インフィニティソリューションズ株式会社ブログ

RIM社ブラックベリー、苦境を物語る四半期決算。市場鞍替えか?

一時期、米国のビジネスマンに会うと、多くの人が太い指で米粒ほどのキーを打っていたのを思い出す。そう、ブラックベリーだ。ビジネスマン必携のツールという時期もあった。そのブラックベリーを製造販売しているRIMの調子が悪いらしい。Android、iOSに押されて、勢いを失ってきているとは思っていたが。

Androidauthorityの記事から。

RIM announce their financial state, and may step back from the public market (RIMが四半期決算発表。一般市場から撤退か)

Research In Motion

The quarterly earning announcement from Research In Motion has certainly brought some interesting points to attention. The company’s CEO, Thorsten Heins, has told the investors of the company that RIM will no longer make efforts to be “all things to all people”. Instead, the intention is to revert to a business plan which was shelved years ago – build devices for businesses and enterprises.

Research In Motionが発表した四半期決算には注目すべき点がある。同社のCEO、Thorsten Heins氏は投資家に対し、「全てのものを全ての人に」という方針を続けないと語った。代わりに、何年も前に棚上げされたビジネスプランに戻り、ビジネスや企業向けのデバイスを作ろうというものだ。

This proposed and rather extreme alteration to RIM’s existing business plan and marketing angle comes only weeks ahead of BlackBerry OS 10 being released to developers.

RIMの既存ビジネスプランとマーケティングの方向性に対する変更の提案というか、極端な変更は、BlackBerry OS 10の開発者へのリリースに先駆けること数週間の話だ。

Financial details (決算の詳細)

In the last financial quarter (January through March), Research In Motion shipped only 500,000 of their PlayBook devices. Only 11.1 million Blackberry smartphones were sold in the same time period, which is 21% lower than the quarter sales from October-December.

最新の四半期(1月から3月)で、Research In Motion社は、PlayBookデバイスを50万台しか出荷していない。同時期のBlackberryスマートフォン販売は、1110万台にとどまっており、これは10月から12月期の販売からは21%減だ。

— 10月-12月期は販売が増えるのが常であり、その反動で1月-3月期は落ち込むので、21%ダウンはそう悪いとはいえないように思う。そもそも10月-12月期も良くなかったため、そこからさらに落ち込んでいるため、深刻なのであろう。

Altogether, RIM’s quarterly revenue has fallen by 19% on Q4 of last year, to a small $4.2bn (£2.62bn). They have lost $25bn (£15.6bn) of revenue year on year. The Blackberry devices currently hold only 15.2% of the smartphone market and that number is falling, set to pass by Windows Phone 7 which is slowly creeping its way up.

結果、RIM社の四半期売り上げは昨年第4四半期から19%ダウンし、42億ドル。年間で比較すると250億ドルの売り上げ減となっている。Blackberryデバイスは現在スマートフォン市場の15.2%のシェアで、この数字は続落しており、徐々に上昇しているWindows Phone に抜かれる運命だ。

— この下がり方はひどい。

Former co-CEO of RIM, Jim Balsillie has now resigned from the board of directors. However more importantly, the company’s chief operations officer, Jim Rowan, and Chief Technology Officer, David Yach have also announced their plans to leave the company, likely due to its current damaged state.

RIM社の前共同CEO、Jim Balsillie氏は取締役から退任した。しかしもっと重要なことは、同社のCOO、Jim Rowan、およびCTO、David Yachについても、現在のひどい状況からら、同社を去る予定であると発表された。

— やめる理由が問題だが、人材が流出していくのは良くない状況を物語っている。

Overall RIM are in a very desperate and dangerous position. If they don’t release new innovative technology which will redefine their brand, they are likely to continue down a slippery slope of unpopularity, perhaps even going bust. The existing customers of RIM are leaving in droves as smartphone usage statistics show, and with critical executives and team leaders jumping ship, how will RIM come together with anything to sell to anyone?

総括すれば、RIM社は崖っぷちで、危険な状況にある。ブランドを再定義するような新しい革新的な製品をリリースしなければ、不人気という滑りやすい坂を転げ落ちていき、倒産してしまうかもしれない。スマートフォン利用統計が示す通り、RIMの既存顧客は続々と離れていっており、また、重要な役員やチームリーダが船から飛び降り、RIM社はどうやって誰かに売る何かをもたらすのであろうか。

— 一般向け市場でジリ貧状態なのであるから、対象市場を再検討するのは当然。的を絞らざるを得ない。しかし昔成功したから今また成功するとは限らない。今まさにビジネスユーザや企業にフィットする機能やデバイスを提供できるようになるか、そこが問題だ。人材が最も重要な要素になる。果たして人材流出を防げるだろうか。