インフィニティソリューションズ株式会社ブログ

インテル、クラウド向けハイエンドCPU発表

MercuryNew.comから。

Intel launches high-end chip meant for cloud computing(インテルがクラウドコンピューティング向けのハイエンドCPUを発表)

MercuryNews.com

 

Intel (INTC) formally launched its newest high-end “Xeon” server chip on Tuesday, seeking to capitalize on an explosion of Internet traffic sparked by Web-based cloud computing, social networking and expanding use of smartphones and tablet computers.

The Santa Clara company’s Xeon E5-2600 family of processors delivers up to 80 percent better performance than previous platforms, while consuming less energy, Diane Bryant, in charge of Intel’s data center business, told reporters.

インテル(INTC)は、ウェブベースのクラウドコンピューティング、ソーシャルネットワーキング、スマートフォンやタブレットの利用拡大による、インターネット・トラフィックの爆発的増加に乗っかるべく、火曜日、正式に新しいハイエンド「Xeon」サーバCPUを発表した。

インテルのデータセンタービジネス担当のDiane Bryant氏がレポータに語ったところによると、同社のXeon E5-2600ファミリは前世代のプラットフォームよりも80%高い性能を持つ一方、エネルギー消費が少ないとのこと。

It is designed to support the servers and workstations that handle what Intel estimates will be 33 percent annual growth of data traffic through to 2015.

2015年までにデータトラフィックが年間33%増加するとインテルは予想しており、このCPUはそれに対応するサーバ、ワークステーションをサポートするようデザインされたもの。

While Intel lags Qualcomm and Samsung Electronics in selling processors for smartphones and tablets, Intel executives have pointed to their server business as key to capitalizing on fast growth in the mobile market.

インテルはスマートフォンやタブレット向けプロセッサの販売において、クアルコムやサムソン電子の後塵を拝しているが、インテルの役員らは、サーバビジネスがモバイル市場の急成長にのるための鍵だと指摘している。

The popularity of smartphones and other mobile gadgets has increased the need for massive computer centers that store data and feed email, videos and other information to those devices.

スマートフォンやその他のモバイルガジェットが人気になり、データを蓄積し、メール、ビデオその他の情報を処理するための膨大なコンピュータセンターに対するニーズが増加しているのだ。

— クライアント側のチップにターゲットを絞ると、数は出るが、コストプレッシャーも厳しく、儲けが薄くなる。サーバ側に注力すれば、クライアント側ほど数は出ないが、儲けは大きくなる。だからサーバビジネスだ、ということでしょうかね。