インフィニティソリューションズ株式会社ブログ

40ドル以下で買えるアンドロイド・タブレット

100ドルを切るアンドロイド・タブレットがあるのは知っているが、いかに競合が激しいからといって、40ドルを切るってそりゃないだろう。1ドル80円換算で3200円の計算になるぞ。

Androidauthorityから。

An Android tablet at less than $40? Yes, you read that right (40ドルを切るアンドロイド・タブレット?そう、間違いじゃない。)

Over the years, you’ve probably seen quite a few bargains online or at your local carrier. Remember the great $99 TouchPadfiresale? Well, here is an Android tablet that sells for much less than $100, one that is surprisingly good for its declared purpose.

ここしばらく、オンラインやローカルな通信業者が値引きしている例を見てきたと思う。タッチパッドが99ドルで特売していたことを覚えているだろう。100ドルをはるかに下回る価格で売られているアンドロイド・タブレットがある。それは、その目的からすると驚くほど良く出来ている。

The story will take us to India, a country where hi-tech gadgets are becoming ever so popular, even though hundreds of millions of people have little experience (if any) in using them. That is exactly the problem that the Indian Ministry of Education is trying to tackle. The plan is to introduce Android tablets to schools in rural areas that lack access to modern technology.

インドの話だ。何億人もの人は使ったこともないにもかかわらず、ハイテク・ガジェットに人気が出てきている国だ。それこそがインドの文部省が解決しようとしている問題だ。アンドロイド・タブレットを現代のテクノロジにアクセスできない田舎の学校に導入しようと計画している。

Namely, the Indian government will buy a total of 100,000 tablets at a cost of 2,250 rupees (about $44) each. The tablets will be sold to local schools at the price of 1,100 rupees per tablet, which is about $22. According to a report from Wall Street Journal, some tablets will be reserved for students who wish to buy them, and they will cost around $35. The tablets will also be available at local retail outlets, for all others who are interested, where they will cost around $60.

すなわち、インド政府は、1台2250ルピー(約44ドル)で合計10万台のタブレットを購入する予定。タブレットは1台1100ルピー(約22ドル)で学校に販売される。ウォール・ストリート・ジャーナルのレポートによれば、タブレットの一部は、購入を希望する生徒用にとっていくことになっており、その場合のコストは35ドルとのこと。タブレットはまた、他の人でも希望すれば、ローカルな販売店でも購入でき、その場合の価格は60ドル程度になるという。

— インド政府が強力にプッシュしている政策であることが伺える。でも製造者側もまさか赤字で販売するわけではなかろうから、44ドルの売値でコストをカバーできるのかどうかが疑問だ。その答えは以下にある。

Are the $44 Android Tablets any Good? (44ドルのアンドロイドタブレットは使えるのか)

Aakash (Source: Androidauthority)

Perhaps, by the standards of many of us, the $44 Aakashtablets distributed by the Indian government are nothing special. But when you consider the price and the purpose of the tablets, these slates are definitely impressive.

おそらく、我々の多くの常識から言って、インド政府が配布する44ドルのAakashタブレットには特別なところが何もない。しかし、価格とタブレットの目的を考えてると、こいつはなかなか印象的だ。

By now, you are probably wondering about the specs that these tablets have to offer. Well, we will answer the question for you:

ここまでで、このタブレットのスペックが気になっているところだろう。以下がその答えだ。

  • Processor:Conexant A8, 700MHz
  • RAM:256MB
  • Storage:2GB, but expandable to 32GB
  • Display:7-inch  resistive touch screen with 800×400 resolution
  • Connectivity:Wi-Fi, GPRS modem
  • Battery:Up to 180 minutes (3200 mAh)
  • Operating system:Android 2.3 Gingerbread
  • Other features: 2 USB ports, 3.5mm jack for audio, HD video playback and streaming
  • プロセッサ:Conexant A8、700MHz
  • RAM: 256MB
  • ストレージ:2GB(32GBまで拡張可)
  • ディスプレイ:7インチ圧力感知型タッチスクリーン。解像度800×400
  • 接続:Wi-Fi、GPRSモデム
  • バッテリ:最大180分(3200mAh)
  • OS:Android 2.3 Gingerbread
  • その他の機能:USBポートx2、3.5mmオーディオジャック、HDビデオプレイバック・ストリーミング

これはAakash Ubislate 7+モデルのスペック(UKのDataWireによるもの)だが、廉価版はもうちょっと遅いプロセッサと、より少量のバッテリを搭載する。

Here’s a video of the Aakash tablet in action:

以下のビデオはAakashタブレットが動作している様子を撮ったもの。

Doesn’t look that bad, right? After all, a device designed for educational use doesn’t require fancy graphics or large amounts of memory to serve its purpose! Moreover, students would still be able to keep in touch via social media, play some games, and, enjoy the whole tablet experience. On the downside, the battery is very poor (which may be a problem in areas with rolling blackouts) and the resistive screen leaves room for improvement.

そんなに悪くないだろう?結局のところ、教育用のデバイスなら、上等なグラフィックスや大容量メモリは不要だ。さらに、生徒はソーシャルメディアに触れ、ちょっとゲームで遊び、タブレットの使用を楽しむことができるのだ。マイナス面としては、バッテリの容量が小さすぎ(計画停電がある地域では問題になるかもしれない)、圧力感知型タッチスクリーンは改良を要する。

But is this just a start. We can expect better specs and a beefier battery in future version of the Aakash. And really, can you find anything better out there for such a low price?

しかし、まだ始まったばかりだ。Aakashの今後のバージョンでは、スペックやバッテリ寿命がよくなっていることであろう。マジで、こんな低価格でこれ以上のものは存在しないだろう?

— 弊社の社員で怪しいアンドロイド・タブレットを持っている者がいる。私はそのタブレットをcPadと呼んでいたが、良く考えたら(良く考えなくとも)iOSではないので、cPadは不適切だ。今はチューカロイド(中華ロイド)と呼んでいる。この記事に出ているのはインドロイドだ。確かにちょっと動作はもっちゃりしているし、タッチパッドの反応もイマイチにように見える。だが、40ドルやそこらで買える教育用なら十分だ。驚嘆に値する。