インフィニティソリューションズ株式会社ブログ

ついに来るか、iPad Mini!

これまでにもチラチラうわさが出ていたが、ついに来そうな感じ。iPad Miniだ。

Fast Companyの「The Great iPad Mini Adventure」(2012年2月14日)を見てみよう。

According to the Wall Street JournalApple is working with its Eastern suppliers to design and test a smaller version of the iPad hardware. People supposedly with intimate knowledge of the situation say it’s going to have a screen size around 8 inches, compared to the 9.7 inches of the current (and presumed future) iPads and the 3.5 inches of an iPhone. The idea, these sources tell the WSJ, is to broaden Apple’s product offering amid ever-more intense competition and maintain a dominant market share.

Wall Street Journalによると、Appleは東部のサプライヤとiPadハードウェアの小型版の設計とテストを行っているとのこと。事情通と思われる人によれば、現行(および想定される将来の)iPadが9.7インチで、iPhoneが3.5インチであるのに対して、8インチ程度のスクリーンサイズになるとしている。これらのソースがWSJに語ったアイデアは、激化する競合の中でAppleの製品群を広げ、独占的なマーケットシェアを維持しようというもの。

— まあまあ、そんなうわさは数知れず。

WSJ.com

But this is the WSJ, and since we suspect it’s an official leaky channel for Apple to influence the media, then perhaps we should pay serious attention.

しかし、これはWSJで、メディアに対するAppleのオフィシャルなリークチャネルであると思われるため、恐らく注目すべきであると考える。

Technically it’s plausible for a bunch of reasons. Apple’s revamping the current iPad design into the iPad 3 with a better processor and a radically enhanced screen, so the thinking goes. That leaves room for the firm to take all its own know-how and all those apps built up for the iPad 2 (as well as tech from the iPad 3, like LTE) and capitalize on them by releasing a new device at a lower price, to target the market now being served by the Kindle Fire, cheapish 7-inch Android tablets, and the rumored own-brand Google tablet.

技術的にはもっともらしい根拠がいくつもある。Appleは現在のiPad設計を改造し、より速いプロセッサと大きく強化したスクリーンでiPad3に仕立て上げる。そうすると、同社には自身の全てのノウハウとiPad2用に構築されたアプリ(LTEなどのiPad3の技術も)を活用し、低価格の新しいデバイスをリリースすることにより現金化する余地がある。これはKindle Fire、安い7インチのAndroidタブレット、うわさが出ている自社ブランドのGoogleタブレットが握っている市場をターゲットにする。

The screen tech, so the WSJ has learned, would remain at the iPad 2’s current resolution–meaning Apple wouldn’t have to pay top dollar for an 8-inch retina screen, the power demands of the screen could be lower and thus translate into better battery life, and all the current iPad 2-compatible apps would run on it seamlessly. It would also be distinguished from the throng of 7-inchers by having a slightly bigger size, while still being theoretically more portable than the (already incredibly portable) iPad 2. At the right price, which is somewhere around $300 we think, it would absolutely squash much of its competition. They could even call it the iPad 2S, where the “S” stood for “small.” You’re welcome, Tim Cook, you can have that for free.

WSJが知りえたことは、スクリーン技術はiPad2の現行解像度と同じ。すなわち、Appleは8インチのレチナスクリーンに高額を払う必要がなく、スクリーンの消費電力が低い、したがって、バッテリライフも長い、そして現行のiPad2互換のアプリ全てがシームレスに動作することを意味する。7インチ軍団よりは、やや大きいサイズで差別化できるとともに、理論的にはiPad2よりもポータブルになる(既に十分ポータブルではあるが)。300ドル近辺が妥当だと思うが、価格設定が正しければ、競合他社の多くを完全に押しつぶしてしまうだろう。これをiPad 2Sと呼んでも良い。ここで「S」とは「small」の略だ。どういたしまして、Tim Cook。これはただであげるよ。

The WSJ did note Apple could opt not to proceed with taking the prototypes into real on-sale hardware, and that Apple was wedded to the existing iPad size. Steve Jobs even pooh-poohed the smaller size, saying such Android ones were “dead on arrival.”

WSJは、Appleがプロトタイプを実際の販売するハードウェアに進まず、既存のiPadサイズのままになるかもしれない。Steve Jobsは小さいサイズのAndroidは「到着時死」として鼻で笑っていた。

But frankly, this is Apple, and it has both the cash and chutzpah to let it do anything, including change its mind.

しかし率直に言って、これはAppleだ。何かを起こす現金と豪放さを合わせ持っている。心変わりも含めてだ。

— Appleには是非挑戦的な製品になることを期待したい。