インフィニティソリューションズ株式会社ブログ

クラウド上のデータを暗号化するPorticor

クラウド上にデータがあると盗み見されないかと心配する人もいるようです。そんな人にはこんなものが。
“Startup debuts with encryption for cloud computing.”
from InfoWorld

Israel-based startup Porticor launches this week with technology aimed at giving enterprises a way to encrypt data held in cloud computing services, including those from Amazon and Rackspace.
イスラエルのスタートアップ企業Porticor社は、Amazon、Rackspaceなどのクラウドサービス上のデータを暗号化することを目的とした技術の提供を開始した。

What Porticor is doing that’s distinct is relying on a so-called “split-key” method in which the service to encrypt and decrypt doesn’t work unless both pieces of the key are together.
Porticorがやっておることは、いわゆる鍵分散と呼ばれるもので、双方の鍵がないと暗号化、復号化ができない手法だ。
The enterprise customer holds what Porticor calls the “master key,” and the idea is to foster trust by putting the customer in complete control. “We don’t have the customer master key,” says Parann-Nissany. In fact, the service provider doesn’t even see the master key in the encryption method that’s applied.
顧客はPorticorが「マスターキー」と呼ぶものを持つ。顧客が完全にコントロールできるようにすることにより、信頼を高めようということだ。「我々は顧客の「マスターキー」を持たない」とParann-Nissany氏はいう。事実、サービスプロバイダーは、暗号化を適用するにあたって、マスターキーを見ないのだ。

The standard encryption offered is AES 256 or Blowfish, with a maximum key length of 2048 bits. Porticor is operating a Virtual Key Management Service, with pricing ranging from $27.50 per month to about $411 based on volume. 
標準の暗号化方法はAES256またはBlowfish。最大鍵長は2048bitだ。Porticorにはバーチャルキー・マネージメントサービスがあり、ボリュームに応じて月額27.5ドルから411ドルまで。