インフィニティソリューションズ株式会社ブログ

マイクロソフトのDynamicsクラウド戦略、良い点、ダメな点

InformationweekのExecutive EditorであるDoug Henschen氏の以下の記事をみてみよう。

6 Pros And 3 Cons Of Microsoft’s Cloud Strategy (マイクロソフトのクラウド戦略の良い点6つ、ダメな点3つ)

原文ではマイクロソフトのクラウド戦略というタイトルになっているが、本文はほとんどDynamicsについてのみ書いている。他の製品にも当てはまる点は多々あるかもしれないが、正確を期するため、本稿のタイトルにはDynamicsの文字を追加している。

Fog

Pro – Dynamics apps look like and tightly integrate with Office and SharePoint.

良い点- DymanicsアプリはOfficeとSharePointのように見え、またがっちり統合されていること。

“We had to look at the way our people work, and what we like about Dynamics is the familiar user interface,” says Bill Schlageter, CIO at Denstply, a $2.5 billion global dental supplies manufacturer and distributor. Dentsply is using Dynamics CRM Online, and Schlageter says the firm will move from Dynamics AX on premises to the online service as soon as it’s available.

「みんながどう仕事しているかを見なければならず、Dynamicsが気に入っているのは、慣れ親しんだユーザインタフェースであることだ。」と25億ドル(約2000億円)の規模をもつグローバルなデンタル用サプライの製造および販売を行っているDenstplyのCIO、Bill Schlageter氏は語っている。DentsplyはDynamics CRM Onlineを利用しており、同氏によれば、オンラインサービスが利用できるなればすぐに、社内システムのDynamics AXから移行する予定とのこと。

— 慣れ親しんだインタフェースの方が良いのは当然。今までと違うインタフェースを持つソフトウェアを導入すれば、その教育が大変だし。

Pro – Microsoft’s cloud apps are the same as the on-premises apps.

良い点- マイクロソフトのクラウドアプリはオンプレミスのアプリと同じであること。

Microsoft already takes this approach with Dynamics CRM, and it’s promising to do the same with NAV, GP and AX. That’s reassuring when you’re making a 10- to 20-year commitment to run your company on a particular ERP system, since you know you can go cloud without changing your applications or supported business processes. Or, if you don’t like the cloud performance or pricing, you can take it back in-house.

マイクロソフトはDyammics CRMでこの方法を採用しており、NAV、GP、AXでも同様であることは間違いない。アプリケーションや業務プロセスの変更なしにクラウドへいこうできることがわかっているのだがら、10年から20年、特定のERPシステムで経営していこうというなら、心強いことだ。あるいは、性能や価格でクラウドをあきらめるなら、社内システム上に戻すこともたやすい。

Pro – Microsoft supports hybrid deployment scenarios.

良い点- マイクロソフトはハイブリッド型シナリオをサポートしていること。

it is promising to let companies split workloads running on the same ERP application among on-premises (think finance), private-cloud (think remote factory) and public-cloud (think supply chain) deployments. Microsoft claims to make it easy, too, by letting you manage assets and capabilities across all three environments using Systems Center and manage users across all three environments with single-sign-on and federated identity access control with Active Directory.

同じERPアプリケーションを、オンプレミス(ファイナンス)、プライベートクラウド(遠隔地の工場)、パブリッククラウド(サプライチェーン)のように負荷を分割して動作できるようにすることを約束している。マイクロソフトはまた、それをたやすくできるようにするとしている。Systems Centerを使い、3つ全ての環境にわたって資産や機能を管理できるようにしたり、3つ全ての環境にわたってActive Directoryによって、シングルサインオンや一元化IDアクセスコントロールを管理できるようにするなどだ。

— 本当に簡単にできるようになるかどうかが問題だが。

Pro – Microsoft vows it will support rival platforms and mobile products.

良い点- マイクロソフトはライバルのプラットフォームやモバイル製品をサポートするとしていること。

Microsoft COO Kevin Turner sent this message loud and clear during the opening keynote at Convergence. He still clung to the “we’ll work first and best on Microsoft products” message, “but we’ll also work on the other guys’ platforms,” he said.

There’s evidence this is no empty promise. In February, Microsoft announced it will release a battery of new mobile options for Dynamics CRM, including support for Android devices and Apple iPhone and iPad.

マイクロソフトCOO、Kevin Turner氏はConvergenceの基調講演で、声高かつクリアにメッセージを発した。 「まず精一杯マイクロソフト製品に力を注ぐ」というメッセージには固執したが、「しかしまた他社のプラットフォームにも対応する」としている。

これが空約束でない証拠がある。2月にマイクロソフトはDynamics CRMの新しいモバイルオプション群を発表し、そこにはアンドロイド端末や、アップルのiPhone、iPadも含まれていたのだ。

— だってまだWindows 8が出ていないしね。Windows 8がそこそこ行けば、元の木阿弥にならないのかな。

Pro – Microsoft has picked up the pace on app development.

良い点- マイクロソフトのアプリ開発ペースが上がったこと。

Tatarinov, Microsoft Business Solutions president, made a very public point of saying that his group is delivering on its promise to pick up the pace of development. True, though a gap remains between the pace of change for on-premises versus cloud apps. The ERP apps that are still only on-premises (AX and SL) get annual upgrades and major new versions every three years. Dynamics CRM switched to spring and fall updates once the online version became available, and NAV and GP will presumably go onto the same schedule once available as services on Azure later this year.

