インフィニティソリューションズ株式会社ブログ

Eucalyptus社、これからのハイブリッドクラウドの青写真を発表

Eucalyptus(ユーカリプタス)といえば、オープンソースのクラウド基盤ソフトウェアを提供する会社として知られた存在。

そのEucalyptusがこんなホワイトペーパを発表した。

Eucalyptus Releases a Blueprint for the Future of Hybrid Clouds(Eucalyptus社、これからのハイブリッドクラウドの青写真を発表)

以下はそのリリース文の抜粋だ。

Eucalyptus

 

Eucalyptus Systems, creator of the most widely deployed on-premise cloud computing platform, today announced a free white paper, “Blending Clouds: A Blueprint for Your Hybrid Future.” The white paper outlines the key benefits of deploying a hybrid cloud, emerging usage patterns, and the architectural principals behind this approach.

最も広く実装されているオンプレミスのクラウド・コンピューティング・プラットフォームを開発したEucalyptus Systemsは本日、「クラウドをブレンドする:これからのハイブリッドの青写真」と題した無料のホワイトペーパーを発表した。本ホワイトペーパーは、ハイブリッドクラウドの実装の主要な利点、広まりつつある利用パターン、本アプローチの背後にあるアークテクチャ上の主要なポイントについて概要を述べているもの。

For today’s enterprises, the question isn’t about choosing a public or private cloud. The decision lies in how to enable both in the form of a hybrid cloud. Public and private clouds are quickly dovetailing to enable blended scenarios based on dynamic optimizations for price, policy and performance.

今日の企業のとって、問題はパブリッククラウドとプライベートクラウドのどちらを選ぶかということではない。ハイブリッドクラウドという形でどうやって両者を実現するかを決めることだ。パブリッククラウドとプライベートクラウドは急速につながりあってきており、これにより、価格、ポリシー、パフォーマンスについてのダイナミックな最適化に基づく混合シナリオが可能になってきている。

Many applications currently live in the public cloud as it provides an attractive alternative to purchasing data center infrastructure. However, as demand grows over time, companies may make the decision to move applications behind the firewall to optimize infrastructure performance and cost. Alternatively, some companies expect their private cloud investment to provide an onramp to the public cloud. For this reason, today’s private cloud investments should accommodate public cloud futures.

多くのアプリケーションは現在パブリッククラウド上にある。というのも、データセンターのインフラを購入するよりも魅力的な代替手段だからだ。しかしながら、時とともに需要が大きくなれば、インフラのパフォーマンスとコストを最適化するために、アプリケーションをファイアーウォールの後ろに移動する決定をする企業も出てくるかもしれない。あるいは、プライベートクラウドへの投資がパブリッククラウドへの入り口になることを期待する企業もあるであろう。このことから、今日のプライベートクラウドへの投資は、将来のパブリッククラウドに役立たねばならない。

The white paper explores how hybrid cloud strategies can help enterprises and Web 2.0 companies optimize for several important characteristics including performance, demand patterns, risk mitigation, cost optimization, and service-level diversity. It also outlines several principals companies should evaluate when architecting a hybrid cloud, including service orientation, compatible service foundations, service standards, ecosystem alignment, and community support.

本ホワイトペーパーはハイブリッドクラウド戦略により企業やWeb2.0会社が、パフォーマンス、デマンドのパターン、リスク最小化、コスト最適化、サービスレベルの提供などの重要な要素をいかに最適化することができるかを探っている。サービス・オリエンテーション、互換性のあるサービス・ファウンデーション、サービス標準、エコシステムとの整合性、コミュニティ・サポートなどハイブリッドクラウドを構築する際に評価すべき原則のアウトラインを述べている。