インフィニティソリューションズ株式会社ブログ

公正労働協会がアップルの中国工場に見たものは?

Sys-con Mediaのこの記事から。

FLA Reports What It Saw in Apple Plants in China(FLAが中国のアップル工場の監査結果を報告)

— FLAとは、Fair Labor Association(公正労働協会)は、労働環境基準の遂行を監督する第三者機関。

Fair Labor Association

The Fair Labor Association(FLA), which Apple hired to look into working conditions at Foxconn plants in China a few months ago, said late Thursday that it had interviewed 35,000 workers and found no instances of child labor or forced labor.

数ヶ月前に中国のFoxconn工場での労働環境を調査するためにアップルが雇った公正労働協会は、35000人の労働者をインタビューし、子供の労働や強制労働はなかったと木曜日の遅く発表した。

What it did find was people working an unsafe 60 hours or more a week in violation of even China’s labor laws (49 hours) to make “quick money.”

わかったことは、早く金を稼ぐために、中国の労働法(週49時間)に反して一週間に60時間以上と働きすぎていることが判明した。

Foxconn has reportedly pledged to reduce overtime and hire and house tens of thousands more people by July of 2013, which the FLA called “an unprecedented commitment.”

Foxconnは残業時間を減らし、2013年の7月までに数万人の労働者を雇うことを約束したとのことで、FLAはこれを「前例のないコミットメント」と呼んでいる。

Workers weren’t always paid fairly for the overtime and 64% of the workers said the basic wage of a few hundred dollars a month was insufficient although more than the Chinese minimum wage.

労働者は残業に対して必ずしも公正に支払われておらず、労働者の64%は、月額数百ドルの基本給与は、中国の最低賃金よりは多いが十分ではないと主張している。

Foxconn is supposed to raise wages to compensate for the lost hours.

Foxconnは未払い時間分を補填するために賃金を上げるものと見られる。

Foxconn is moving factories inland to be closer to the workers’ home towns and has promised to let workers have more say on health and safety issues. The FLA found “fewer than one in 1,000 employees at three business units making Apple products were managers.” So much for Communism.

The FLA will monitor the situation.

Foxconnは工場を労働者のホームタウンに近い内陸に移転中であり、労働者が健康と安全問題について主張できるようにすると約束している。FLAは、アップル製品を製造している3つの部門では1000人の社員に対してマネージャは1人未満であるとしている。共産主義下ではよくあることだ。

FLAは状況の推移をモニターしていく。