこと。さもありなん。

 

 

 

 

 

 

 

フォーチュン500の企業のうち企業のFacebookページを持っているのは58%。

上位3業種の顔ぶれはTwitterと同じだ。

 

 

 

 

 

 

Facebookファン数

トップはコカコーラ、第2位はStarbucksと見知ったブランドが並ぶ。

 

 

 

 

 

 

 

 

Infographic by- GO-Gulf.com Web DesignCompany