インフィニティソリューションズ株式会社ブログ

ソニーは何故AmazonからRackspaceに乗り換えたか?

以下はCloudTweaksの記事「What Prompted Sony’s Move from Amazon to Rackspace? (AmazonからRackspaceへの乗換えにソニーを突き動かしのは何か)」からの抜粋。

— 最初に断っておくが、ここで述べられていることは、あくまでCloudTweaksの推測である。ちなみにRackspaceは、Amazonと同様IaaSのプロバイダで、Amazonの第一に競合と見られる企業だ。ことは、各種のゲームを提供しているソニーコンピュータ・エンターテイメント・アメリカが、その負荷の一部をAmazonからRackspaceへ移行することにしたというニュースが始まりだ。

The multi-million-dollar question is WHY. Well, it maybe a simple hedging strategy. In other words, Sony would not want to continue putting all its business “eggs” in the Amazon “basket.” At the same time, it may be that Sony is convinced of the additional advantages of multi-vendor OpenStack vis-à-vis single-vendor AWS.

大きな疑問は「何故」だ。リスク回避戦略かもしれない。言い換えれば、ソニーは全てのビジネスの「卵」をアマゾンの「籠」に入れ続けたくはなかったということだ。同時に、シングルベンダーのAWSに対して、ソニーはマルチベンダーのOpenStackにより利点を見出したのかもしれない。

— OpenStackであれば、何社かのプロバイダを選択肢に加えることができるからだが。

As cloud computing followers will recall, last year in April last year, suffered a devastating cyber attack to its PlayStation network that ended up compromising confidential information of 24.6 million subscribers. While AWS had denied any involvement, a report on Bloomberg cited an anonymous source who claimed that the hackers created a fake AWS account and used the company’s infrastructure to launch the attack on Sony. This may have convinced Sony that AWS may not be as secure as they want. Combined with Amazon’s unsatisfactory response to another widespread outage (See: Reactions to the Amazon Cloud Outage and the Company’s Explanation), it may have been the proverbial straw that broke the camel’s back.
According to an announcement by a PR firm representing Rackspace, the migration AWS to Rackspace’s OpenStack cloud platform was “relatively quick” at approximately six days, and unnoticeable to end users.

クラウドコンピューティングをフォローしている人なら、昨年4月、PlayStationネットワークがサイバーアタックされ、2460万人にユーザの秘密情報が漏洩してしまったことを思い起こすだろう。AWSは一切関与を否定しているが、Bloombergのレポートでは、匿名ソースが明らかにしたところによれば、ハッカーは偽のAWSアカウントをつくり、同社のインフラを使って、ソニーをアタックしたとしている。このことにより、ソニーは、AWSが思ったほどセキュアではないと思ったのかもしれない。広範囲にわたったもうひとつの障害に対するAmazonの不満足な回答(Amazonクラウドの障害に対する反応と同社の説明を参照)とが重なり、「蟻の穴から堤も崩れる」となったのかもしれない。Rackspaceを代表するPR会社の発表によれば、AWSからRackspaceのOpenStackクラウドプラットフォームへの移行は、約6日間と「比較的迅速に」行え、エンドユーザが気づくことはないとのこと。

— “proverbial straw that broke camel’s back”とは直訳すると、「ラクダの背中を痛めた一筋の藁」となる。ちょっとしたことが大事に至るアラビアのことわざらしい。

At the same time, Sony is in no hurry to burn its bridges with Amazon. “Sony Computer Entertainment America utilizes various hosting options, including those from Amazon Web Services and OpenStack, among others, for its game platforms,” said Dan Race, director of corporate communications with SCEA. “The reports claiming that SCEA is discontinuing its relationship with Amazon Web Services are inaccurate.”

同時にソニーはAmazonとの架け橋を急いで壊そうということではない。「ソニー・コンピュータ・エンターテイメント・アメリカは、ゲームプラットフォームとして、Amazon Web Services、OpenStack、その他を含む様々なホスティングオプションを利用している。SCEAがAmazon Web Servicesとの関係を切るという報道は正確ではない」とSCEA社のコーポレート・コミュニケーションのディレクター、Dan Race氏は述べている。

— ちょっとでもRackspaceに移行したかどうかは問題ではない。どこまで移行するのか。つまり、移行の程度が問題なのだ。もっと言えば、Amazon、Rackspace、どちらに主軸を置こうとしているのか。そこが問題だ。