インフィニティソリューションズ株式会社ブログ

SparkWeave社、クラウドに疑問を呈す。via StarTribune

StarTribuneといえば、ミネソタ州最大の新聞。かつてミネアポリスに出張した際、ホテルでよく見かけたヤツだ。なのでStarTribuneの文字を見ると懐かしさでつい、見てしまう。そこにこんな記事があった。

StarTribuneより、

Questioning the cloud (クラウドに疑問を呈す)

Software firm SparkWeave argues that keeping corporate data inside the company is better than trusting it to the public cloud.

ソフトウェア会社SparkWeave社は、社内で企業データを維持する方が、パブリッククラウドに任せるよりも良いと主張する。

— よくある話ではあるが、何が特徴なのか見てみよう。

SparkWeave

Cloud computing appears to offer everything today’s modern company needs: reliable, remote data storage that’s faster, less expensive and just as safe as a company’s own data center.

クラウドコンピューティングは今日の現代的企業が必要とするあらゆるものを提供している。信頼性があるリモートのデータ・ストレージで、速く、安価で、企業のデータセンターと同様に安全。

Not so, says SparkWeave, a Minneapolis tech company that portrays itself as a sort of anti-cloud computing company. Oh, and SparkWeave markets a competing service.

そうではないと、自社をアンチクラウド会社とするミネアポリスの技術系企業、SparkWeave社は主張する。そしてSparkWeave社は競合するサービスを提供しているのだ。

“It’s a matter of whether I can trust the cloud,” said SparkWeave CEO Brent Bowlby. “Who do you trust more with your data, someone outside your company or yourself?” He claims the computer industry’s promotion of “public cloud” computing over the Internet has oversold the benefits while minimizing the pitfalls.

「クラウドを信用できるかどうかの問題ではない」とSparkWeave社のCEO、Brent Bowlby氏は語っている。「自社のデータについて、社外の誰を信用できるのか?」と。インターネット越しの「パブリッククラウド」コンピューティングを推進するコンピュータ業界は、欠点を極力小さく見せ、利点を売りすぎていると、同氏は主張する。

SparkWeave was launched more than a year ago by Bowlby, software experts Jay Groven and Macie Korte, and a financial backer who doesn’t wish to be identified, Bowlby said. The firm opened its doors this spring, and hopes to have revenue of $3.5 million in 2012.

SparkWeave社はBowlby氏、ソフトウェアエキスパートJay Groven氏、Marcie Korte氏、名前を明らかにしたくない財務的にバックアップしている人物の4名で立ち上げたとのこと。同社は今年の春にビジネスを開始し、2012年に350万ドルの売り上げを期待している。

The company, based in northeast Minneapolis, applied this year for a patent on the way its software more efficiently stores data by reducing duplication of information.

同社はミネアポリス北東部に本拠地を構え、情報の重複を減らすことにより効率的にデータを保存するソフトウェアの方法について今年特許を出願している。

— なるほど。De-Duplication(重複排除)の一種ということですか。

SparkWeave designs private clouds for companies with 500 or more employees and figures it competes in a market with about 20,000 potential corporate customers. The cost of its software varies widely with the tasks to be performed and the number of employees at the client company. But typically the costs run about $100 per user per software application per year, Bowlby said.

SparkWeave社は、500人以上の社員がいる会社にプライベートクラウドを設計し、潜在低的な企業顧客2万社の市場で競争していく。ソフトウェアのコストは、顧客企業内で達成すべきタスクと、社員数により大きく変動するが、典型的なコストは、ソフトウェアアプリケーションごとに、ユーザあたり年間約100ドルとのこと。

That means the costs of SparkWeave’s “private cloud” can be much lower than in a “public cloud” for firms that are heavy computer users, he said. Data will be more secure because it will never leave the client company’s data center and there will be electronic audit trails for everyone who viewed the information.

これはすなわち、コンピュータを良く使う企業にとっては、「パブリッククラウド」よりSparkWeave社の「プライベートクラウド」がはるかにコストが安いことを意味すると、同氏は主張する。データは顧客企業のデータセンターから外に出ず、誰が情報を見たかの電子監査証跡も取れるため、データはよりセキュアだ。

— ちょっと聞いただけでは本当に安いかどうか判断つかない。「ヘビーユーザ」という限定付きだし。安全かどうかは定かではないが、他人任せで「心配」しなくても良い、という意味では「安心」かも。でも、社内の人間がちゃっとやっているかどうかを心配しなきゃいけなくなるので、要は、知らない人か、知っている人に任せるか、という違いか。

One of SparkWeave’s first clients is Array Services Group of Sartell, Minn., a suburb of St. Cloud. Array, which employs about 500 workers, handles credit card and patient health record information as part of its billing and collection operations for hospitals and businesses. It needed a more secure way to manage the data and exchange information with its clients, said Keith Swingle, Array’s information technology director. Using a public cloud service wasn’t considered sufficiently safe.

SparkWeave社の初期の顧客の1社は、ミネソタ州St. Cloudの郊外のSartellのArray Services Group社で、約500人の社員がおり、病院や業務の課金、集金の一部として、クレジットカードや患者のヘルス記録を取り扱っている。データの管理や顧客との情報交換のためによりセキュアな方法を必要としていたと、Array社のInformation Technologyディレクター、Keith Swingle氏は語っている。パブリッククラウドサービスの利用は十分安全とは考えなかった、と。

— コールセンターなど、アウトソーシングを引き受けているため、自社がどうのというより、委託元を安心させるためにも必要な処置かと思う。

“The question is, ‘Where is that data and who gets to see it?'” said Roger Lund, a senior systems administrator at Array Services Group. “If the data’s stored in the Amazon public cloud, you don’t know where it is. I’m not saying that Amazon isn’t secure, I’m just saying you can’t prove it one way or the other.”

— Array Service Group社のシニアシステム・アドミニストレータRoger Lund社は、こう語っている。「問題は、データがどこにあり、誰が見れるかかだ。データがアマゾンのパブリッククラウドの保管されていれば、実際どこにあるのかわからない。アマゾンがセキュアではないと言っているのではない。いずれにせよ、証明できないと言っているのだ。」