インフィニティソリューションズ株式会社ブログ

NISTのクラウドの定義は何故ダメなのか

GCN(Government Computer News)の記事から。

Why NIST’s cloud definition is fatally flawed (何故NISTのクラウドの定義は決定的な欠陥があるのか)

— これまでクラウドの定義といえば、NISTの定義が用いられることが多かった。公に用いることができる唯一の定義といっても良かった。しかし、クラウドの世界が進化し、NISTの定義もついてこれなくなったのか。

NIST’s definition of cloud computing is incomplete in two significant ways: first, by excluding the notion of big data and second, by limiting itself to three out of an almost infinite number of possible “things as a service.”

NISTのクラウドコンピューティングの定義には2つの意味で不完全である。まず第一に、ビッグデータの注記が除かれていること、第二にほぼ無限に存在しうる「サービスとしての○○」に対して3種類のみに絞っていること。

The NIST Definition of Cloud Computing

Rapid Elasticity?

Big data is a critical cloud business driver that must be part of any serious definition. Although some may feel the characteristic of “rapid elasticity” broadly covers data volume, it is one-dimensional and omits the equally key aspects of variety and velocity.

ビッグデータはクラウドビジネスの重要な推進力で、まともな定義の一部になっていなければならない。「rapid elasticity」の特徴が幅広くデータ量もカバーしていると思う人もいるかもしれないが、それは一次元であり、バラエティに富んでいることとその拡大のスピードという、等しく重要な要素を排除している。
In relation to everything as a service, a recent Network World article titled “(fill-in-the-blank)-as-a-service” demonstrates how vendors have absurdly twisted the “as-a-service” moniker into anything they already do. This fails to differentiate and thereby define what the cloud actually is.

サービスとしての○○に関していえば、ベンダーが既存のものを闇雲に「サービスとしての」というあだ名をつけていることを、「サービスとしての○○(○○に当てはまる文字を入れてください)」と題した最近のNetwork Worldの記事が明らかにしている。このようなものは、実際にクラウドとは何かを区別していないし、したがって定義することも出来ていない。

The NIST definition is distorted because it implies that the three service models — software as a service, platform as a service, and infrastructure as a service — are layered, which is not necessarily true. It also implies the models are of equal importance and scope, which is significantly false.

NISTの定義はゆがんでいる。なぜなら3つのサービスモデル、SaaS、PaaS、IaaSは階層化されているが、これは必ずしも正しくない。また、これらのモデルが等しく重要で等しい範囲という意味を含んでいるが、これもまた全く正しくない。

In isolation from PaaS, SaaS is simply a rebranding of Web apps via an Application Service Provider. Instead, the focus must and should be on developing cloud apps that use cloud services. This is the Apple iCloud model.

PaaSを切り離すと、SaaSは単純にアプリケーションサービスプロバイダによるウェブアプリのブランド変えだ。その代わりに、クラウドサービスを使ったクラウドアプリの開発に注目する必要があり、また奏すべきだ。それがアップルのiCloudモデルだ。

And IaaS is just server virtualization. This is great for data-center efficiency but offers none of the key cloud benefits, including scalability, metering and big data. Virtualizing what you currently do, while it might be good business, does not deliver any meaningful cloud capabilities.

またIaaSは単なるサーバの仮想化だ。データセンターの効率化にはすばらしいことなのだが、スケーラビリティ、メータリング、ビッグデータを含むクラウドの重要な利点を何も提供しない。今自社にあるものを仮想化するのは、いいビジネスかもしれないが、何ら意味あるクラウド機能をもたらさない。

— パブリックとプライベートを同じ土俵で論じているところに無理があるように思う。

New type of OS

A cloud is not about virtualizing a single operating system. It is about a new type of OS that can span any number of machines. That is the magic of the cloud. Google rewrote a file system to allow its index of Web pages to span across any number of cheap Linux-based machines and thus spawned the notion of the cloud. That concept of a multi-machine approach must be the heart of any true definition of cloud computing.

クラウドは単一OSの仮想化のことではない。何台ものマシンにもまたぐことができる新しいタイプのOSのことだ。それがクラウドのマジックなのだ。Googleは何台もの安いLinuxベースのマシンに渡りウェブページのインデックスを作れるようにファイルシステムを書き換えた。だから、クラウドの概念を生み出した。マルチマシンを使う方法のコンセプトは本当のクラウドコンピューティングの定義の真髄でなければならない。

The NIST definition is short-sighted because it merely describes the current state of IT affairs through some empirical observations and fails to account for how the cloud is evolving. PaaS is in extreme flux; SaaS is irrelevant (in cloud terms) without PaaS; and IaaS is actually unrelated to true, multi-machine cloud capabilities.

NISTの定義は、近視眼的である。なぜなら、経験的観測を通したIT事象の現状を単に表しているだけであり、いかにクラウドが出現しつつあるかを考慮していない。PaaSは非常に流動的だ。SaaSはPaaSなしではクラウド的には無関係。IaaSは、本来のマルチマシンを使うクラウド機能とは実際問題関係がない。

What are the ramifications of all of this? NIST has been forced between a rock and a hard place by the “Cloud First” policy to take a stand on a set of technologies that is still emerging. In the end, that will cause the government to spend double or triple what it should by rushing into unfinished technology.

これら全ての 問題は何か?NISTはまだ発展途上のテクノロジのセットでもって、「クラウドありき」の方針をとることにより板ばさみになっている。最終的に政府は不完全な技術に先走ることにより、2倍、3倍の費用をかけてしまうことになる。

Consider a recent InformationWeek article that proclaimed “Cloud computing is still in its adolescence.” Add to that the fact that Apple’s iCloud is a major new entry in this space with its own ideas on the cloud.  So, let me again caution government IT managers: Until you know how to define the cloud, don’t migrate to it.

「クラウドコンピューティングはいまだ思春期」と主張するInformationWeekの最近の記事を考えてほしい。加えて、アップルのiCloudこそがクラウドに対する独自のアイデアをもってこのスペースに進出してきたものだ。

— 筆者の最後のコメントは、政府のIT担当マネージャに向けたもので、クラウドを定義する方法を知らなければ、クラウドへ移行するな、というものだった。「クラウド」なるものを定義する必要はないと思うが、定義できるほどわかっていればいいが、わかっていないければ、移行など考えるな、というアドバイスであると理解したい。