インフィニティソリューションズ株式会社ブログ

クライドコンピューティングの最新トレンド

Rick Blaisdellというクラウドコンピューティングのエキスパート(自称)がクラウドコンピューティングの最新トレンドについて書いているので、見てみることにする。

Rickscloudより

Latest trends of the cloud computing world (クラウドコンピューティングの世界の最新トレンド)

Cloud formation from 40,000 ft.

The personal cloud will replace the personal computer at the centre of users’ digital lives. (ユーザのデジタルライフの中心として、パーソナルクラウドがパーソナルコンピュータに置き換わる)

Earlier this month Gartner published a report, TheNewPCEra:thePersonalCloud, which predicts that by 2014, the personal cloud will replace the personal computer. This study highlights five “mega-trends” that are driving the shift in focus from personal computer to personal cloud. First, in the consumer space, Gartner predicts that cloud services will be on 90 percent of personal consumer devices by year 2015. Thus, consumers can store, connect, stream, and synchronize content across multiple platforms at different locations. Other trends include an increasing number of companies having a hybrid plan to connect private and public clouds, more choices for companies looking to make their way into the cloud, alternatives for sourcing and value shifting in the cloud. In addition, the statement of many analysts and companies as the primary benefit of cloud to be lower costs is changing into considering that the top benefit to be is speed and agility.

今月初め、Gartnerが「新PC時代:パーソナルクラウド」なるレポートを発表した。その中で、2014年までにパーソナルクラウドがパソコンに置き換わると予測している。この研究では、パーソナルコンピュータからパーソナルクラウドへ焦点がシフトする5つの「メガトレンド」に注目している。第一に、消費者分野ではGartnerはクラウドサービスが2015年までにパーソナルな消費者向けデバイスの90%にのっていると予測する。したがって、消費者は、異なる場所になる複数のプラットフォームにまたがってコンテンツを保管し、接続し、ストリーミングし、同期することが可能になる。その他のトレンドには、プライベートクラウドとパブリッククラウドを接続するハイブリッド計画を持つ企業の増加、クラウドへの取り組むを望む企業に対する選択肢の増加、クラウドにおけるソーシングや価値のシフトに対する代替などが含まれる。さらに、クラウドの利点はもっぱら低コストであるという多くのアナリストや企業の主張が、最大の利点はスピードやアジリティを考えにいれるよう変化してきている。

— ハイブリッドが主流になっていくにはもう少し成熟度が上がってくる必要があると思うが、いずれハイブリッドも現実的なオプションになっていくでしょう。

Big Data involves more than just managing volumes of data. (ビッグデータは大容量データを管理するだけではない)

Big data workloads will force many companies to consider alternatives to traditional databases, and cloud deployment models will simplify the rollout. So, large cloud databases will centralize huge amounts of information and analytics will be moved to the cloud too at a faster pace than we expected, but mainly in the private cloud for large enterprises.

ビッグデータの負荷を考えると、多くの企業は従来のデータベースに対する代替を検討せざるを得なくなり、クラウド実装モデルによりシンプルに実現できるようになる。そして、大規模クラウドデータベースにより膨大な量の情報を集め、思いのほか、素早いペースでアナリティクスがクラウドにいこうしていく。ただ、大企業ではプライベートクラウドが主となる。

Executives demand reliable cloud data security. (経営陣は信頼あるクラウドデータのセキュリティを要求する)

As attention to Big Data expands in 2012, so will the concerns about protecting both the security and integrity of this data source. This year I am expecting at least one messy breach of data for which cloud will get the blame. That will spur regulators into action and refresh policies by enforcing two-factor authentication and password generation. I also think that, with the wider adoption and the increasing awareness of cloud, providers will need to focus on security innovations.

2012年にビッグデータへの注目が集まると、データソースのセキュリティと整合性を守る問題が注目されてくる。今年、少なくとも1件のデータ漏洩でクラウドが非難される事態が起こると予想する。これにより、規制の実行に拍車がかかり、2要素認証やパスワード生成の強化により政策が一新されるであろう。私はまた、クラウド採用が広まり、認知度が上がることにより、プロバイダはセキュリティの革新に注力せざるを得なくなると見る。

— セキュリティに工夫を凝らす必要は出てくると思うが、2要素認証はちょっと違うと思う。

The growth of Mobile Cloud. (モバイルクラウドの成長)

The greater number of people operating their social and professional lives via mobile devices and tablet PCs is going to speed up the demand for faster, more user friendly and storage applications.

モバイルデバイスやタブレットPCによりソーシャルや仕事をこなしている人々が増えるにつれ、より速く、よりユーザフレンドリなストレージアプリケーションを早急に求める声が強くなるであろう。

— これまでのところ、ストレージに関しては競合が激しく、それゆえ、ビジネスを継続できないプロバイダも出てきている。スピードや使いやすさもさることながら、安定性と安全性を求める声が強くなるのではないだろうか。

The move to platforms is increasing. (プラットフォームへの移行が増加している)

PaaS (platform-as-a-service) will have further boost in popularity and necessity as it continues to provide companies with scalable data translation and transformation on a cloud platform. The best IT teams will be those that embrace private and public PaaS.

クラウドプラットフォーム上においてスケーラブルなデータ翻訳とデータ変換が企業に提供されていき、PaaSはさらに人気と必要性が高くなる。ベストなITチームはプライベートとパブリックのPaaSを取り込んだところとなる。

— PaaSといっても、オープンかそうでないかで大きく違ってくる。非オープン系だとどうしてもベンダーロックインを避けられないため、企業としては二の足を踏む。だからオープン系が選択肢になるではないだろうか。

There are many other trends related to each type of cloud (public, private and hybrid) that can be discussed. I believe that the most important and certain thing here, is that in 2012, more companies will continue moving their business processes to the cloud, intensifying expectations for cloud data integration and data management as a part of a company’s information infrastructure.

クラウドのタイプ(パブリック、プライベート、ハイブリッド)ごとに関連するトレンドは他にもある。その中でも最も重要で確実なものは、2012年に自社業務プロセスをクラウドに移行する企業が増加しつづけ、企業の情報インフラの一部として、クラウドのデータ統合とデータ管理に対する期待が高まる。