インフィニティソリューションズ株式会社ブログ

クラウドを悪用したスパイ事件

これが初めてではないだろうが、クラウドを悪用してデータを盗むスパイ事件が明らかになった。

LAW.COM「Elliott Greenleaf Sues Ex-Partner, Stevens & Lee Over Client Files (Eliott Greenleafが前パートナーであるStevens & Leeを相手取り、顧客ファイル窃盗で提訴

Elliott Greenleaf & Siedzikowski has sued a former partner and his new firm, Stevens & Lee, for allegedly installing software on Elliott Greenleaf’s computers that allows the partner to have continued access to the firm’s files through the “cloud.”

Eliott Greenleaf & Siedzikowski法律事務所は、Elliott Greenleaf氏のコンピュータにソフトウェアをインストールし、「クラウド」を通して同社のファイルに継続的にアクセスしたとして、前パートナーとその新しい会社Stevens & Lee事務所を提訴した。

LAW.COM

Elliott Greenleaf said former Harrisburg office managing shareholder William R. Balaban and two associates abruptly quit Jan. 31 and Feb. 1 to join Stevens & Lee. Elliott Greenleaf said that prior to Balaban leaving the firm, he and others deleted 5 percent of the firm’s backup tapes for Harrisburg client files, took 78,000 files from the firm’s computer system and installed what is known as “Dropbox” software that enabled Balaban continued access to Elliott Greenleaf’s computer network through remote access, according to the complaint filed by name partner John M. Elliott.

Elliott Greenleaf氏によれば、前Harriburgオフィスのマネージング・シェアホルダWilliam R. Balaban氏と2名のアソシエイツは、突然1月31日、2月1日に相次いで辞め、Stevens & Lee事務所に転職した。Balaban氏がEGS法律事務所をやめる前に、Balaban氏他は、Harrisburgの顧客ファイルのバックアップテープの5%を削除し、EGS法律事務所のコンピュータシステムから78000ファイルを盗み、「Dropbox」として知られるソフトウェアをインストールし、Balaban氏がリモートアクセスにより、継続的にElliott Greenleaf氏のコンピュータネットワークにアクセスした、とパートナーであるJohn M. Elliott氏の名の元の訴状に記されている。

“This unauthorized software, secretly planted by defendant Balaban into EGS’s computer systems, continues to allow defendants a secret, direct, ongoing electronic gateway into the confidential and propriety information and trade secrets of EGS and its clients, to secretly divert and monitor EGS’s electronically stored data and information, and access and alter those files, on an ongoing basis to illegally and unfairly compete for business through defendant Stevens & Lee.”

「この認められていないソフトウェアは、被告Balaban氏によってEGS法律事務所のコンピュータシステムに密かにインストールされ、被告が、秘密で、直接的、かつ継続的な電子ゲートウェイとして、EGS法律事務所に保管されたデータや情報の秘密裏の転送とモニター、これらのファイルへのアクセスと変更を行い、非合法で不公平なビジネス競争をしかけるために、EGS法律事務所とその顧客の機密情報や企業秘密にアクセスできるようにした。」

Elliott Greenleaf said that when Balaban quit, he locked his office and those of the two associates that left with him, barring the firm from retrieving its computers issued to Balaban and the associates. Balaban owns the office building and leases it to the firm. Because it can’t get those computers, the firm said it is unaware of exactly how much information is still being taken and is concerned that the defendants may be spoliating evidence, according to the complaint.

Elliott Greenleaf氏によれば、Balaban氏は、Balaban氏のと2人のアソシエイトのオフィス内にコンピュータを残したままドアをロックして辞めていったとのこと。Balaban氏hがオフィスビルを所有し、EGS法律事務所に貸している。これらのコンピュータにアクセスできないため、まだどの程度の情報が盗まれているのかを正確に把握できておらず、被告が証拠隠滅を図る恐れがあるとしている。

— やれやれ。貸主がドアをロックしていったので鍵を開けられず、ドアの向こうで何が起こっているのか、わからない、というオチはどうなのか。この辺はやや特殊事情にも思えるが、勘案に仕掛けが出来てしまうところが怖い。Dropboxにとっては本当にいい迷惑だ。