インフィニティソリューションズ株式会社ブログ

Niciraはネットワークの革命児になりえるか

ニュースリーダーを見ていたところ、気になるタイトルを発見。

Cloudtweaks

Is Nicira a Game-changer? Maybe. Harbinger? Definitely. (Niciraはゲームチェンジャーになりえるか。恐らく。先駆者になる?間違いなく

While Nicira’s Network Virtualization Platform (NVP) has been out since February 9th, little more has been said about it’s game-changing properties, especially where it involves Cloud Computing. Networking has always been the hardware bottleneck that no one has actually overcome in Cloud Computing, but according to Nicira this is no longer an issue. However, rather than be the giant-killing game-changer, I can’t help but feel that it is more of a harbinger of things to come than the next up-and-coming giant.

Niciraのネットワーク仮想化プラットフォーム(NVP)は2月9日から世に出ているが、、特にクラウドコンピューティングが絡む場合の、そのゲームを変えてしまう属性についてほとんど語られていない。ネットワーキングは、クラウドコンピューティングでは実際誰も克服できていない、ハードウェアのボトルネックだ。しかし、Niciraによれば、これはもはや問題ではない。しかしながら、巨人を倒すゲームチェンジャーというよりは、むしろ次に現れる巨人になる先駆者的なものではないかと感じざるを得ない。

Nicira

At little more than 10 or so days from its last announcement, Nicira is not so surprisingly quiet. Their blog and news releases are silent, perhaps while they focus on existing customers such as AT&T, Rackspace, NTT, Fidelity Investments and eBay. Industry skeptics are many with Jon Oltsik from the research firm Enterprise Strategy Group comparing the man-years of an IP-based backbone against Nicira’s relatively young software-based backbone. According to others, Nicira’s NVP only focuses on Layer 2 and 3 of the numerous network layers in an enterprise network. Also bear in mind that there are quite a lot of major players, such as Cisco also plying their trade in the same Layer 2 and 3.

発表から10日程度経った後、Niciraはそんなにおどろくほど静かではなかった。AT&T、Rackspace、NTT、Fidelity Investment、eBayなどの既存の顧客にフォーカスしていたが、同社のブログやニュースリリースは静かだ。何年ものにわたって構築されたIPベースのバックボーンと、Niciraのように比較的若い会社のソフトウェアベースのバックボーンとを比較し、調査会社Enterprise Strategy GroupのJon Oltsik他、多くの業界人が懐疑的だ。sの他の人によれば、NiciraのNVPは、エンタープライズネットワークの数あるネットワークレイヤーのうち、レベル2とレベル3のレイヤーのみにフォーカスしている。またCiscoがレベル2とレベル3で商売しているCiscoのようにメジャーなプレーヤが数多くいる点も心に留めておかねばならない。

I have to agree with Nicira that there is more than enough room for everybody to take a piece of the pie, but I still feel that they are more of a harbinger than game-changer. While it makes the network less complex, the network is intentionally complex for some reasons, including security such as intrusion detection and preventions along with firewalls and load balancing. Simplifying this complexity will require that something else be in place to counter what has been an ongoing problem even for standard IP-based backbones.

誰もがパイの一切れを取れるだけの十分な余地以上のものがあるという点はNicriaに同意せざるを得ない。しかし、やはりゲームチェンジャーというよりは先駆者だと思う。ネットワークを単純にしようとするものだが、ネットワークとは、ファイヤーウォールやロードバランサーに、侵入検知や侵入防止があるなどの理由から、意図的に複合的なのだ。この複雑なものを単純にするには、標準のIPベースのバックボーンでの問題に対処する何かが必要なのだ。

The other issue raised by many other opponents is the fact that adoption is going to be slow, and this is not just because people do not know about it but because it will catch many organizations unawares or unable to move themselves in time to capitalize on Nicira’s IP-connectivity only requirement. In addition, the next couple of months some other startup or service may soon emerge, offering the same services in a better and more secure package. To maintain their current lead in the market as being the only major player around, Nicira should maintain their forward momentum by coming out with more features in the coming weeks. Then there is the other factor of actual hardware. While Nicira’s NVP may act unrelated to the actual hardware, Nicira’s own presentation clearly shows that network hardware is still being used and there is still no information on where this hardware actually is.

競合他社が上げているその他の問題は、採用はゆっくりとしか進まず、それは人々が知らないからではなく、NiciraのIP接続ソリューションを金に換えていこうとするには、多くの企業はタイムリーに移行できないからだ。加えて、今後数ヶ月、同様のサービスが、より優れた、よりセキュリティを高めた形で、他のスタートアップ企業やサービスから、現れてくるかもしれない。メジャーなプレーヤしかいない中、市場をリードしている地位を維持するためには、Niciraは今後数週間でさらに機能を増やすべく、前向きな姿勢を維持しなければならない。また他にも現実のハードウェアの要素がある。Nicira自身のプレゼンで明らかにしている通り、ネットワークハードウェアを利用しており、このハードウェアが実際に何処であるかの情報がないことだ。

— 国内でも東京エレクトロンデバイスや日商エレクトロニクスが販売していくらしい。いい技術だとしても、導入がそう簡単に進まないのはよくあること。そこを如何に打破していくのか。見ものだ。