インフィニティソリューションズ株式会社ブログ

スタートアップ企業にみるストレージシステムの3つのトレンド

Informationweekの「ストレージのスタートアップ企業に注目すべき理由」の第二弾。今回はスタートアップ企業にみるストレージシステムの3つのトレンドを取り上げている。

3 Top Trends In Storage Startups (ストレージのスタートアップ企業にみる3つのトレンド)

Flash (フラッシュ)

About 70% of the storage startups we are talking to are doing something with flash. It is such an active category that we may have to subdivide it further. The first group is companies developing new form factors of solid-state drives (SSD). Others are going into DIMM slots, as we covered in our article “SSD DIMM—An Alternative to PCIe SSD,” and others are new entrants into the PCIe SSD market. There are also a bunch of software vendors developing server-side cache solutions to make it easier to take advantage of flash devices installed in servers. This category deserves a broader look, which we’ll do in our next article.

我々が話しているストレージのスタートアップ企業の約70%は、フラッシュの何かを行っている。非常に活発なカテゴリであるため、さらに再分割しなければならない。最初のグループは、ソリッド・ステート・デバイスの新しいフォームファクタを開発している企業。その他のグループはすでに「SSD DIMM – PCIe SSDの代替」で取り上げたDIMMスロットに向かっている企業や、PCIe SSD市場に新しく参入する企業。その他にもサーバにインストールされたフラッシュデバイスの活用を容易にするためのサーバサイド・ソリューションを開発しているソフトウェアベンダが数多くある。このカテゴリは幅広く見る価値があるため、次回の記事でカバーする。

— SSDといえば、1990年台のクレイのスーパーコンピュータにSSDというオプションがありました。基本的な考え方は今と何ら変わってなかった。ついでにいえば、MS-DOS時代のRAM Diskも似たような考え方ですね。

Storage Systems (ストレージシステム)

Storage systems could almost be a subcategory of flash today, at least in terms of startups. Almost every storage system vendor we have spoken to over the last year has in some way integrated flash into its storage system. There are vendors that use flash as a cache, use flash as a tier, and even offer flash-only storage systems. While there is a universal agreement that flash should play a starring role in storage systems going forward, there is universal disagreement on which approach makes the most sense. As always, which method makes the most sense for you depends on your environment, storage system refresh schedule, and—of course—budget.

ストレージシステムは今日、ほとんどフラッシュのサブカテゴリともいえる。少なくともスターアップ企業に関していればそうだ。去年我々が話したストレージシステムベンダのほとんど全ては、何らかの方法でフラッシュをストレージシステムに統合している。フラッシュをキャッシュとして使用、フラッシュを1つの階層として使用、フラッシュのみのストレージシステムを提供する企業すらある。フラッシュが今後ストレージシステムで重要な役割を担うであろうことについては一般的に合意が得られているが、どのアプローチが最もいいのかについては意見が一致していない。常にそうであるように、どの方法が一番いいのかは、自身の環境、ストレージシステムのリフレッシュスケジュール、そしてもちろん予算、に依存する。

New storage systems are not only about flash though, as we discussed in a recent video. Storage systems from startups are also among the first to bring technologies like deduplication and compression to the primary storage space. This is a trend we expect to accelerate, especially in the aforementioned flash-enhanced storage systems.

我々が最近のビデオで議論した通り、新しいストレージシステムはフラッシュだけではない。スタートアップ企業のストレージシステムは、プライマリのストレージスペースに対するデデュプリケーションや圧縮など、新しい技術を利用したものでもある。このトレンドは、先に述べたフラッシュで強化したストレージシステムでは特に、加速されていくものと思われる。

We are also seeing an increase of converged devices that combine compute and storage on a single platform to simplify the implementation of desktop and virtual server infrastructures. These systems combine the best of scale-out storage with compute, and of course flash to deliver high performance and rapid implementation.

また、デスクトップと仮想サーバインフラの実装をシンプルにするための計算能力とストレージを組み合わせて単一プラットフォームにした融合機器が増えてくるものと見ている。これらのシステムはスケールアウトのストレージと計算能力、そしてもちろんフラッシュを組み合わせ、高性能と迅速な実装を可能とするものだ。

Cloud Storage (クラウドストレージ)

Let’s not forget cloud storage. There are two subcategories of cloud storage we see a lot of activity in. The first is what we call cloud infrastructures. These are highly scalable storage systems designed for organizations looking to roll out their own private cloud storage server, or service providers looking to offer the service to a subscriber base. This type of cloud storage is getting its own report.

クラウドストレージも忘れてはならない。活発なクラウドストレージは2つのサブカテゴリに別れる。1つは我々がクラウドインフラと呼ぶもの。これらは自社のプライベートクラウドストレージサーバを拡大しようとする企業向けに設計された高度にスケーラブルなストレージシステムか、サブスクリプションベースでサービスを提供しようとするサービスプロバイダだ。クラウドストレージのこのタイプについてはレポートもある。

We are also seeing activity in cloud storage onramp creators. These are backup, archive, and even primary storage systems that allow for seamless data movement to and from the cloud. It is interesting to note we have seen a slowing down of new companies in this space, with the exception of companies trying to become the enterprise version of Dropbox.

クラウドストレージのオンランプ・クリエータ分野も活発だ。これはクラウドとの間でシームレスんいデータが行き来できるバックアップ、アーカイブシステムで、プライマリなストレージシステムともなりえるもの。エンタープライズ版のDropboxを出そうとする企業を除き、この分野では新規参入は鈍化しているのは興味深い。

— 次回はフラッシュに特化した記事になるそうで。