インフィニティソリューションズ株式会社ブログ

RiakCSの登場でクラウドストレージはますますアツい

ReadWriteWebのこの記事が目に付いた。

Cloud Storage Competition Heats Up With RiakCS (RiakCSによりクラウドストレージの競合がヒートアップ

Basho

Add Basho to the companies looking to take a chunk of the cloud storagespace. Today, the company announced RiakCS, a “multi-tenant, distributed, S3-compatible cloud storage platform” that runs on top of theRiak-distributed database. The question isn’t really whether Basho cancut into Amazon’s business, but how much.

クラウドストレージ分野に食い込もうとしている会社のリストにBashoを加えよう。本日、同社はRiakCSを発表。「マルチテナント、分散型、S3互換のクラウドストレージ・プラットフォーム」であり、Riak分散データベース上で動作する。問題はBashがAmazonのビジネスに食い込めるかどうかではない。どこまで食い込めるかだ。

— かなり買っているようだ。それもそのはず、Basho社はAkamai Technologies社の面々が創設した会社なのだ。

— ただしこの記事を読み進めても、そもそもRiakCSが何かはどこにも書かれていないので補足する。RiakCSはクラウドストレージをサービスとして提供することができる、ソフトウェアプラットフォームだ。このソフトウェアとサーバを用意すれば、比較的簡単にクラウドストレージ・サービスを提供開始できるということになる。

RiakCS Versus Amazon S3 (RiakCS対Amazon S3)

Is RiakCS competitive with Amazon S3? I guess that depends on your criteria. The feature-set for RiakCS looks competitive. According to the “Building Your Storage Cloud,” (PDF) white paper from Basho, RiakCS looks like a robust and S3-compatible system.

RiakCSはAmazon S3の競合になる得るか。恐らく判断基準によると思う。RiakCSの機能群は競争力があるように思える。Basho社の「Building Your Storage Cloud」(PDF)ホワイトペーパーによれば、RiakCSは堅牢でかつS3互換のシステムのようだ。

The company is targeting service providers that might want to offer S3-compatible storage or Dropbox-like services, and companies that might want to host their own S3-compatible storage.

同社はS3互換のストレージかDropboxのようなサービスを提供したいサービスプロバイダ、および、独自でS3互換のストレージを立ち上げたい企業をターゲットにしている。

Pricing should be to Basho’s advantage, kind of, for large-scale storage problems. When I asked Basho about its pricing, I was told that prices start at $10,000 per storage server. Assuming a 24TB server, they say, you should be looking at about $0.40 per GB total for the cost of RiakCS alone.

価格はBashoの強みであるべきで、特に大規模ストレージについてだ。Bash社に価格を聞いてみたところ、価格はストレージサーバあたり1万ドルからとのこと。24TBサーバであれば、RiakCSのコストだけで、1GBあたり0.4ドルとなる。

Amazon, on the other hand, starts at $0.093/GB per month for reduced redundancy storage or $0.125/GB per month for regular S3. Amazon’s simple monthly calculatorsays that 24TB of storage will run about $2,718 a month, which means you’d pay off the licensing fees in less than four months.

一方アマゾンは、冗長性を削ったストレージで月額0.094ドル/GBから、標準では月額0.125ドル/GBからだ。アマゾンのSimple Monthly Calculatorでは、24TBのストレージで月額2718ドルになり、4ヶ月でライセンス料の元をとることができる計算になる。

On the other hand, the $0.40/GB cost that is projected by Basho doesn’t take into account any hardware, energy or personnel costs.

一方、Basho社が想定する1GBあたり0.4ドルのコストには、ハードウェア、エネルギーコスト、人件費が含まれていない。

RiakCS isn’t the only game in town, of course. Eucalyptus Walrus provides an S3-compatible storage layer that companies could build on without any costs, though it doesn’t seem to be quite as full-featured as RiakCS – particularly when it comes to the reporting/accounting features for RiakCS.

むろんRiakCSだけではない。Eucalyptus WalrusはS3互換のストレージ層を無償で構築できる。ただし、RiakCSのように機能豊富というわけではなさそうだ。特にRiakCSのレポーティングやアカウンティング機能になればなおさらだ。

— 正確にはRiakCSとS3とは直接競合しない。RiakCSはしょせんソフトウェアにすぎず、S3はサービスだからだ。ただ、ストレージサービスを始めようと考えている、あるいはすでにサービスしているが何か改善を考えている企業が、果たしてS3と競合できるのか、を検討することになる、という意味では、つまり、RiakCSを使ったサービスとS3とは競合しうる。初期投資さえ容易すれば、クラウドストレージ・サービスを始められる、ということだが、それに乗っかってくる企業どの程度でてくるのだろう。