インフィニティソリューションズ株式会社ブログ

モバイルデバイスの入力:面白い新技術2種

iPhoneもiPadもいいのだけれど、そこそこ長い文章を打つとなると、途中で嫌になってくる。やっぱりバーチャルでなく本物のキーボードの方がいいなと思ってしまう。モバイルデバイスでの入力はまだまだ発展途上なのだ。

そんな中、InformationweekがMobile World Congressで見つけた面白い新技術を紹介している。

Mobile Device Input: 2 Intriguing New Technologies(モバイルデバイスの入力:面白い技術2種)

Immersion

First, Immersion was demonstrating new concepts in haptics. It calls one such concept HD haptics, which is probably best described as a more-responsive, more-precise tactile performance. It uses what are known as piezo actuators, which give it a broader frequency response. (The actuators are made by Senco, which is a division of Samsung.)

まず最初は、Immersion社がハプティクス(触覚を応用した技術のこと)の新しいコンセプトをデモンストレーションしていた。HDハプティクスと呼ぶもので、より反応がよく、より正確な触覚性能を持つものという表現が最もあっている。ピエゾアクチュエータ(圧電効果)と呼ばれるものを使用し、幅広い周波数応答をもつものだ(アクチュエータはサムソンの一部門であるSencoが製造するもの)。

Immersion (Source:Informatinweek)

Immersion called another, related, concept dynamic haptics, which change in real time in response to movements. In the demonstration, there was a cowbell on the phone’s display, and when I shook the cowbell–well, I can’t say that I have much experience in cowbell shaking, but it felt just like that’s what I was doing.

Immersion社にはもうひとつの、関連するダイナミック・ハプティクスのコンセプトがあり、これは動きに対するリアルタイム応答を変えるものだ。デモンストレーションでは、フォンの画面上に鈴(すず:カウベル)があり、鈴をふる経験が豊富にあるとはいえないが、鈴をふると、ふった感覚が得られた。

But these demonstrations–from the cowbell, to shaking maracas, to circling the rim of a wine glass–were really there to showcase the capabilities of Immersion’s technology. The idea is that device manufacturers will license the technology–Immersion counts LG, Nokia and Samsung among its licensees, and Pantech is actually using HD haptics now–and developers will use it in applications.

鈴やマラカスをふったり、ワイングラスのふちをなぞるデモンストレーションは、Immersion社の技術の可能性を示すものであった。この狙いは、デバイス製造会社がこの技術をライセンスすることだ。Immersion社はLG、Nokia、サムソンがライセンスすると考えており、パンテック社は実際にHDハプティクスを使っている。開発者はハプティクスをアプリケーションで使うのだ。

Outside of the fun little tricks, Immersion showed some practical examples. For instance, imagine scrolling through your Facebook photos that people have commented on and finding, via “feel,” the ones that have received the highest number of comments. It actually felt heavier in those spots. The same can be done with email. Immersion showed how you can configure e-mail so that your boss’ e-mail gives you a bit of a taser-like buzz when you’re scrolling through your inbox. Immersion calls this “ambient awareness” and is attempting to create ways to communicate clues in the background. Their theory is that developers will be able to simplify user interfaces so that not as much information clutters up the app screen.

遊びのもののほかに、Immersion社は実用的な例も示していた。たとえば、Facebook上で、みんなが気づいたことをコメントした写真を見ながら、どれにコメントが一番多かったかを「感じる」といのは想像してみてください。実際やってみると、その箇所はやや重いと感じた。同様のことをメールでも行える。Immersion社は、メールを設定し、メールの受信箱を見ている時に、上司からのメールであればちょっとビリビリっとくるようなものを見せてくれた。Immersion社は、これを「なんとなく感じること」とよび、背後にあるものをコミュニケートする方法がないか試しているところだ。この理論によれば、開発者はユーザインタフェースがシンプルになり、多くの情報をアプリの画面にちりばめなくてもよくなる。

Inpris

Inpris was demonstrating something entirely different, which it calls UpSense. The tagline: “It’s The Write Future.” This is really for tablets, and the idea is based on using gestures to create letters and numbers instead of using a keyboard. It reminded me a little bit of Palm Pilot’s Graffiti, and although the company’s CEO, Nissan Yaron, was fairly adept at using the gestures, I couldn’t seem to get the hang of it. Like Graffiti, it probably just takes getting used to. However, I couldn’t help but notice that when I challenged Yaron with a sentence of my own, it took him a while to gesture it in.

Inprisは、全く別物をデモンストレーションしていた。それはUpSenseと呼ぶもの。タグラインは:「未来の書き方」。まさにタブレット用で、アイデアとしては、キーボードを使わず、ジェスチャーで文字や数字を識別するもの。パームパイロットのGraffitiを思い出させる。同社のCEOであるNissan Yaron氏はジェスチャーを使うのに熟達していたが、私はうまくいかなかった。Graffitiと同様、慣れの問題かもしれない。しかし、私が指示した文をYaron氏に入力してもらった際、Yaron氏も少々時間がかかった。

Yoran says that UpSense will be used “for gaming, music, general control of PCs and mobiles and much more.” So maybe there’s promise for other gestures, but I’m not really sold on this technology as a keyboard replacement. You can watch it in action (and my own fumbling) in the video below.

Yaron氏いわく、UpSenseは「ゲーム、音楽、PCやモバイルの全般的コントロールその他に」使えるとこのこと。他のジェスチャーものならうまくいくのかもしれないが、キーボードの代わりとして、私はこの技術を買うことができない。ビデオでその動きを確認ください。

— Immersionもキーボードの代わりにはならないかもしれないが、キーボードでは表現できない、もっと違った情報を共有するための入力としての使い道があるのかもしれない。

— UpSenseのビデオを見たが、申し訳ないが、すぐにこれは駄目だと思った。キーボード配列と、キーを押すという行為の代替として考えられたのであろうが、キーボードよりはるかに優れた感じがしないので、じゃあキーボードでいいではないか、と思ってしまう。残念。でも人によって見方は違うかもしれないので、ぜひビデオで確認ください。(といっても、ビデオを見れば同様の感想を持つことになるとは思うが)