マイクロソフト・ビジネス・ソリューションのプレジデント、Tatarinov氏は、公に、同士のグループは開発スピードを上げることを約束している。そのとおりだが、オンプレミスの変更スピードとクラウドアプリのそれとの差は依然として存在する。オンプレミス(AXおよびSL)だけのERPアプリは年単位のアップデートで、メジャーなバージョンアップは3年単位だ。Dynamics CRMはオンライン版が出れば、春と秋のアップグレードに変更になり、NAVとGPは今年後半にAzure上のサービスとして利用可能になれば、おそらく同じスケジュールになると思われる。

— 現行バージョンで動作していたものが、アップデート後も何事もなく動作するので、何も気にすることはない、とは言い切れない。その前提でどこまでスムーズにアップデートを繰り返えせるかがポイントだ。

Pro – Microsoft is a blue chip.

良い点- マイクロソフトは優良株であること。

Dynamics apps are where they are today because they’re under Microsoft’s wing. The company’s deep pockets and supporting infrastructure offerings–Windows Server, Microsoft SQL Server, .Net, etc.–count for a lot with customers.

Dynamicsアプリはマイクロソフトの傘下にあるがゆえに今日があるのだ。同社の豊富な資金、サポートするインフラ、Windowsサーバ、Microsoft SQLサーバ、.NETなどを多くの顧客が当てにしている。

“We chose Dynamics in large part because we didn’t want to be tied to a company that would evaporate five years from now,” says Malcolm McAuley, a systems manager at Big Brothers and Big Sisters of Canada. Big Brothers and Big Sisters is using Dynamics CRM Online, and it has 800 users across 123 affiliated agency offices.

「Dynamicsを選んだ大きな理由は、我々は今から5年で消えてなくなるような会社と組みたくなかったことだ」とカナダのBig Brothers and Big Sisters社のシステムエンジニア、Malcolm McAuley氏は述べている。Big Brothers and Big Sisters社はDynamics CRM Onlineを利用しており、123のエージェンシーオフィスにいる800人のユーザがいる。

— まあ、そう考えて選択する人もいるでしょう。

— ここまでマイクロソフト賛歌みたいであったが、次は…

Con – That “first and best on Microsoft” caveat raises doubts.

ダメな点- 「精一杯マイクロソフト製品で」という注記が疑いを呼ぶこと。

The post-PC era has put huge pressure on Microsoft to catch up in the tablet and smartphone markets, so it’s a concern that Microsoft will reserve the best experience for products with miniscule market share. Or perhaps Microsoft will make its own mobile apps available well ahead of those of rivals. One bad, early sign: Dynamics GP 2013 Online will rely on a Microsoft Silverlight-based Web client that won’t work on iPhones or iPads.

ポストPC時代はマイクロソフトに、タブレットやスマートフォン市場に追いつくべく大きなプレッシャーを与えており、マイクロソフトが非常に小さいマーケットシェアで製品にベストなノウハウを持ちえるのかが問題だ。あるいはひょっとするとマイクロソフトはライバルに先駆けて自身のモバイルアプリを作るかもしれない。良くない初期に印の1つはこれだ。Dynamics GP 2013 Onlineは、iPhoneやiPadで動作しないマイクロソフトのSilverlightベースのウェブクライアントに依存している。

— これは当然の疑問だ。

Con – Microsoft’s long-term roadmap isn’t terribly visible.

ダメな点- マイクロソフトの長期ロードマップが全く見えないこと。

Microsoft lets its general intentions be known, but the details go only about six to eight months out. It announced that the next (R2) upgrade of AX will arrive by the end of this year. We’re told the next major release will go cloud, but we don’t know when that will be. If past release cycles hold it would be 2014, which is an eternity in the cloud era. We asked about Dynamics SL ERP cloud plans, and Tatarinov would not definitively say whether SL will move into the cloud.

マイクロソフトは、大まかな意図は明らかにしているが、詳細は6ヶ月から8ヶ月先までだ。AXの次期アップグレード(R2)は、今年末に出す予定だ。次のメジャーなリリースはクラウドに移行すると聞かされているが、それがいつかは知らない。過去のリリースサイクルでいけば2014年で、クラウド時代では遥かに先だ。Dynamics SL ERPのクラウド計画について聞いたが、Tatarinov氏はSLがクラウド化するかどうかを明らかにしなかった。

— だけども、これほど移り変わりが激しい「クラウド時代」で、そもそも長期ロードマップなんて意味があるのかな。

Con – Microsoft is not the innovator.

ダメな点- マイクロソフトはイノベーターではないこと。

Microsoft continues to live up to its reputation of being a follower rather than a leader on key innovations. It will be among the last ERP vendors to move into the public cloud and to deliver the kinds of mobile experiences that customers expect. Dynamics CRM was late in adding social elements last year, and it will not gain sentiment-analysis and social-network monitoring capabilities to support customer service and brand reputation management until late this year.

マイクロソフトはキーとなるイノベーションのリーダーというよりはフォロワーとひsて評判をとり続けていく。ERPベンダーの中では、パブリッククラウド移行や顧客が望むモバイル関連の提供も最後発だ。Dynamics CRMではやっと昨年ソーシャル要素を追加したが、今年後半にならないと、カスタマーサービスやブランドの評判を管理するためのセンチメント分析やソーシャルネットワーキング・モニターの機能は提供されない。

— イノベーターではない、どころではなく、全くもって後塵を拝している状態。

— 保守派にはいいが、革新派には違うオプションを考えた方がいい、ということかな。